体育座りが悪影響?腰痛の原因になる?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

体育座りが悪影響?腰痛の原因になる?

先日からワイドショーを騒がせているのが体育座りです.

私が学生の頃にも体育館や運動場では体育座りが当たり前でした.

この体育座りが子供の腰痛を引き起こすといった話が出てきております.

今回は体育座りと椎間関節内圧との関連性を調査した報告をご紹介させていただきます.

体育座りのシルエット | 無料のAi・PNG白黒シルエットイラスト

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Technol Health Care. 2016;24(2):215-23. doi: 10.3233/THC-151100.

Analysis of compressive load on intervertebral joint in standing and sitting postures

Mengjie Huang 1, KhaterehHajizadeh 2, Ian Gibson 3, Taeyong Lee 4

Affiliations expand

PMID: 26484885 DOI: 10.3233/THC-151100

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: There have been some disagreements on the comparison of disc pressures in the standing and sitting postures in literature. Most research on in vivo pressure needle measurement found higher disc pressure in sitting than in standing. The disc pressure data can help to advocate better postures for clinical advice.

立位と座位の椎間板圧の比較については文献上でも見解の相違があります.

生体内圧測定に関するほとんどの研究では立位よりも座位の方が椎間板内圧が高いという結果が出ております.

椎間板内圧のデータは臨床的な指標としてより良い姿勢を提唱するのに役立ちます.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The aim of this paper is to develop a procedure to study the compressive load on intervertebral joint in the standing and sitting postures through the approach of motion capture and musculoskeletal modeling.

この研究ではモーションキャプチャと筋骨格系モデリングのアプローチを使用して,立位および座位の姿勢における椎間関節への圧縮荷重を研究する手順を開発することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The marker data of six subjects performing various standing and sitting postures was obtained during the motion capture experiment and used to train the musculoskeletal model with an enhanced discretized spine developed for subject in the inverse and forward simulations.

モーションキャプチャ実験において,さまざまな立位および座位姿勢をとる6名の被験者のマーカーデータを取得し,逆シミュレーションおよび順シミュレーションにおいて,被験者用に開発した離散化脊椎を強化した筋骨格モデルのトレーニングに使用しました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Compressive loads on L3-L4 and L4-L5 joints are found higher in upright sitting than in upright standing. Slumped sitting, cross-legged sitting and flexion sitting can introduce higher compressive loads on intervertebral joints compared with upright sitting.

L3-L4およびL4-L5関節への圧縮荷重は立位よりも直立座位で高いことが明らかとなりました.

また前傾座位,あぐら座位,屈曲座位(体育座り)は正座に比べて椎間関節に高い圧縮荷重を生じさせることが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: These findings indicate the effects of standing and sitting postures on the spinal joint loads. The results can provide doctors and therapists with more information on clinical advice on better postures for people with spinal problems.

これらの知見は立位と座位の姿勢が脊椎関節の負荷に及ぼす影響を示しております.

この結果は医師やセラピストに脊椎の問題を抱える人々にとってより良い姿勢の臨床的アドバイスに関するより多くの情報を提供することができます.

 

今回は体育座りと椎間板内圧との関連性を調査した報告をご紹介させていただきました.

この論文の中で屈曲座位というのがいわゆる体育座りということになると思います.

この研究の結果を考慮するとやはり体育座りは椎間関節への負荷が大きいということになるでしょうね.

 

タイトルとURLをコピーしました