THA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのか?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

THA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのか?

我が国における人工股関節全置換術の年間あたりの件数は年々増加しております.

それに伴って昨今増加しているのが人工股関節ステム周囲骨折です.

ステム周囲骨折って免荷も長いですし,後療法もなかなか難渋するケースが多いです.

やはり人工股関節全置換術例においても骨折を予防,転倒を予防する視点が重要となります.

でもTHA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのでしょうか?

今回はTHA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

オフィスで書類を落とすアフリカ系アメリカ人のビジネスウーマン - incident ストックフォトと画像

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Sci. 2022 Jan 18;S0949-2658(22)00002-1. doi: 10.1016/j.jos.2021.12.013. Online ahead of print.

Incidences and circumstances of falls among women following total hip arthroplasty on long-term follow-up

Hisashi Ikutomo 1, Koutatsu Nagai 2, Keiichi Tagomori 3, Namika Miura 3, Kenichi Okamura 3, TakatoOkuno 3, Norikazu Nakagawa 3, Kensaku Masuhara 4

Affiliations expand

PMID: 35063335 DOI: 10.1016/j.jos.2021.12.013

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background: Patients who undergo total hip arthroplasty have an increased risk of falls during the first postoperative year. However, it is unclear whether patients after total hip arthroplasty will continue to be at high risk of falls more than 1 year postoperatively. To better understand whether the risk of falls changes after a 1-year period, we investigated the incidences and circumstances of falls in women patients for 5 years after total hip arthroplasty.

人工股関節全置換術例は術後1年間は転倒のリスクが高くなることが知られております.

しかしながら人工股関節全置換術例が術後1年以上が経過しても転倒の高リスクが続くかどうかは不明であります.

この研究では転倒のリスクが1年後に変化するかどうかを明らかにするために,人工股関節全置換術後の情勢を対象として5年間の転倒の発生と状況を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This longitudinal prospective cohort study analyzed 65 women with severe hip osteoarthritis who underwent total hip arthroplasty. The incidences and circumstances of falls before total hip arthroplasty and at 1, 2, and 5 years postoperatively were investigated. We assessed the Harris Hip Score and evaluated hip pain and ambulatory ability using a self-administered questionnaire.

研究デザインは縦断的前向きコホート研究となっております.

人工股関節全置換術を施行した重症変形性股関節症の女性65例が調査対象となっております.

人工股関節全置換術前と術後1・2・5年目の転倒の発生と状況を調査しております.

またHarris Hip Scoreを評価し,股関節痛と歩行能力を自記式質問票により評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The incidences of at least one fall were 30.8%, 26.2%, 23.1%, and 30.8% before and 1, 2, and 5 years after surgery, respectively. Among the circumstances of falls from pre-surgery to 5 years post-surgery, there was a significant difference in the direction of falls; however, there were no significant differences in the location, time, cause, and type of injury. Most falls occurred indoors by tripping or loss of balance during the daytime. Among the participants who had falls almost half sustained injuries, and approximately 10% of falls resulted in fractures each year. Although self-reported hip pain, ambulation, and the Harris Hip Score significantly improved in women after total hip arthroplasty compared to pre-surgery, there was no significant difference in the incidences of falls from 1 to 5 years post-surgery.

1回以上の転倒の発生率は,術前30.8%,術後1年26.2%,術後2年23.1%,術後5年30.8%でありました.

術前~術後5年間の転倒状況において,転倒方向には有意差がありましたが,転倒場所,時間,原因,傷害の種類には有意差がありませんでした.

転倒の多くは日中の室内でのつまずきや平衡感覚を失ったことによるものでありました.

転倒した人のうち約半数が外傷を経験し,毎年転倒の約10%が骨折に至っておりました.

自己申告による股関節痛,歩行,Harris Hip Scoreは人工股関節全置換術後女性で術前と比較して有意に改善しておりますが,術後1年から5年の転倒発生率に有意差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Women who underwent total hip arthroplasty continued to have an increased risk of falls and fall-induced injuries for 5 years postoperatively. Preventive measures against falling to reduce fall-induced injuries in the long term are required for women after total hip arthroplasty.

人工股関節全置換術例は術後5年間,転倒および転倒による外傷のリスクが増加し続けることが明らかとなりました.

人工股関節全置換術後例には長期的に転倒による怪我を減らすための転倒に対する予防策が必要であります.

 

今回はTHA後にどのくらいの症例が転倒を経験するのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

術後5年が経過しても3人に1人が転倒を経験するというのは興味深いですね.

一般的な地域在住高齢者における転倒発生率20%よりも転倒発生率が高いといった点も注目すべき点ですね.

タイトルとURLをコピーしました