理学療法士・作業療法士も知っておきたい教育資金の貯め方

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたい教育資金の貯め方

理学療法士・作業療法士の平均年齢は30代前半ですから子育て期にある理学療法士・作業療法士は多いと思います.

子育てとなるときになるのが子供に必要な教育資金です.

高校・大学進学となると教育資金が必要となりますし,私立中学を受験となるとかなりの資金が必要となります.

子供の将来のために教育資金を貯蓄しておかなければ大変なことになってしまいます.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい教育資金の貯め方について考えてみたいと思います.

Bank Notes, Dollar, Us Dollars, Usd, Money, Funds

 

 

 

 

 

 

 

どうやって教育資金を貯めるか?

教育資金の確保の方法ですがさまざまな方法が考えられます.

 

学資保険

ジュニアNISA

積立NISA

現金貯金

貯蓄型保険

家族からの援助

 

ざっと挙げてみるとこんな感じでしょうか?

ここからは教育資金確保の方法についてそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

学資保険

日本人の教育資金の貯蓄方法の中で最も多いのが学資保険を利用した貯蓄です.

保険ですので生命保険料控除もありますから,所得税を少なくできるといったメリットは大きいですね.

一方で実は貯蓄率が高くない点は大きなでメリットでしょう.

自分でなかなか貯められない方にとっては自動的に貯蓄ができる点では非常にありがたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュニアNISA

最近は理学療法士・作業療法士の間でも少しずつ増えているのがNISAの利用です

ジュニアNISAは2023年で新規口座開設は終わってしまいます.

ただまだ時間はありますので今がチャンスと言えるでしょう.

今であれば最大で240万円分を運用できます.

 

 

 

 

 

 

 

積立NISA

ジュニアNISAでなくても積立NISAで積み立ててそれを教育資金に充てるといった方法で貯蓄される理学療法士・作業療法士も多いと思います.

両親名義でやれば年間80万円は運用可能です.

積立NISAの場合にはいつでも引き出しできるといった点もメリットですね.

0~15歳まで片親名義でやれば600万円,うまくいけば600万円が800万円に膨れ上がりますからね.

もちろん投資なのでリスクもあることは理解しておく必要があるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

現金貯金

日本では昔から多いのはこれですね.

おそらく理学療法士・作業療法士も現金貯金で貯蓄している方が大半だと思います.

児童手当,お祝い金,お年玉なんかを子供自身の口座を作って将来のために貯蓄といったパターンですね.

だ現金貯金の場合にはほとんど利子はありませんし,お金が増えることはありません

もちろんお金が減ることもありませんけどね.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい教育資金の貯め方について考えてみたいと思います.

自分自身のライフスタイルに合った貯蓄の方法を選択できるとよいですね.

 

タイトルとURLをコピーしました