人工膝関節全置換術後の足関節および足部の疼痛はなぜ起こる?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後の足関節および足部の疼痛はなぜ起こる?

人工膝関節全置換術後に膝関節の疼痛には改善が得られたものの,足関節や足部に疼痛を訴える症例ってよく経験すると思います.

人工膝関節全置換術による膝関節のアライメント変化によって,足部のアライメントも変わりますので疼痛が出現するのもうなずける気もしますが,疼痛が出現しない方もいらっしゃいますよね?

人工膝関節全置換術後の足関節および足部の疼痛はなぜ起こるはなぜ起こるかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

brown and white skeleton foot

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Med Sci Monit. 2021 Nov 12;27:e932796. doi: 10.12659/MSM.932796.

A Retrospective Study of the Risk Factors for Postoperative Foot or Ankle Pain in 90 Patients with Varus Osteoarthritis of the Knee who Underwent Total Knee Arthroplasty

Li-Jie Wu 1, Shi-Gang Jiang 2, Lu-Kuan Cui 2, Qian Zhang 2, Lei Zhang 2, Kai Kang 2, Yu-Ming Bai 2, Shi-Jun Gao 1

Affiliations expand

PMID: 34764234 DOI: 10.12659/MSM.932796

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

BACKGROUND The reasons for foot and ankle pain following total knee arthroplasty (TKA) for knee varus osteoarthritis are unknown. This retrospective study aimed to investigate the risk factors for postoperative foot and ankle pain in patients with varus osteoarthritis of the knee who underwent TKA.

変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術(TKA)後の足・足首の痛みの原因は不明な部分が多いです.

この後方視的研究は,人工膝関節全置換術を受けた変形性膝関節症例の術後の足関節・足部の痛みの危険因子を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

MATERIAL AND METHODS We enrolled 90 patients who underwent TKA for varus knee osteoarthritis. The visual analog scale (VAS) was used to evaluate patients’ foot or ankle pain before and after surgery. The correlation between independent variables (eg, age, sex, body mass index [BMI], ankle osteoarthritis, and varus angle) and foot and ankle pain in patients with osteoarthritis of the knee was measured. Moreover, radiological changes were compared between the groups with and without worsened pain.

内側型変形性膝関節症例に対して人工膝関節全置換術を施行された症例90例を対象としております.

術前と術後の対象者の足関節および足部の疼痛をvisual analog scale(VAS)を用いて評価しております.

変形性膝関節症例の年齢,性別,肥満度[BMI],変形性足関節症の有無,亜脱臼角と足関節・足部の疼痛との関連性について検討しております.

さらに疼痛が増悪した群とそうでない群の間でX線学的なアライメントを比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

RESULTS No significant difference in VAS was found between patients <60 and ≥60 years of age (P>0.05). Male sex and BMI <30 kg/m² were weakly correlated with preoperative foot or ankle pain. However, patients with varus of ≥6° and preexisting ankle osteoarthritis had a higher incidence of foot or ankle pain before surgery. Moreover, no significant differences in radiological changes were found between the groups with and without worsened foot or ankle pain after surgery (P>0.05).

60歳未満の症例と60歳以上の症例ではVASに有意な差は見られませんでした(P>0.05).

性別とBMIは,術前の足関節および足部の疼痛と弱い相関関係がありました.

しかし6°以上の内反変形を有する症例と変形性足関節症の既往がある症例は,術前の足関節・足部の疼痛の発生率が高い結果でした.

さらに術後に足関節や足部の疼痛が増悪した群とそうでない群の間では、X線学的変化に有意差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

CONCLUSIONS In male patients with osteoarthritis of the knee, a BMI <30 kg/m², varus of <6°, and no preexisting ankle osteoarthritis were protective factors for foot and ankle pain. TKA corrected knee and ankle malalignment. Therefore, postoperative foot and ankle pain was not associated only with TKA surgery.

変形性膝関節症例ではBMIが30kg/m²未満であること,内反変形が6°未満であること,足関節に変形性関節症の既往がないことが足関節・足部の疼痛が出現しない条件であることが明らかとなりました.

 

人工膝関節全置換術後の足関節および足部の疼痛はなぜ起こるはなぜ起こるかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

人工膝関節全置換術後に足関節や足部に疼痛が出現する症例の特徴が明らかになりましたね.

こういった症例の場合は足関節や足部の疼痛が出現する可能性を予測した上での対応が必要ですね.

タイトルとURLをコピーしました