フォームローラーによる大腿外側のリリースが股関節内転可動域に与える影響

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォームローラーによる大腿外側のリリースが股関節内転可動域に与える影響

最近は運動療法にフォームローラーを使用する機会が増えております.

セルフトレーニングとしてとても便利ですよね.

今回はフォームローラーによる大腿外側のリリースが股関節内転可動域に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Exercise, Workout, Yoga, Roller, Foam, Foam Roller

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Int J Sports Phys Ther. 2021 Apr 1;16(2):431-437. doi: 10.26603/001c.21417.

Time Course of Acute Hip Adduction Range of Motion Changes Following Foam Rolling

Anthony D’Amico 1, Kevin Silva 1, Joseph Gallo 1

Affiliations expand

PMID: 33842038 PMCID: PMC8016434 DOI: 10.26603/001c.21417

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: With the increased popularity of foam rolling (FR), it is important to establish the exact manner in which the practice is useful.

フォームローリング(FR)の普及に伴い,フォームローラーを用いたエクササイズがの有用性を明らかにすることが重要であると考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The purpose of this study was to examine the impact of FR the iliotibial (IT) band on hip adduction range of motion (ROM) and the short-term time course of any ROM changes that may occur.

この研究では腸脛靱帯に対するフォームローラーの使用が股関節内転可動域(ROM)に与える影響とROMに生じる可能性のある変化の短期的な時間経過を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: In a within-subject design, 34 subjects (21 female, 13 male) (female mean age 24.67 ± 8.6 yrs, height 161.4 ± 9.8 cm, mass 67.3 ± 12.3 kg; male mean age 22 ± 2.5 yrs, height 170.2 ± 8.2 cm, mass 76.3 ± 21.9 kg) underwent a baseline Ober’s test to measure hip adduction ROM prior to the FR and control conditions. Subjects rolled the lateral portion of each thigh for 3 bouts of 20 seconds. A tempo of 3 seconds down and 3 seconds up the leg was maintained across FR bouts. A 5-minute walk served as the control condition. The Ober’s test was repeated at less than 1 minute, 3 minutes, 10 minutes, 15 minutes, and 20 minutes following the FR bouts and the control to assess changes in hip adduction ROM over time. A blinded clinician conducted the Ober’s test. A two-way analysis of variance was used to assess differences by condition and time.

対象者34名(女性21名,男性13名)(女性平均年齢24.67±8.6歳,身長161.4±9.8cm,体重67.3±12.3kg,男性平均年齢22±2.5歳,身長170.2±8.2cm,体重76.3±21.9kg)は,フォームローラーとコントロール条件の前にOber testによって股関節内転可動域を測定しております.

対象者は各大腿部の外側を20秒×3回フォームローラーによる運動を行っております.

この際に下肢3秒,上肢3秒のテンポを維持しております.

5分間の歩行が対照条件となっております.

股関節内転運動の経時的変化を評価するため,フォームローラー運動とコントロールの後,1分,3分,10分,15分,20分の時点でOber’s testを繰り返し行っております.

盲検化された検者がOber’s testを実施しております.

二元配置分散分析を用いて条件と時間による差異を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: No differences in hip adduction ROM were found at baseline between FR and CON within subjects (27.9 cm ± 7.5 vs. 27.7 cm ± 6.6, p > .05). Ober’s test ROM was significantly greater in FR compared to CON immediately post-treatment (24.2 cm ± 6.3 vs. 28.2 cm ± 6.3, p = .00, d = .59), and 3 minutes post (24.6 cm ± 7.6 vs. 28.3 cm ± 5.9, p = .00, d = .56). No differences were observed 10 minutes post, 15 minutes post, or 20 minutes post FR or CON (p > .05).

ベースライン時の股関節内転ROMは,被験者内でフォームローラーとコントロールの間に差は認められませんでした(27.9cm ± 7.5 vs. 27.7cm ± 6.6, p > 0.05).

Ober testは治療直後(24.2 cm ± 6.3 vs 28.2 cm ± 6.3,p = 0.00,d = 0.59),および3分後(24.6 cm ± 7.6 vs 28.3 cm ± 5.9,p = 0.00,d = 0.56)にはフォームローラーがコントロールに比べて著しく優れておりました.

10分後,15分後,20分後にはフォームローラーとコントロールの差は認められませんでした(p>0.05).

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion: Compared to walking, FR the IT band significantly increased hip adduction ROM as measured by the Ober’s test. These increases appear to dissipate between 3 and 10 minutes post-FR.

腸脛靭帯に対するフォームローラー運動は歩行と比較して,Ober’s testにより測定される股関節内転ROMを有意に増加させました.

しかしながら可動域の改善はフォームローラー運動後3~10分の間に消失する傾向にありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: An acute bout of 3 sets of 20 seconds of FR may be effective for transiently increasing ROM. Whether these short-term increases have implications for chronic flexibility changes is unclear.

20秒間のフォームローラー運動を3セット行うことは,ROMの一時的な増加に有効である可能性があります.

これらの短期的な可動域の拡大は長期的な柔軟性の変化に対する意味を持つかどうかは不明であります.

 

今回はフォームローラーによる大腿外側のリリースが股関節内転可動域に与える影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

フォームローラー運動の即時的な効果が確認できたといった結果でしたね.

フォームローラー運動を実施しただけでは長期的な効果は持続しないといった点もポイントですね.

タイトルとURLをコピーしました