骨盤の前後傾で変形性股関節症の進行は決まる?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

骨盤の前後傾で変形性股関節症の進行は決まる?

変形性股関節症の進行予防を考えるうえでは矢状面上の骨盤傾斜を評価することは重要です.

矢状面上では骨盤が後傾位になると矢状面上の股関節の臼蓋被覆が減少しますので股関節症の進行を助長してしまうことになります.

しかしながら本当に骨盤の前後傾で変形性股関節症の進行は決まるのでしょうか?

今回は骨盤の前後傾で変形性股関節症の進行は決まるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

grayscale photo of dragon figurine

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Bone Joint J. 2021 Nov;103-B(11):1656-1661. doi: 10.1302/0301-620X.103B11.BJJ-2021-0472.R1.

Pelvic incidence is not associated with the development of hip osteoarthritis

Makoto Iwasa 1, Wataru Ando 1, Keisuke Uemura 2, Hidetoshi Hamada 2, Masaki Takao 2, Nobuhiko Sugano 1

Affiliations expand

PMID: 34719275 DOI: 10.1302/0301-620X.103B11.BJJ-2021-0472.R1

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aims: Pelvic incidence (PI) is considered an important anatomical parameter for determining the sagittal balance of the spine. The contribution of an abnormal PI to hip osteoarthritis (OA) remains controversial. In this study, we aimed to investigate the relationship between PI and hip OA, and the difference in PI between hip OA without anatomical abnormalities (primary OA) and hip OA with developmental dysplasia of the hip (DDH-OA).

骨盤傾斜(PI)は,脊椎の矢状面バランスを決定する重要な解剖学的パラメータと考えられております.

変形性股関節症(OA)に対する骨盤傾斜異常の寄与については,未だに議論があります.

この研究では,骨盤傾斜と変形性股関節症との関係,および解剖学的異常のない変形性股関節症(一次性OA)と発達性股関節形成不全を伴う変形性股関節症(DDH-OA)との骨盤傾斜の違いを調べることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: In this study, 100 patients each of primary OA, DDH-OA, and control subjects with no history of hip disease were included. CT images were used to measure PI, sagittal femoral head coverage, α angle, and acetabular anteversion. PI was also subdivided into three categories: high PI (larger than 64.0°), medium PI (42.0° to 64.0°), and low PI (less than 42.0°). The anterior centre edge angles, posterior centre edge angles, and total sagittal femoral head coverage were measured. The correlations between PI and sagittal femoral head coverage, α angle, and acetabular anteversion were examined.

この研究では,一次性OA,DDH-OA,および股関節疾患の既往のない対照群の患者各100例を対象としております.

CT画像を用いて,骨盤,大腿骨頭の矢状被覆率,α角,および寛骨臼の前捻を測定しております.

また骨盤傾斜は,高度骨盤傾斜(64.0°より大きい),中等度骨盤傾斜(42.0°〜64.0°),低度骨盤傾斜(42.0°より小さい)の3つのカテゴリーに分類されております.

前方中心端の角度、後方中心端の角度,および大腿骨頭の矢状方向の総被覆率を測定しております.

骨盤傾斜と矢状面大腿骨頭被覆率,α角,寛骨臼の前捻との相関関係を調査しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: No significant difference in PI was observed between the three groups. There was no significant difference between the groups in terms of the category distribution of PI. The DDH-OA group had lower mean sagittal femoral head coverage than the other groups. There were no significant correlations between PI and other anatomical factors, including sagittal femoral head coverage, α angle, and acetabular anteversion.

骨盤傾斜には3群間で有意な差は認められませんでした.

また骨盤傾斜のカテゴリー分布についても,各群間に有意な差はありませんでした.

DDH-OA群は他の群に比べて平均的な矢状面の大腿骨頭被覆率が低い結果でありました.

骨盤傾斜と他の解剖学的要因(矢状大腿骨頭被覆率,α角,寛骨臼前捻など)との間には有意な相関関係は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: No associations were found between mean PI values or PI categories and hip OA. Furthermore, there was no difference in PI between patients with primary OA and DDH-OA. From our evaluation, we found no evidence of PI being an independent factor associated with the development of hip OA. Cite this article: Bone Joint J 2021;103-B(11):1656-1661.

骨盤傾斜の平均値や骨盤傾斜のカテゴリーと股関節OAとの間には関連性は認められませんでした.

さらに原発性OA症例とDDH-OA症例の間で骨盤傾斜に差はありませんでした.

今回の評価では骨盤傾斜が股関節OAの発症に関連する独立した因子であるという証拠は得られませんでした.

 

今回は骨盤の前後傾で変形性股関節症の進行は決まるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の研究は横断的な検討ですのでいずれにしても股関節症の進行と骨盤傾斜との関連を論じるには限界がありますが,骨盤の前後傾のみならず重心線に対する股関節中心の前方化も含めて評価を行う必要があるでしょうね.

骨盤傾斜の評価は重要ですが,骨盤傾斜だけで股関節症の進行が決まるわけではないといった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました