脳卒中片麻痺症例における自立歩行獲得のために必要な1日の歩数は?

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中片麻痺症例における自立歩行獲得のために必要な1日の歩数は?

最近はさまざまな疾病で身体活動量に着目した報告が増えております.

理学療法士・作業療法士にとっても身体活動量の増加は機能改善にも結び付くことから身体活動量を増加させる視点が重要となります.

でもどのくらい身体活動量を確保するのが理想なのでしょうか?

今回は脳卒中片麻痺症例における自立歩行獲得のために必要な1日当たりの歩数を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Legs, Shoes, Walking, Walk, Path, Trail, Rubber Shoes

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Increased physical activity is required in patients with stroke that are hospitalized in the rehabilitationunit. This study investigated the association between the daily number of steps and walkingindependence in order to determine the cutoff value of daily number of steps for walking independence inhospitalized patients with sub-acute stroke.

リハビリテーション病棟に入院している脳卒中症例は身体活動の増加が求められます.

この研究では脳卒中症例の歩行自立のための1日の歩数のカットオフ値を決定することを目的としております。

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This cross-sectional observational study included 85 strokepatients admitted to the rehabilitation unit. The average daily number of steps, 6-minute walk test, andFugl-Meyer assessment of the lower extremities were measured at 30 days after stroke onset. Thecategory of walking independence was classified using the Functional Ambulation Category (FAC). Thesubjects were divided into two groups according to the FAC score: a walking independence group (FAC ≥4) and a walking non-independence group (FAC ≤ 3). Logistic regression analysis was conducted toinvestigate the association of daily number of steps with walking independence and a receiver operatingcharacteristic curve was used to identify the cutoff value of daily number of steps for walkingindependence.

研究デザインは横断研究となっております.

リハビリテーション病棟に入院している85例の脳卒中症例を対象としております.

1日の平均歩数,6分間の歩行テスト,および下肢のFugl-Meyer評価を脳卒中発症後30日目に測定しております.

歩行自立度は歩行自立度はFunctional Ambulation Category(FAC)を用いて分類しております.

対象者はFACのスコアにより,歩行自立群(FAC≧4)と歩行非自立群(FAC≦3)にに分類されております.

ロジスティック回帰分析を行い, 1日の歩数と歩行自立度との関連を調べROC曲線を用いて歩行自立のための1日の歩数のカットオフ値を特定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The daily number of steps was independently associated with walking independence(odds ratio (OR); 1.001, 95% confidence interval (CI); 1.001–1.002, p = 0.009). The cutoff value of dailynumber of steps for independent walking was 4286 steps (area under the curve = 0.914, sensitivity of0.731, and specificity of 0.949).

1日の歩数は歩行自立度と独立して関連しておりました(オッズ比(OR);1.001、95%信頼区間(CI);1.001-1.002、p=0.009).歩行自立のための1日の歩数のカットオフ値は4286歩でありました(曲線下面積=0.914、感度0.731、特異性0.949).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The daily number of steps was associated with independent walking inhospitalized patients with sub-acute stroke. The daily number of steps may be a useful target inrehabilitation for patients with sub-acute stroke

入院中の脳卒中亜急性期症例において,1日の歩数は自立歩行と関連しておりました.

1日の歩数は亜急性期脳卒中症例のリハビリテーションにおける有用な目標となりえます.

 

今回は脳卒中片麻痺症例における自立歩行獲得のために必要な1日当たりの歩数を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

具体的な数値4286歩というのが導き出されましたね.

ただ入院中の身体活動量としてはかなりハードルの高い数値だと思います.

理学療法士・作業療法士も身体活動量を増加する視点でクライアントの活動量のマネジメントを行っていく必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました