長下肢装具(KAFO)の有効性を明らかにしたシステマティックレビュー論文紹介

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長下肢装具(KAFO)の有効性を明らかにしたシステマティックレビュー論文紹介

脳卒中片麻痺症例に対する歩行トレーニングでは長下肢装具を用いるのが一般的になってきました.

少しずつ長下肢装具使用によるエビデンスも蓄積されてきておりますが,本当に長下肢装具使用は脳卒中片麻痺症例の機能・動作能力改善に有効なのでしょうか?

今回は長下肢装具(KAFO)の有効性を明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Legs

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Rehabil Med. 2022 May 18. doi: 10.2340/jrm.v54.87. Online ahead of print.

Efficacy of Knee-Ankle-Foot Orthosis on Functional Mobility and Activities of Daily Living in Patients with Stroke: A Systematic Review of Case Reports

Eiji Kobayashi 1, Kenta Hiratsuka, Hirokazu Haruna, Nobue Kojima, Nobuaki Himuro

Affiliations expand

PMID: 35582910 DOI: 10.2340/jrm.v54.87

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To synthesize available evidence from case reports regarding the efficacy of knee-ankle-foot orthosis (KAFO) on functional mobility and activities of daily living (ADL) in patients with stroke.

この研究では脳卒中症例を対象として長下肢装具(KAFO)の機能的移動性および日常生活動作(ADL)に対する効果について,症例報告から得られたエビデンスを統合することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The following databases were searched, based on the Population Intervention Comparison Outcome (PICO) model: PubMed, CINAHL, Scopus, Cochrane Central Register of Controlled Trials, PEDro, Web of Science, and Igaku Chuo Zassi (in Japanese). Methodological quality was assessed using the CARE checklist.

Population Intervention Comparison Outcome(PICO)モデルに基づいて,以下のデータベースを検索しております.

PubMed, CINAHL, Scopus, Cochrane Central Register of Controlled Trials, PEDro, Web of Science, Igaku Chuo Zassiを検索しております.

方法論の質についてはCAREチェックリストで評価がなされております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 14 articles, including 15 cases, were selected. Clinically meaningful improvement in functional mobility was reported in 10 of 15 cases, measured using the Functional Ambulatory Category, Trunk Control Test, walking speed, and Berg Balance Scale. Clinically meaningful improvement in ADL was reported in 9 of 15 cases, measured using the Barthel Index and Functional Independent Measure. However, the methodological quality of the reviewed articles was low, with missing information on limitations of management, adverse events, and patient-reported outcomes.

15例を含む計14例の論文が選択されております.

Functional Ambulatory Category,Trunk Control Test,歩行速度,Berg Balance Scaleを用いて測定したところ,15例中10例で臨床的に意味のある移動機能の改善が報告されておりました.

ADLについてはBarthel IndexとFunctional Independent Measureを用いて測定し,15例中9例で臨床的に意味のある改善が報告されておりました.

しかしながらレビューされた論文の方法論的質は低く,管理の限界,有害事象,患者報告アウトカムに関する情報は不足しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: This systematic review of case reports found limited evidence of the efficacy of KAFO in terms of improvement in functional mobility and ADL. Of value, this study revealed the optimal outcomes for measuring the efficacy of KAFO.

この症例報告の系統的レビューでは機能的移動性およびADLの改善という点で長下肢装具の有効性を示す限られたエビデンスが明らかとなりました.

この研究は長下肢装具の有効性を測定するための最適なアウトカムを明らかにしたことに価値があると考えられます.

 

今回は長下肢装具(KAFO)の有効性を明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

ケースシリーズを集積したシステマティックレビューは非常に価値がありますね.

今後も長下肢装具使用の効果に関するエビデンスの蓄積がまたれますね.

タイトルとURLをコピーしました