側臥位で闇雲に股関節外転運動を行っても中殿筋の筋活動は増加しない?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

側臥位で闇雲に股関節外転運動を行っても中殿筋の筋活動は増加しない?

中殿筋のトレーニングと言えば昔から行われるのが側臥位での外転筋トレーニングです.

しかしながら臨床上,特に中殿筋に筋力低下がある場合にはこの姿勢で中殿筋がきちんと活動しているのかどうかが怪しいことが多いと思います.

今回は側臥位で闇雲に股関節外転運動を行っても中殿筋の筋活動は増加しない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Workout, Ball, Pilates, Fitness, Gym, Training, Fit

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Back MusculoskeletRehabil. 2021;34(6):1057-1062. doi: 10.3233/BMR-200108.

Is it appropriate to use external loads during side-lying hip abduction exercise for weakened gluteus medius?

Soo-Jin Nam 1, Duck-Won Oh 2

Affiliations expand

PMID: 34092590 DOI: 10.3233/BMR-200108

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Side-lying hip abduction exercise could be beneficial to improve the neuromuscular control of the hip abductor; however, there has been limited information available to determine the exercise load during the exercise.

側臥位姿勢での股関節外転運動は、股関節外転筋の神経筋制御を改善するために有益であると考えられておりますが,運動中の運動負荷を決定するための情報は限られております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: This study aimed to demonstrate the effects of using external loads on the hip abductor muscles during side-lying hip abduction exercises in females with gluteus medius (GM) weakness.

この研究では中殿筋が弱化した女性において,側臥位での股関節外転運動中に股関節外転筋に外部負荷を用いることの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This study enrolled 24 females with weakness in the GM. Electromyographic (EMG) data of the quadratus lumborum (QL) and GM muscles were recorded during the exercise under three load conditions: no-load, external load-1 (3% of body weight), and external load-2 (5% of body weight).

この研究では中臀筋の筋力低下を有する女性24例を対象としております.

腰方形筋および中殿筋の筋電図データを,無負荷,外部負荷-1(体重の3%),外部負荷-2(体重の5%)の3つの負荷条件下で運動中に記録しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: During the exercise, the EMG activities of the QL were significantly different under all three conditions (p< 0.05), with greater activity observed in the external load-2 condition (92.05 ± 65.93% maximal voluntary isometric contraction [MVIC]) as compared to the others, and in the external load-1 condition (82.47 ± 57.36% MVIC) as compared to the no-load condition (48.94 ± 45.09% MVIC). Furthermore, the GM/QL ratios showed significant differences between no-load (1.78 ± 1.47) and external load-1 conditions (0.93 ± 0.60), and between no-load and external load-2 (0.85 ± 0.45) conditions (p< 0.05).

運動中に腰方形筋の筋活動は3条件すべてで有意に異なり(p< 0.05),他と比較して外部負荷-2条件(92.05±65.93%MVIC),無負荷条件(48.94±45.09%MVIC)と比較して外部負荷-1条件(82.47±57.36%MVIC)で大きな活動が観察されました.

さらに中殿筋/腰方形筋比は無負荷(1.78±1.47)と外部負荷-1条件(0.93±0.60),無負荷と外部負荷-2条件(0.85±0.45)間で意差が見られました(p<0.05).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: These findings suggest that greater load could be a factor to increase the QL activity during the exercise in females with weakened GM.

この結果から中殿筋が弱化した女性において,より大きな負荷が運動中の腰方形筋活動を増加させる要因になり得ることが示唆されます.

 

今回は側臥位で闇雲に股関節外転運動を行っても中殿筋の筋活動は増加しない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

非常に面白い結果ですね.

運動負荷を増やしても中殿筋の筋活動は増加せず,腰方形筋の筋活動ばかりが増加しているといった結果ですね.

こう考えると側臥位姿勢で外転トレーニングを行う場合には,闇雲に負荷を増やしても中殿筋の筋活動は増加しない可能性が考えられます.

適切な負荷設定が必要だということですね.

タイトルとURLをコピーしました