変形性股関節症例に対する筋力トレーニングの効果は無い?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症例に対する筋力トレーニングの効果は無い?

理学療法士・作業療法士が変形性股関節症例に対して筋力トレーニングの指導を行う機会は少なくないと思います.

しかしながら変形性股関節症に対する筋力トレーニングに関しては賛否両論あって,筋力トレーニングが関節症を進行させるといった意見を持つ医師や理学療法士・作業療法士も少なくありません.

実際のところ変形性股関節症例に対する筋力トレーニングの効果ってどうなのでしょうか?

今回は変形性股関節症例に対する筋力トレーニングの効果を検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Massage, Edge Muscle, Hip, Connective Tissue, Back

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Biology (Basel). 2021 Nov 30;10(12):1251. doi: 10.3390/biology10121251.

Efficacy of Exercise-Based Rehabilitation Programs for Improving Muscle Function and Size in People with Hip Osteoarthritis: A Systematic Review with Meta-Analysis

Zachary P J Rostron 1, Rodney A Green 1, Michael Kingsley 2 3, Anita Zacharias 1

Affiliations expand

PMID: 34943166 DOI: 10.3390/biology10121251

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To determine the effect of exercise-based rehabilitation programs on hip and knee muscle function and size in people with hip osteoarthritis.

この研究では変形性股関節症例に対する股関節および膝関節の筋機能および筋サイズに対する運動ベースのリハビリテーションプログラムの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Seven databases were systematically searched in order to identify studies that assessed muscle function (strength or power) and size in people with hip osteoarthritis after exercise-based rehabilitation programs. Studies were screened for eligibility and assessed for quality of evidence using the GRADE approach. Data were pooled, and meta-analyses was completed on 7 of the 11 included studies.

7つのデータベースを系統的に検索し,変形性股関節症例における運動ベースのリハビリテーションプログラム後の筋機能(筋力またはパワー)およびサイズを評価した研究を同定しております.

研究は適格性を審査され,GRADEアプローチによってエビデンスの質を評価しております.

データはプールされ,含まれる11の研究のうち7つについてメタアナリシスを行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Six studies reported hip and/or knee function outcomes, and two reported muscle volumes that could be included in meta-analyses. Meta-analyses were conducted for four strength measures (hip abduction, hip extension, hip flexion, and knee extension) and muscle size (quadriceps femoris volume). For hip abduction, there was a low certainty of evidence with a small important effect (effect size = 0.28, 95% CI = 0.01, 0.54) favouring high-intensity resistance interventions compared to control. There were no other comparisons or overall meta-analyses that identified benefits for hip or knee muscle function or size.

6件の研究で股関節および/または膝関節の機能アウトカムが報告され,2件でメタアナリシスに含めることができる筋量が報告されておりました.

4つの筋力指標(股関節外転,股関節伸展,股関節屈曲,膝関節伸展)と筋サイズ(大腿四頭筋の体積)についてメタアナリシスが実施されております.

股関節外転については対照群と比較して高強度の筋力トレーニングを支持する小さな重要効果(効果量 = 0.28, 95% CI = 0.01, 0.54)を伴う確実性の低いエビデンスの存在が明らかとなりました.

また股関節・膝関節周囲筋の機能またはサイズに対する有益性を同定した他の比較または全体的なメタアナリシスは存在しませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: High-intensity resistance programs may increase hip abduction strength slightly when compared with a control group. No differences were identified in muscle function or size when comparing a high versus a low intensity group. It is unclear whether strength improvements identified in this review are associated with hypertrophy or other neuromuscular factors.

高強度レジスタンストレーニングは対照群と比較した場合,股関節外転筋力をわずかに増加させる可能性があります.

高強度群と低強度群を比較した場合,筋機能または筋サイズに差は確認されませんでした.

このレビューで確認された筋力の向上が,肥大や他の神経筋の要因と関連しているかは不明であります.

 

今回は変形性股関節症例に対する筋力トレーニングの効果を検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

このシステマティックレビューの結果から考えると変形性股関節症例に対する筋力トレーニングの効果は限定的だと考えざるを得ませんね.

タイトルとURLをコピーしました