脚長差補正が立ち仕事をする労働者の骨盤・股関節の運動特性に与える影響

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脚長差補正が立ち仕事をする労働者の骨盤・股関節の運動特性に与える影響

脚長差の補正って難しいですよね?

数㎝の脚長差でも補正の意義はあるのでしょうか?

今回は脚長差補正が立ち仕事をする労働者の骨盤・股関節の運動特性に与える影響を検討した研究論文をご紹介させていただきます.

women's distressed blue denim jeans and pair of white Converse Allstar high-tops

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Work. 2022 Mar 1. doi: 10.3233/WOR-205160. Online ahead of print.

Effect of correction of leg length discrepancy on the biomechanical characteristics of the pelvis and hip joints among standing workers

Yongwook Kim 1

Affiliations expand

PMID: 35253681 DOI: 10.3233/WOR-205160

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Few studies have reported the contribution of correction of leg length discrepancy (LLD) on the kinematic and kinetic characteristics of the pelvis and hip joints among those who must stand while working using shoe insoles and a three-dimensional (3D) motion analysis system.

靴の中敷きと3次元動作解析システムを用いて,作業中に立ち続ける必要のある人の脚長差の補正が骨盤と股関節の運動特性に与える影響を報告した研究はほとんどありません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate dynamic pelvic and hip joint angles and hip moments using a 3D motion analysis system with and without insoles in standing workers with LLD.

脚長差を有する立位労働者を対象として,インソールを装着した場合と装着していない場合の3次元動作解析システムを用いて,動的な骨盤・股関節の角度および股関節モーメントを調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Kinematic and kinetic data of 31 participants with LLD were collected using a motion analysis system and force platforms. Participants were asked to walk wearing standard shoes or shoes with LLD-corrected insoles. Repeated-measures analysis of variance (ANOVA) was used to compare the kinematic and kinetic data of the hip joints and pelvic orientation according to leg side and corrective interventions for LLD.

脚長差を有する例31例を対象として動作解析システムとフォースプラットフォームを用いて運動学的および動力学的データを収集しております.

対象者は標準的な靴または脚長差を補正したインソールを装着した靴を履いて歩行しております.

反復測定分散分析(ANOVA)を用いて,脚長差に対する補正介入による股関節および骨盤の向きの運動学的および運動学的データを比較しております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: There were significant differences in maximal ROM of hip adduction and abduction with vs. without LLD insoles in the longer and shorter legs (p < 0.05). There were significant differences in maximal elevation (p = 0.004) and total coronal motion (p = 0.006) of the pelvic segment with and without insole corrections in the longer leg during gait.

股関節内転・外転の最大ROMは,脚長差インソール装着時と非装着時で,脚の長い方と短い方で有意差がありました(p<0.05).

また歩行時の骨盤セグメントの最大挙上(p=0.004)および水平面上の運動(p=0.006)は,インソール矯正の有無にかかわらず,長い方の脚で有意差が認められました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: LLD correction using a customized insole is a recommended therapeutic intervention to improve the musculoskeletal imbalances of hip and pelvic segments in workers with LLD.

カスタマイズされたインソールを用いた脚長差の補正,脚長差を有する労働者の股関節と骨盤セグメントの筋骨格系のアンバランスを改善するために推奨される治療介入であると考えられます.

 

今回は脚長差補正が立ち仕事をする労働者の骨盤・股関節の運動特性に与える影響を検討した研究論文をご紹介させていただきました.

健常例に対しても脚長差の補正を行うことで股関節・骨盤セグメントのマルアライメントが改善されるといった結果ですね.

経時的な評価をきちんと行ったうえで脚長差補正を行うことには意味がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました