パワハラを受けやすい理学療法士・作業療法士の特徴

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワハラを受けやすい理学療法士・作業療法士の特徴

理学療法士・作業療法士の職場って閉鎖的でパワハラが起こりやすいといった特徴があります.

でもパワハラを受けやすい理学療法士・作業療法士の特徴があるってご存じですか?

今回はパワハラを受けやすい理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみたいと思います.

Kid, Child, Bullying, Pointing, Harassment, Finger

 

 

 

 

 

 

 

真面目で従順

理学療法士・作業療法士って真面目で従順な方が多いです.

実は最も仕事を押し付けられやすいのが真面目で従順な理学療法士・作業療法士です.

真面目であるがゆえに頑張ってこなそうとして,ミスや漏れがあった時に相手に攻撃のチャンスを与えてしまうわけです.

 

 

 

 

 

 

正直すぎる

自分の感情を隠し切れない正直な理学療法士・作業療法士は相手に対する不快やイラつきの気持ちがそのまま伝わってしまい,相手の感情を刺激しやすいです.

そのためパワハラの被害を受けやすいといった特徴があります.

正直すぎるのも考えものだという話です.

 

 

 

 

 

 

 

マイペースすぎる

理学療法士・作業療法士もチームで仕事をされている方が多いと思います.

マイペースすぎる性格はパワハラの対象になりやすいです.

身を守るためにもある程度の協調性は大切にした方が多いです.

マイペースすぎるのも考え物ということですね.

 

 

 

 

 

 

 

おどおどしている

パワハラする理学療法士・作業療法士は人より優位な立場になることで承認欲求を満たそうとします.

そのためおどおどしている理学療法士・作業療法士は格好の餌食になってしまいます.

意識的に堂々とした振る舞いをするのも時には重要です.

堂々としていれば相手もパワハラの対象だとは思わないわけです.

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション不足

考えや感情の読めない理学療法士・作業療法士もパワハラの対象になりやすいです.

得体のしれない理学療法士・作業療法士は敵とみなす心理が働いてしまいます.

いやでも職場でのコミュニケーションは大切にした方が良いでしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

仕事上のミスが多い

パワハラの被害者の言い訳としてよくあるのが,ミスが多くてイライラするといったものです.

ミスをする側にも非があるわけですが,ミスが続くと指導の域を超えて強く当たられることが多いです.

 

今回はパワハラを受けやすい理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみたいと思います.

理学療法士・作業療法士の皆様はいくつ当てはまりましたか?

理学療法士・作業療法士の皆様もパワハラのターゲットにならないように気をつけましょう.

タイトルとURLをコピーしました