前方アプローチによるTHA後の大腿外側部の疼痛に関する調査結果

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前方アプローチによるTHA後の大腿外側部の疼痛に関する調査結果

前方アプローチによるTHA後に残存しやすい疼痛として大腿前外側の疼痛が挙げられます.

この大腿外側の疼痛についてはどのくらい続くのが一般的なのでしょうか?

今回は前方アプローチによるTHA後の大腿外側部の疼痛に関する調査結果をご紹介させていただきます.

people in blue scrub suit sitting on chair

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Orthopedics. 2022 Jan 3;1-7. doi: 10.3928/01477447-20211227-07. Online ahead of print.

Incidence of and Risk Factors for Lateral Trochanteric Pain After Direct Anterior Approach Total Hip Arthroplasty

Dexter Bateman, Menghan Wang, Steven Mennona, Stephen Kayiaros

PMID: 34978513 DOI: 10.3928/01477447-20211227-07

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Lateral trochanteric pain (LTP) is a common complication after total hip arthroplasty (THA). The goals of this study were to report the incidence of LTP after direct anterior approach (DAA) THA, describe the treatment course and outcomes, and examine patient-specific and implant-related potential risk factors.

大腿外側部痛は人工股関節全置換術(THA)後によく起こる合併症です.

この研究ではDAAによるTHA後の大腿外側部痛の発生率を明らかにし,治療経過と結果およびインプラント関連の潜在的危険因子を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

A retrospective review identified patients who underwent primary DAA THA with at least 1-year follow-up. Postoperative functional outcome scores and LTP occurrence were recorded. Patient demographics, surgical indications, implant characteristics, medical comorbidities, and radiographic parameters were obtained. Logistic regression analysis was used to identify risk factors.

後方視的レビューによって,DAAによるprimary THAを受け、少なくとも1年以上経過観察された症例を対象としております.

術後の機能的転帰スコアと大腿外側部痛の発生を調査しております.

対象者の基本的属性,手術適応,インプラントの特徴,合併症,X線撮影パラメータを調査しております.

危険因子の特定にはロジスティック回帰分析が用いております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

A total of 610 THA procedures were performed for 563 patients (mean follow-up, 30.9±15.2 months). The overall incidence of LTP was 11.6%. All cases of LTP were successfully treated conservatively, although these patients, compared with patients who did not have postoperative LTP, experienced significantly lower functional outcome scores (Harris Hip Score, 96.6±4.7 [range, 55-100] vs 89.9±8.5 [range, 42-100], respectively; P<.001). Logistic regression analysis identified female sex (odds ratio, 2.30; 95% CI, 1.32-4.02), diabetes mellitus (odds ratio, 2.32; 95% CI, 1.11-4.88), hypertension (odds ratio, 1.94; 95% CI, 1.15-3.28), and the use of an offset acetabular liner (odds ratio, 2.50; 95% CI, 1.06-5.91) as independent risk factors for LTP. There was no correlation between LTP and radiographic parameters.

563例の症例に対して計610件のTHA手術が行われております(平均追跡期間:30.9±15.2ヶ月).

大腿外側部痛の全発生率は11.6%でありました.

大腿外側部痛の全例は保存的治療に成功したが,これらの症例は術後大腿外側部痛を発症しなかった症例と比較して,機能的転帰スコアが有意に低い結果でありました.(ハリス股関節スコア、96.6±4.7[範囲、55~100]対89.9±8.5[範囲、42~100]、それぞれP<.001).

ロジスティック回帰分析の結果,女性(オッズ比、2.30;95%CI、1.32-4.02),糖尿病(オッズ比、2.32;95%CI、1.11-4.88)、高血圧(オッズ比、1.94;95%CI、1.15-3.28),offset acetabular linersの使用(オッズ比、2.50:95% CI、1.06-5.91)が大腿外側部痛の独立危険因子と同定されました.

大腿外側部痛とX線撮影パラメータとの間に相関はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The incidence of LTP after DAA THA is similar to reported rates for other THA surgical approaches. Female sex, medical comorbidities, and the use of offset acetabular liners are likely associated, and patients should be counseled appropriately. Postoperative LTP results in worse functional outcomes, although all cases can be treated conservatively.

DAAによるTHA後の大腿外側部痛の発生率は,他のTHA手術アプローチで報告されている率と同様でありました.

女性,内科的合併症,offset acetabular linersの使用は関連性が高く,対象者には適切な説明を行う必要があります.

術後大腿外側部痛は機能的転帰を悪化させますが,すべての症例は保存的に治療することができました.

 

今回は前方アプローチによるTHA後の大腿外側部の疼痛に関する調査結果をご紹介させていただきました.

比較的遭遇することの多い大腿外側部痛の危険因子を明らかにした非常に貴重な研究論文だと思います.

理学療法士・作業療法士が大腿外側部痛を有する症例に出会う機会は少なくないと思いますので参考になる結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました