修正Clamshellエクササイズが有用?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

修正Clamshellエクササイズが有用?

Clamshellは股関節の安定性改善を目的に行われるエクササイズです.

自主トレーニングとしても行いやすいので理学療法士・作業療法士がクライアントに指導することも多いと思います.

ただClamshellエクササイズって代償運動が起こりやすいのも実際だと思います.

今回は修正Clamshellエクササイズが代償運動の軽減に有効である可能性を報告した論文をご紹介させていただきます.

Woman, Yoga, Meditation, Relaxation, Nature, Stones

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Effect of Modified Clamshell Exercise on Gluteus Medius, Quadratus Lumborum andAnterior Hip Flexor in Participants with Gluteus Medius Weakness

Seom-GyeulJeong⋅Heon-SeockCynn†⋅Ji-Hyun Lee⋅Silah Choi⋅Daeun Kim

Department of Physical Therapy, Graduate School, Yonsei University

Received: November 21, 2018 / Revised: January 9, 2019 / Accepted: January 31, 2019

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

PURPOSE: This study compared the effects of three different clamshell exercises (CLAM) on the gluteus medius (GMED), quadratus lumborum (QL), anterior hip flexor (AHF), gluteus medius/quadratus lumborum ratio, and gluteus medius/anterior hip flexor ratio by studying the activities of participants with GMED weakness.

この研究では中殿筋が弱化した対象者の筋活動を調査し3種類のクラムシェルエクササイズ(CLAM)が中殿筋,腰方形筋,股関節屈筋,中殿筋/腰方形筋比,中殿筋/股関節前屈筋比に及ぼす影響を比較検討しております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

METHODS: Eleven subjects with weak GMED participated in this study. Subjects performed CLAM under three different conditions (standard, and modified 1 and 2). Surface electromyography was then used to measure the muscle activity and one-way repeated-measures analysis of variance was used to assess the statistical significance of the measured variables.

中殿筋に弱化のある11例を対象としております.

被験者は以下の3つの異なる条件下でClamshellエクササイズを実施しております.

 

標準

修正1

修正2

 

その後表面筋電図を用いて筋活動を測定し一元配置反復測定分散分析を用いて測定された変数の統計的有意性を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

RESULTS: GMED and the QL muscle activities did not differ significantly between the standard CLAM and the modified CLAM with the 2 different foot positions (F=4.74, P=.02; F=4.57, P=.02, respectively). AHF activity was significantly different in the two different foot positions when compared to the standard CLAM (F=11.17, P=.00). However, there was no significant difference between the AHF activities for the two different foot positions (P=.09). Finally, GMED/QL and GMED/AHF ratios were not significantly different between the three different CLAM exercises (F=.63, P=.55; F=.82, P=.45, respectively).

中殿筋と腰方形筋の筋活動は2種類の足位を用いた標準Clamshellエクササイズと修正Clamshellエクササイズの間で有意差はありませんでした(それぞれF=4.74、P=0.02;F=4.57、P=0.02).

股関節屈筋活動は標準的なCLAMと比較して2つの異なるフットポジションで有意な差がありました(F=11.17, P=.00).

しかしながら股関節屈筋活動は2つの異なる足位で有意な差は見られませんでした(P=.09).

最後に、中殿筋/腰方形筋比および中殿筋/股関節屈筋比は,3つの異なるCLAMエクササイズ間で有意差はありませんでした(それぞれ、F=.63, P=.55; F=.82, P=.45).

 

 

 

 

 

 

研究の結論

CONCLUSION: Modified CLAM can be recommended as a good method to minimize AHF activity while maintaining GMED activity in subjects with weak GMED.

修正CLAMは,中殿筋の弱い被験者において,中殿筋の活性を維持しつつ股関節屈筋活動を最小化するための良い方法として推奨できる.

 

 

今回は修正Clamshellエクササイズが代償運動の軽減に有効である可能性を報告した論文をご紹介させていただきました.

用いられているのは具体的にはこういったトレーニングとなります.

 

Clamshellエクササイズを指導する際には少し工夫することで股関節屈筋群の活動を抑制した上で中殿筋や深層外旋六筋のトレーニングを実施することができそうですね.

タイトルとURLをコピーしました