変形性膝関節症例に対する血流制限下での筋力トレーニングの効果はいかに?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する血流制限下での筋力トレーニングの効果はいかに?

理学療法士・作業療法士が変形性膝関節症例に対して筋力トレーニングを行う機会は少なくないと思います.

筋力トレーニングの方法もさまざまですが,以前から血流制限下でのトレーニングが注目されております.

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での筋力トレーニングの効果を検討した研究論文をご紹介させていただきます.

woman kneeling beside man

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Arthritis Care Res (Hoboken). 2021 Sep 21. doi: 10.1002/acr.24787. Online ahead of print.

Efficacy and safety of blood flow restriction training in patients with knee osteoarthritis: a systematic review and meta-analysis

Hao-Nan Wang 1, Yan Chen 1, Lin Cheng 1, Yi-Hui Cai 1, Wei Li 1, Guo-Xin Ni 1

Affiliations expand

PMID: 34549541 DOI: 10.1002/acr.24787

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To evaluate the efficacy and safety of blood flow restriction training (BFRT) in the treatment of patients with knee osteoarthritis (KOA).

この研究では変形性膝関節症(KOA)例の治療における血流制限トレーニング(BFRT)の有効性と安全性を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: Seven electronic databases were searched to identify trials comparing BFRT and conventional resistance training (RT) in a population with KOA. Studies were selected according to the inclusion and exclusion criteria. Standardized mean differences (SMDs) or risk ratio (RR) with 95% confidence intervals (CIs) was calculated to compare outcome measures of the groups. The methodological quality of selected studies and the quality of evidence were evaluated for included studies.

変形性膝関節症例を対象に血流制限下筋力トレーニングと従来の筋力トレーニング(RT)を比較した試験を7つの電子データベースで検索しております.

研究は除外基準および包含基準に基づいて選択されております.

標準化された平均差(SMD)またはリスク比(RR)と95%信頼区間(CI)を計算し,両群の結果を比較しております.

選択された研究の方法論的な質と含まれる研究の証拠の質を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of five studies were included in this meta-analysis, with very low to moderate risk of bias. The pooled results showed no significant difference between BFRT and conventional RT for KOA, including pain (SMD = -0.04 [95%CI: -0.31, 0.24], P = 0.79), physical function performance (SMD = 0.12 [95%CI: -0.55, 0.78], P = 0.73), self-reported function (SMD = 0.14 [95%CI: -0.24, 0.52], P = 0.48), and AEs (RR = 0.45 [95%CI: 0.20, 1.01], P = 0.05). In subgroup analysis, BFRT had a lower incidence of adverse events when compared with high-load resistance training (HLRT).

合計5つの研究がこのメタアナリシスに含まれ,バイアスのリスクは非常に低いか中程度でありました.

プールされた結果,変形性膝関節症例に対する血流制限下筋力トレーニングと従来の筋力トレーニングの間には,痛み(SMD = -0.04 [95%CI: -0.31, 0.24]、P = 0.79),身体機能パフォーマンス(SMD = 0. 12 [95%CI: -0.55, 0.78], P = 0.73),自己申告機能(SMD = 0.14 [95%CI: -0.24, 0.52], P = 0.48),およびAE(RR = 0.45 [95%CI: 0.20, 1.01], P = 0.05)で有意差を認めませんでした.

サブグループ解析では血流制限下筋力トレーニングは高負荷レジスタンストレーニング(HLRT)と比較して有害事象の発生率が低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Data from pooled studies showed BFRT may not have greater efficacy for treating patients with KOA and it is less likely to have a higher risk of adverse events. However, limited evidence supports that BFRT is likely safer than the HLRT. More evidence with high quality is needed in further research for its efficacy and safety.

今回の研究結果から考えると血流制限下筋力トレーニングは変形性膝関節症例の治療に対する有効性が高くない可能性があり,有害事象のリスクが低いことが示されました.

しかしながら血流制限下筋力トレーニングは高負荷筋力トレーニングよりも安全である可能性が高いことを支持するエビデンスは限定されております.

血流制限下筋力トレーニングの有効性と安全性については質の高いエビデンスがさらに必要であります.

 

今回は変形性膝関節症例に対する血流制限下での筋力トレーニングの効果を検討した研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると有効性はあまり高くなさそうですね.

タイトルとURLをコピーしました