歩数は全ての疾病による死亡リスクに関連する?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

歩数は全ての疾病による死亡リスクに関連する?

理学療法士・作業療法士がクライアントに対して運動指導を行う機会は多いと思います.

運動指導を行う中で歩数というのは身体活動量の1つの目安になりますので,クライアントにもとてもわかりやすい指標だと思います.

今回はLancet論文から歩数は全ての疾病による死亡リスクに関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

man in dress suit outfit walking in front of building

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Lancet Public Health. 2022 Mar;7(3):e219-e228. doi: 10.1016/S2468-2667(21)00302-9.

Daily steps and all-cause mortality: a meta-analysis of 15 international cohorts

Amanda E Paluch

Affiliations expand

PMID: 35247352 DOI: 10.1016/S2468-2667(21)00302-9

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Although 10 000 steps per day is widely promoted to have health benefits, there is little evidence to support this recommendation. We aimed to determine the association between number of steps per day and stepping rate with all-cause mortality.

1日1万歩は健康上の利点があると広く知られておりますが,この推奨を支持するエビデンスはほとんどありません.

この研究では1日あたりの歩数および歩数率と全死亡率との関連を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: In this meta-analysis, we identified studies investigating the effect of daily step count on all-cause mortality in adults (aged ≥18 years), via a previously published systematic review and expert knowledge of the field. We asked participating study investigators to process their participant-level data following a standardised protocol. The primary outcome was all-cause mortality collected from death certificates and country registries. We analysed the dose-response association of steps per day and stepping rate with all-cause mortality. We did Cox proportional hazards regression analyses using study-specific quartiles of steps per day and calculated hazard ratios (HRs) with inverse-variance weighted random effects models.

このメタアナリシスでは既報のシステマティックレビューと専門家の知見により,成人(18歳以上)の全死因死亡率に対する1日の歩数の影響を調査した研究を同定しております.

参加した研究者に標準化されたプロトコルに沿って参加者レベルのデータを処理するよう依頼しております.

主要アウトカムは死亡診断書と国別登録から収集した全死因死亡率となっております.

1日あたりの歩数および歩数率と全死因死亡率との用量反応関係を分析しております.

1日あたりの歩数の研究別四分位値を用いてCox比例ハザード回帰分析を行い,逆分散加重ランダム効果モデルでハザード比(HR)を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Findings: We identified 15 studies, of which seven were published and eight were unpublished, with study start dates between 1999 and 2018. The total sample included 47 471 adults, among whom there were 3013 deaths (10·1 per 1000 participant-years) over a median follow-up of 7·1 years ([IQR 4·3-9·9]; total sum of follow-up across studies was 297 837 person-years). Quartile median steps per day were 3553 for quartile 1, 5801 for quartile 2, 7842 for quartile 3, and 10 901 for quartile 4. Compared with the lowest quartile, the adjusted HR for all-cause mortality was 0·60 (95% CI 0·51-0·71) for quartile 2, 0·55 (0·49-0·62) for quartile 3, and 0·47 (0·39-0·57) for quartile 4. Restricted cubic splines showed progressively decreasing risk of mortality among adults aged 60 years and older with increasing number of steps per day until 6000-8000 steps per day and among adults younger than 60 years until 8000-10 000 steps per day. Adjusting for number of steps per day, comparing quartile 1 with quartile 4, the association between higher stepping rates and mortality was attenuated but remained significant for a peak of 30 min (HR 0·67 [95% CI 0·56-0·83]) and a peak of 60 min (0·67 [0·50-0·90]), but not significant for time (min per day) spent walking at 40 steps per min or faster (1·12 [0·96-1·32]) and 100 steps per min or faster (0·86 [0·58-1·28]).

1999年から2018年までに研究を開始した15件の研究を同定し,そのうち7件は発表済み8件は未発表でありました.

全標本には成人47,471例が含まれ,その中で追跡期間中央値7.1年([IQR 4-3-9-9],研究間の追跡期間の総和は297,837例年で3013例の死亡がありました(1000人年当たり10-1人).

1日あたりの歩数の四分位中央値は,第1四分位が3553歩,第2四分位が5801歩,第3四分位が7842歩,第4四分位が10,901歩でありました.

最も低い四分位と比較して全死因死亡の調整済みHRは第2四分位が0-60(95%CI 0-51-0-71),第3四分位が0-55(0-49-0-62),第4四分位が0-47(0-39-0-57)でありました.

制限付き三次スプラインは60歳以上の成人では1日当たりの歩数が6000~8000歩まで,60歳未満の成人では1日当たり8000~10000歩まで,歩数の増加とともに死亡リスクが漸減することが示されました.

1日の歩数を調整し,第1四分位と第4四分位を比較すると,高い歩数と死亡率の関連は減衰しましたが,30分のピーク(HR 0-67 [95% CI 0-56-0-83])と60分のピーク(0-67 [0-50-0-90] )では依然として有意でありましたが,40歩/分以上の速度で歩く時間(1日あたり分)[0-96 1-32] と100歩/分以上(0-86 [0-58-1-28] )では有意ではありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Interpretation: Taking more steps per day was associated with a progressively lower risk of all-cause mortality, up to a level that varied by age. The findings from this meta-analysis can be used to inform step guidelines for public health promotion of physical activity.

1日あたりの歩数を増やすことは,年齢によって異なるレベルまで,全死亡のリスクを徐々に下げることと関連しておりました.

このメタアナリシスから得られた知見は,公衆衛生上の身体活動促進のための歩数ガイドラインに利用することができると考えられます.

 

今回はLancet論文から歩数は全ての疾病による死亡リスクに関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

全年齢で歩数が全ての疾病による死亡リスクと関連するというのは興味深いですね.

もちろんさまざまな要因が交絡している可能性はありますが,こういった結果から見ても理学療法士・作業療法士が身体活動量を増加させるための啓発をすることが国民にとって有益なことは言うまでもありませんね.

タイトルとURLをコピーしました