超音波ガイド下触診は触診スキルトレーニングのために有用?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

超音波ガイド下触診は触診スキルトレーニングのために有用?

理学療法士・作業療法士にとって触診のスキルは欠かすことができません.

組織を正確に触診できなければ正しい評価もできませんし,治療も行えません.

ただ触診スキルを向上させるのって難しいですよね?

今回は超音波ガイド下での触診が触診スキルトレーニングのために有用である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Laptop, Office, Hand, Writing, Business, Document

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Sci Rep. 2022 Jan 24;12(1):1189. doi: 10.1038/s41598-022-05290-z.

Randomised controlled trial for evaluation of an ultrasound-guided palpation intervention for palpation skill training

Takashi Kitagawa 1, Yuma Aoki 2, Hotaka Sugimoto 2, Natsumi Ozaki 2

Affiliations expand

PMID: 35075225 PMCID: PMC8786950 DOI: 10.1038/s41598-022-05290-z

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Although there are increasing reports on the usefulness of sonopalpation with ultrasound imaging, many previous studies have reported interventions without a control group. This single-blind, parallel-group randomised controlled trial aimed to determine whether educational instruction with sonopalpation for physical therapy students has a more superior effect on skill improvement than traditional instruction without ultrasonography.

超音波画像診断による触診の有用性についての報告は増えておりますが,先行研究の多くは対照群を伴わない介入効果を報告したものばかりです.

この研究では単盲検並行群間無作為化比較試験を用いて,理学療法学生に対する超音波画像診断装置を用いた触診教育指導が,超音波画像診断を用いない従来の指導よりもスキルアップに優れた効果をもたらすかどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Twenty-nine physical therapy students participated in the study and were randomised using block randomisation into an ultrasound imaging group (n = 15) and a control group (n = 14). Subsequently, they underwent three training sessions focusing on the shoulder joint. Participants underwent a scoring assessment of their palpation skills at pre-intervention, post-intervention, and follow-up 3 months after training. The raters were blinded to the subjects’ group. The Friedman and Mann-Whitney U tests were used for data analysis.

対象は理学療法士学生29名としております.

対象者を無作為に(ブロックランダム化)超音波画像診断群(n = 15)と対照群(n = 14)に割り付けております.

超音波画像診断群は肩関節に焦点を当てた3回のトレーニングセッションを受けております.

対象者トレーニング前,トレーニング後,トレーニング3ヶ月後のフォローアップで触診スキルのスコアリング評価を受けております.

評価者には被験者のグループに関して盲検化がなされております.

データ解析にはFriedman検定とMann-Whitney U検定を用いております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The intervention group showed a significant increase in scores at post-intervention and the 3-month follow-up; the effect sizes were large (0.849 and 0.849, respectively). A comparison of the scores at different time points after the intervention at the 3-month follow-up revealed no significant difference between the groups.

介入群では介入後と3ヶ月後のフォローアップでスコアの有意な改善が見られました.

効果量は大きい結果でありました(それぞれ0.849と0.849).

介入後3ヶ月のフォローアップで異なる時点のスコアを比較したところ群間で有意差は認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Education using ultrasound imaging may be non-inferior to education without it; nevertheless, further studies are needed to demonstrate superiority.

超音波画像診断を用いた教育は,超音波画像診断を用いない教育に対して非劣性であると考えられますが,優越性を証明するためにはさらなる研究が必要であると考えられます.

 

今回は超音波ガイド下での触診が触診スキルトレーニングのために有用である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

これは新しい視点ですね理学療法士・作業療法士養成校でも触診スキルのトレーニングを目的として超音波画像診断装置が導入されるのが一般的になっていくとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました