膝蓋下脂肪体の柔軟性改善のための徒手療法・物理療法の効果を検討した無作為化比較試験

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

膝蓋下脂肪体の柔軟性改善のための徒手療法・物理療法の効果を検討した無作為化比較試験

膝蓋下脂肪体は膝関節屈曲・伸展可動域制限の原因になることも多く,線維化や癒着が疼痛の原因ともなるため近年,膝蓋下脂肪体の柔軟性改善に対する様々なアプローチが報告されております.

しかしながら徒手療法や物理療法のみで本当に膝蓋下脂肪体の柔軟性を改善することが可能なのでしょうか?

今回は膝蓋下脂肪体の柔軟性改善のための徒手療法・物理療法の効果を検討した無作為化比較試験をご紹介させていただきます.

Free photos of Knee

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial PLoS One. 2022 Mar 17;17(3):e0265333. doi: 10.1371/journal.pone.0265333. eCollection 2022.

Effect of physical therapy on the flexibility of the infrapatellar fat pad: A single-blind randomised controlled trial

Takashi Kitagawa 1, Natsumi Ozaki 1, Yuma Aoki 1

Affiliations collapse

Affiliation

1Department of Physical Therapy, School of Health Sciences, Shinshu University, Matsumoto, Japan.

PMID: 35298522 PMCID: PMC8929552 DOI: 10.1371/journal.pone.0265333

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The infrapatellar fat pad plays a biomechanical role in the knee joint. After knee injury or surgery, its dynamics decrease because of an inflammatory response. Physical therapy might be one of the valuable treatments for the recovery of knee joint mobility. This study aimed to evaluate the immediate effect of physical therapy on the dynamics of the infrapatellar fat pad in healthy participants using ultrasonography.

膝関節において膝蓋下脂肪体は生体力学的な役割を担っております.

膝関節の損傷や手術後には,炎症反応のために膝蓋下脂肪体の動態が減少します.

膝関節の可動性を回復させるためには,理学療法が有効な治療法のひとつとなる可能性があります.

この研究では健常者を対象として理学療法が膝蓋下脂肪体の動態に及ぼす直接的な影響を超音波検査により評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

In this prospective, single-blind, randomised controlled trial, 64 healthy young participants were enrolled and randomly assigned to one of the following three interventions: manual therapy, hot pack treatment, and control. Ultrasound images of the infrapatellar fat pad were obtained before and after the intervention. The thickness change ratio of the infrapatellar fat pad was calculated to compare the changes between and within groups before and after the intervention.

この前向き単盲検無作為化対照試験では64例の健常若年者を対象として次の3つの介入のうちの1つの介入に無作為に割り付け手おります.

 

手技療法

ホットパック治療

コントロール

 

介入前と介入後に膝蓋下脂肪体の超音波画像を測定しております.

介入前後の膝蓋下脂肪体の厚み変化比を算出し,群間および群内の変化を比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

No significant inter-group differences were observed. The effect sizes were relatively small.

群間における有意な差はありませんでした.

また効果量は比較的小さい結果でありました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Manual therapy or hot pack intervention might not have an immediate effect on infrapatellar fat pad flexibility in healthy participants. Thus, it is necessary to consider more intensive treatments to change the dynamics of the infrapatellar fat pad.

手技療法やホットパックの介入は健常若年者の膝蓋下脂肪体の柔軟性に即効性がない可能性があります.

したがって膝蓋下脂肪体の動態を変化させるためには,より集中的な治療法を検討する必要があります.

 

今回は膝蓋下脂肪体の柔軟性改善のための徒手療法・物理療法の効果を検討した無作為化比較試験をご紹介させていただきました.

残念ながらネガティブな結果ではありますが,膝蓋下脂肪体の柔軟性を改善させるのは容易ではないことを示唆する内容ではないかと思います.

今後はもう少し長期的な介入研究報告が待たれますね.

タイトルとURLをコピーしました