理学療法士・作業療法士が残業無しの職場を見つけるには?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が残業無しの職場を見つけるには?

理学療法士・作業療法士の職場でもまだまだブラックな職場って多いですよね?

なかでも昔から横行しているのがサービス残業の強制です.

これって今の時代ありえませんよね?

理学療法士・作業療法士もサービス残業を強制されるような職場で働くのってもったいないです.

今回は理学療法士・作業療法士が残業無しの職場を見つけるにはどうすれがよいのかについて考えてみたいと思います.

low angle photo of curtain glass wall building

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士は残業が多い?

理学療法士・作業療法士の場合には,定時に帰ることができない職場がまだまだ多いといった状況があります.

クライアント対応は就業規則時間内に終わってもそれ以外の仕事がたくさんありますよね.

最近は書類も増えておりますし…

 

カルテ記載

リハビリ実施計画書の作成

目標設定管理シートの作成

カンファレンス

退院時サマリーの作成

勉強会や症例検討会

学会発表の準備

学生指導

 

ここに挙げたのは一例ですがなかなか仕事が多いです.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の求人票で「残業なし」はウソが多い

子どもが小さくて家庭が忙しい理学療法士・作業療法士や,プライベートを充実させたい理学療法士・作業療法士が転職するときには残業ができるだけ少ない職場を探すと思います.

この際には求人票の「残業なし」といった記載を参考に職場を選ぶことが多いわけですが,実はここにも落とし穴があります.

求人票には残業無しと記載されていても,実際働いてみると残業がけっこう多いなんてのはあるあるです.

転職先がいう残業なしと,こちらが希望する残業なしの解釈が違うわけです.

例えば一番わかりやすい例でいうと勉強会や症例検討会です.

強制的に勉強会や症例検討会を開催する場合は,これは業務にあたりますので業務時間内に開催するのがベストです.

もし業務時間内に開催できないのであれば,残業代を支給して開催すべきです.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が残業がない職場に転職する2つの方法

そんな噓だらけの求人票を見破って理学療法士・作業療法士が残業なしの職場に転職する方法が実は2つあります.

 

知り合いの理学療法士・作業療法士がいる職場へ転職する

転職サイトを通じて残業の情報を得たうえで転職する

 

こんなところでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の知り合いがいれば残業の実情がわかる

もし転職したい病院や介護施設に知り合いの理学療法士・作業療法士がいれば,どれくらい残業をしているか簡単に情報を得ることができるでしょう.

どれくらいスタッフが残業しているか知りたいのであれば,この方法が一番確実です.

実際に働いている理学療法士・作業療法士に聞けば真の情報を得られますからね.

もちろん知り合いのいる病院に勤務するというのはそれなりのデメリットもありますけどね.

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトのエージェントを通じて残業に関する情報を得る

もうひとつは転職サイトを利用する方法です.

どちらかというとこちらの方がお勧めです.

転職サイトというのは,理学療法士・作業療法士の転職先を紹介してくれるサイトのことです.

登録すればエージェントと呼ばれる担当者が自分の希望に沿って就職先を探してくれます.

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ転職サイトの利用がお勧めなのか?

転職サイトの担当者は紹介する職場の状況を十分に理解されていることが多いです.

なぜなら実際に脚を運んで職場の雰囲気を確かめたり,以前その職場に理学療法士・作業療法士を紹介した経験があって,どんな職場か情報を知っているわけです.

もしまだ情報が不十分であれば,エージェントを通じてどんどん情報を得れば良いわけです.

実際に就職活動で施設見学の際に「残業ってどのくらいありますか?研修会で残業することってありますか?」なんて聞けますか?

こんなこと聞いたら印象も悪くなってしまいます.

残業について詳細な情報を知りたいのであれば,転職サイトを使用すべきです.

ちなみに転職サイトは無料で利用できます.

就職先を探すところから,見学や面接の日程調整,給料交渉などすべてエージェント任せでOKです.

仕事をしながら転職活動ってなかなか大変です.

仕事が忙しいと転職活動が進まないことが多いですが,転職サイトを利用すればこちらは希望を伝えるだけで,あとはエージェントに任せるだけです.

希望に沿わない職場なら断るのも全く問題ないですし,無理に転職を勧められることもありません.

残業がない職場を探している人はまずは登録した方がいいですね.

ここでは私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビコメディカルでは,医療介護系職員の「定着率」が重要視されております.

そのため職員の定着率が著しく低い医療機関や施設は,原則として紹介されません.

ブラック施設を紹介されずに済むというのは安心ですよね.

マイナビに限ったことではありませんが,残業が無く定時で変えれる職場を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

残業が無く定時で変えれる職場を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

LINEで情報を得られるのもありがたいですね.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

残業が無く定時で変えれる職場を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました