THA後の固有感覚障害やバランス障害は術後経過で改善するのか?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

THA後の固有感覚障害やバランス障害は術後経過で改善するのか?

人工膝関節全置換術や人工股関節全置換術では関節置換によって大きな除痛効果が得られる一方で,関節置換によって固有感覚障害が出現しやすいといったデメリットもあります.

こういった関節置換による固有感覚障害やバランス障害というのは術後経過で改善が得られるものでしょうか?

今回はTHA後の固有感覚障害やバランス障害は術後経過で改善するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

photo of silhouette photo of man standing on rock

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

BMC MusculoskeletDisord. 2021 Dec 20;22(1):1055. doi: 10.1186/s12891-021-04919-w.

Balance and proprioception impairment, assessment tools, and rehabilitation training in patients with total hip arthroplasty: a systematic review

Luciana Labanca 1 2, Francesca Ciardulli 3, Fabio Bonsanto 3, Nadia Sommella 3, Alberto Di Martino 4 5, Maria Grazia Benedetti 3 4

Affiliations expand

PMID: 34930190 PMCID: PMC8690357 DOI: 10.1186/s12891-021-04919-w

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Osteoarthritis and subsequent total hip arthroplasty (THA) lead to damages to hip joint mechanoceptors, which in turns lead to impairments in proprioception. One of the abilities mainly affected by an altered joint proprioception is balance. The aim of this work was to investigate the balance and proprioception impairments, current assessment tools, and rehabilitation training after THA.

変形性股関節症とそれに続く人工股関節全置換術(THA)は,股関節の固有受容器に損傷を与え,その結果として固有感覚障害をもたらすと考えられております.

また関節固有感覚に障害が生じると,主に平衡感覚に影響を及ぼすと言われております.

この研究ではTHA後のバランスと固有感覚障害,そしてこれらの評価ツールおよびリハビリテーションについて調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A systematic literature revision was conducted on PubMed, Web of Science and Cochrane databases. Articles reporting balance and proprioception impairments, current assessment tools, or rehabilitation interventions were included. Methodological quality was assessed using the Downs and Black checklist. A total of 41 articles were included, 33 discussing balance and proprioception assessment, and 8 dealing with training. Data related to type of surgical approach, type and timing of assessment protocols, assessment instrumentation, and type, volume and duration of the rehabilitation training were extracted from each study.

PubMed,Web of Science,Cochraneのデータベースを用いて体系的な文献調査を実施しております.

バランスと固有受容感覚障害の頻度,評価ツール,またはリハビリテーション介入に関する論文を対象としております.

方法論の質はDowns and Blackのチェックリストで評価しております.

合計41件の論文が含まれ,33件がバランスと固有受容感覚評価について,8件がトレーニングについて論じておりました.

外科的アプローチの種類,評価プロトコルの種類とタイミング,評価機器,リハビリテーショントレーニングの種類・量・期間に関するデータが各研究から抽出されております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Thirty-one studies were of high quality, 2 of moderate quality and 8 of low-quality. Literature review showed an improvement in balance following THA in comparison with the pre-operative performance, although balance abnormalities persist up to 5 years after surgery, with THA patients showing an increased risk for falls. Balance training is effective in all the rehabilitation phases if specifically structured for balance enhancement and consistent in training volume. It remains unclear which assessments are more appropriate for the different rehabilitation phases, and if differences exist between the different surgical procedures used for THA. Only two studies assessed proprioception.

31の研究は質が高く2つの研究は質が中等度で8つの研究は質が低いとされました.

文献レビューではTHA後のバランスは術前と比較して改善されますが,バランス障害は術後5年まで続き,THA症例は転倒のリスクが高いことが示されました.

バランストレーニングはバランス強化のために特別に構成され,トレーニング量が一定であれば,すべてのリハビリテーション段階において効果的であると考えられます.

異なるリハビリテーションの段階において,どの評価がより適切であるか,またTHAに用いられる異なる外科的処置の間に違いがあるかは依然として不明であります.

固有感覚を評価した研究は2件のみでありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Balance and proprioception show impairments up to 5 years after THA, increasing the risk of falls. However, patients with THA may benefit of an adequate balance training. Further research is needed to investigate the gaps in balance and proprioception assessment and training following THA surgery.

バランスと固有感覚はTHA後5年まで障害を示し,転倒のリスクを増加させることが明らかとなりました.

しかしTHA患者は適切なバランストレーニングの恩恵を受けることができます.

THA術後のバランスと固有感覚障害の評価とトレーニングにおけるギャップを調査するために,今後さらなる研究が必要であります.

 

今回はTHA後の固有感覚障害やバランス障害は術後経過で改善するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

5年が経過しても固有感覚障害が残存しているというのは興味深いですね.

タイトルとURLをコピーしました