人工股関節全置換術例に対する座位での側方リーチ運動が術後の歩行能力に与える影響

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工股関節全置換術例に対する座位での側方リーチ運動が術後の歩行能力に与える影響

人工股関節全置換術例に対する理学療法では歩行能力の改善が必要となります.

歩行能力を改善するためのアプローチとしては様々な方法が考えられます.

人工股関節全置換術後に問題となることが多いのが体幹機能の低下ですが,この体幹機能低下に対して座位でのリーチ練習というのがよく用いられます.

今回は人工股関節全置換術例に対する座位での側方リーチ運動が術後の歩行能力に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Hand, Reach, Reaching, Fingers, Reaching Hand

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Healthcare (Basel). 2022 Jan 28;10(2):256. doi: 10.3390/healthcare10020256.

Immediate Effects of Single-Session High-Velocity Training for Lateral Trunk Movement on Gait Function in Early Postoperative Patients after Total Hip Arthroplasty: A Nonrandomized Controlled Trial

Keisuke Honma 1 2, Yuki Yano 1, Saki Yamamoto 1, ToshimitsuOhmine 1, Hideyuki Wanaka 3, Kazuma Senzaki 1, Atsuki Kanayama 1, Hiroyuki Oonishi 2, Akira Iwata 1

Affiliations expand

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的と方法

Background: Total Hip Arthroplasty (THA) is an effective method for relieving pain and improving gait function. However, THA patients demonstrate slow gait speed at discharge. Rehabilitation programs after THA require the immediate improvement of gait speed early in the postoperative period. To examine the immediate effects of seated side tapping training (SSTT), which focuses on lateral trunk movement and movement velocity, on gait function in early postoperative THA patients, the methods were as follows: The SSTT group performed five repetitions of a task in which they moved their trunks laterally to alternately touch markers to their left and right side as quickly as possible 10 times in a seated position. One set of SSTT lasted approximately 3 min. The control group rested in a seated position for 10 min.

人工股関節置換術(Total Hip Arthroplasty: THA)は疼痛緩和と歩行機能改善に有効な方法であります.

しかしながらTHA例は退院時に歩行速度が遅いことが確認されております.

THA後のリハビリテーションプログラムでは,術後早期に歩行速度を改善させることが求められます.

そこでこの研究では術後早期におけるTHA例を対象として,体幹の側方運動と運動速度に着目した坐位サイドタッピングトレーニング(SSTT)が歩行機能に及ぼす即時効果を検討しております.

坐位サイドタッピングトレーニング群は座位で体幹を横方向に動かし,左右のマーカーに交互にできるだけ早く触れる課題を10回,5セット繰り返しております.

坐位サイドタッピングトレーニングの1セットは約3分でありました.

対照群は10分間座位で休息しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Significant interactions were observed for gait speed, stride time, and stride time coefficient of variability. The SSTT group demonstrated significant pre-post-intervention improvement in gait speed, stride time, and coefficient of variability.

歩行速度,歩幅,時間変動係数に有意な相互作用が観察されました.

坐位サイドタッピングトレーニングは,介入前と介入後に歩行速度,歩幅時間,および変動係数において有意な改善を示しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: SSTT improved both gait speed and gait stability and can be performed easily and safely. Therefore, single-session high-velocity trunk training may be an effective method to improve gait function immediately in early postoperative THA patients.

坐位サイドタッピングトレーニングは,歩行速度と歩行安定性の両方を改善し,簡単かつ安全に実施することが可能でありました.

したがって1セッションの高速体幹トレーニングは術後早期のTHA患者の歩行機能を直ちに改善する効果的な方法であると考えられます.

 

今回は人工股関節全置換術例に対する座位での側方リーチ運動が術後の歩行能力に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

側方リーチ運動を高速で繰り返すというトレーニングですが臨床でもすぐに取り入れられそうですので,歩行能力改善に向けたアプローチとしては有用でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました