人工股関節全置換術における脚延長と関節可動域との関連性

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工股関節全置換術における脚延長と関節可動域との関連性

人工股関節全置換術では骨頭の圧壊や骨頭の脱臼によって術前に生じていた脚短縮が手術によって改善されることが多いです.

しかしながら過度な脚延長は軟部組織を引き延ばすことになりますので,関節可動域に大きな影響を及ぼします.

今回は人工股関節全置換術における脚延長と関節可動域との関連性を調査した研究論文をご紹介させていただきます.

Baseline Hi-Res Plastic Goniometer – Thera Tek USA

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Am AcadOrthop Surg. 2022 Feb 15. doi: 10.5435/JAAOS-D-21-00374. Online ahead of print.

Association Between the Amount of Limb Lengthening and Hip Range of Motion After Total Hip Arthroplasty

Toshiyuki Kawai 1, Koji Goto, Yutaka Kuroda, YaichiroOkuzu, Shuichi Matsuda

Affiliations expand

PMID: 35175976 DOI: 10.5435/JAAOS-D-21-00374

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aims: The relationship between prosthetic position and range of motion (ROM) after total hip arthroplasty (THA) has been rigorously examined. However, the effects of limb lengthening on postoperative hip ROM remain unclarified. We aimed to examine the effect of limb lengthening on hip ROM after THA.

人工股関節全置換術(THA)後の人工関節の位置と可動域(ROM)の関係についてはこれまでにも検討がなされております.

しかしながら術後の股関節のROMに及ぼす脚延長の影響については未だ解明されておりません.

この研究では脚延長がTHA後の股関節ROMに及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We retrospectively reviewed the data from 120 patients who underwent unilateral THA. Univariate and multivariate regression models were used to evaluate the effects of the following patient- and surgery-related covariates on hip flexion ROM at 3, 6, and 12 months after THA: age, sex, body mass index, diagnosis, preoperative University of California Los Angeles activity score, preoperative Oxford Hip Score, preoperative flexion ROM, amount of leg lengthening, cup inclination, and cup anteversion.

片側THAを施行した120例の症例データを後方視的に調査しております.

単変量および多変量回帰モデルを用いて,THA後3・6・12ヶ月の股関節屈曲ROMに対する症例および手術に関連した共変量の影響を評価したております.

なお変数は年齢,性別,肥満度,術前UCLS活動スコア,術前OBHスコア,術前屈曲ROM,脚延長量,カップ傾斜,カップ前傾角となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A large preoperative hip flexion ROM was the strongest predictor of a large hip flexion ROM at 12 months after THA (standardized coefficient: 0.519, P < 0.0001). A larger amount of leg lengthening was associated with a smaller postoperative hip flexion ROM (standardized coefficient: -0.159, P = 0.039), and male sex was another predictor of a smaller postoperative hip flexion ROM (standardized coefficient: -0.204, P = 0.014). Cup inclination (P = 0.99) and anteversion (P = 0.18) were not significantly associated with hip flexion ROM at 12 months after THA.

術前の股関節屈曲ROMは,THA後12ヶ月の股関節屈曲ROMの最も強い予測因子でありました(標準化係数:0.519、P<0.0001).

脚延長量は術後の股関節屈曲ROMと関連し(標準化係数:-0.159、P=0.039),性別(男性)も術後の股関節屈曲ROMの予測因子でありました(標準化係数:-0.204、P=0.014).

カップ傾斜角(P = 0.99)および前傾角(P = 0.18)は,THA後12ヶ月における股関節屈曲ROMと有意な関連はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion: A large amount of limb lengthening was associated with decreased hip flexion ROM after THA. In THA, minimizing the leg length discrepancy is important; however, the postoperative improvement in hip flexion ROM may be limited when a large amount of leg lengthening is needed.

脚延長量が大きいとTHA後の股関節屈曲ROMの減少と関連することが明らかとなりました.

THAにおいて脚長差を最小限に抑えることは重要ですが,大きな脚延長を必要とする場合,術後の股関節屈曲ROMの改善は限定的になる可能性があると考えられます.

 

今回は人工股関節全置換術における脚延長と関節可動域との関連性を調査した研究論文をご紹介させていただきました.

予想通り脚延長量が大きいほど可動域制限が大きいといった結果でしたね.

理学療法士・作業療法士も脚延長量を把握したうえで可動域がどの程度改善するのか予測を行う必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました