股関節の複合運動における関節内圧の変化

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

股関節の複合運動における関節内圧の変化

理学療法士・作業療法士は関節運動を行う際に単一方向の関節可動域運動のみならず複合運動を用いた運動を行う機会が多いと思います.

また股関節の疼痛誘発テストとして複合運動を用いた疼痛誘発テストを行う機会も多いと思います.

股関節の複合運動時に関節内圧がどのように変化を知っておくことは理学療法士・作業療法士が関節可動域運動を行ううえでも重要だと思います.

今回は股関節の複合運動における関節内圧の変化を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Hip, Anatomy, Body, Joint, Anatomical, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Biomech (Bristol, Avon). 2022 Jan;91:105526. doi: 10.1016/j.clinbiomech.2021.105526. Epub 2021 Nov 11.

Intracapsular pressures in the flexion-abduction-external rotation and flexion-adduction-internal rotation tests and their comparison with classic hip range of motion: A cadaveric assessment

Marc-Olivier St-Pierre 1, Félix-Antoine Lavoie 2, Jean-Michel Brismée 3, Marion Hoffmann 4, MickaëlBegon 5, Antony Bertrand-Grenier 6, Stéphane Sobczak 7

Affiliations expand

PMID: 34808427 DOI: 10.1016/j.clinbiomech.2021.105526

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background Flexion-Abduction-External-Rotation and Flexion-Adduction-Internal-Rotation tests are used to reproduce pain at the hip during clinical assessment. As pain can be elicited by high intracapsular pressure, no information has been provided regarding intracapsular pressure during these pain provocative tests.

臨床評価において股関節痛を再現するために,屈曲-外転-外旋および屈曲-内転-内旋の複合運動を用いたテストが用いられます.

疼痛は高い関節内圧によって誘発されるため,これらの疼痛誘発試験中の関節内圧に関する情報は提供されておりません.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods Eight hip joints from four cadaveric specimens (78.5 ± 7.9 years) were assessed using intra-osseous tunnels reaching the lateral and acetabular compartments. To simulate synovial liquid, 2.7 ml of liquid were inserted in both compartments using adaptor injectors. Optic pressure transducers were used to measure pressure variations. Pressures were compared between compartments in each test and between tests for each compartment. Both tests were compared with uniplanar movements.

4例の死体標本(78.5±7.9歳)の8体の股関節を外側および寛骨臼部に達する骨膜内トンネルを使用して評価しております.

滑液を模擬するため,アダプターインジェクターを用いて2.7mlの液体を両区画に挿入しております.

圧力の変化を測定するために光学式圧力変換器を使用しております.

圧力は各試験のコンパートメント間および各コンパートメントの試験間で比較しております.

両テストとも一平面運動で比較を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Findings The Flexion-Adduction-Internal-Rotation test showed a significant difference between pressure measured in the lateral (27.17 ± 42.63 mmHg) and acetabular compartment (-26.80 ± 29.26 mmHg) (P < 0.006). The pressure measured in the lateral compartment during the Flexion-Adduction-Internal-Rotation test (27.17 ± 42.63 mmHg) was significantly higher than in the Flexion-Abduction-External-Rotation test (-8.09 ± 15.09 mmHg) (P < 0.010). The pressure measured in the lateral compartment in the Flexion-Abduction-External-Rotation test was significantly lower than during internal rotation (P = 0.011) and extension (P = 0.006). Interpretation High intracapsular pressure is correlated with greater pain at the hip.

屈曲-内転-外転テストでは外側コンパートメント(27.17±42.63mmHg)と臼蓋コンパートメント(-26.80±29.26mmHg)で測定した圧力の間に有意差が見られました(P < 0.006).

屈曲-内転-内旋テスト時に外側コンパートメントで測定された圧力(27.17 ± 42.63 mmHg)は,屈曲-外転-外旋テスト時(-8.09 ± 15.09 mmHg)よりも著しく高い結果でありました(P < 0.010).

屈曲-外転-外旋テストにおいて外側コンパートメントで測定された圧力は,内旋時(P = 0.011)および伸展時(P = 0.006)よりも意に低い結果でありました.

また高い関節内圧は股関節痛が強いことと関連しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Clinicians should assess pain with caution during the Flexion-Adduction-Internal-Rotation test as this test showed high intracapsular pressures in the lateral compartment. The Flexion-Abduction-External-Rotation is not influenced by high intra-capsular pressures.

屈曲-内転-内旋テストでは外側コンパートメントで高い関節内圧を示したため,臨床では疼痛を慎重に評価する必要があります.

屈曲-外転-外旋テストでは高い関節内圧の影響を受けないことが明らかとなりました.

 

今回は股関節の複合運動における関節内圧の変化を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士がFABEREやFADIREを用いて関節痛の検査を行う機会は多いと思いますので,関節内圧がどう変化するのかを考えるうえでは非常に貴重な結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました