理学療法士・作業療法士の年収平均値と中央値

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の年収平均値と中央値

理学療法士・作業療法士の平均年収は約410万円です.

決して高いとはいえない理学療法士・作業療法士の平均年収ですが,理学療法士・作業療法士の年収を考える際には平均値ではなく中央値を見ておくこともポイントとなります.

今回は理学療法士・作業療法士の年収平均値と中央値について考えてみたいと思います.

person holding 100 US Dollar banknote

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の年収平均値と中央値

理学療法士・作業療法士の年収の平均値は409万6,400円となっております.

一方で理学療法士・作業療法士の年収の中央値は351万円となっております.

実に平均値と中央値には約60万円もの差があります.

こう考えると理学療法士・作業療法士の年収を考えるうえでは平均値だけを見ていると大きな落とし穴にはまってしまう可能性があります.

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の年収を中央値で考えるべき理由

結論から申し上げますと理学療法士・作業療法士の年収を考える際には平均値ではなく,中央値で考えた方が良いです.

はじめに平均値と中央値の違いについて確認したいと思います.

平均値と中央値の違い

平均値の求め方は私がここで申し上げる必要はありませんが

仮に5名の理学療法士・作業療法士の年収が

1500万・500万・400万・350万・250万であったとしたら

平均年収は600万となります.

中央値はどうなるかと言いますと,中央値は年収を低い方から順番に並べてちょうど真ん中(中央)にある数値ですから,

1500万・500万・400万・350万・250万であったとしたら

中央値は400万円となります.

上の図では同じ5名の理学療法士・作業療法士の年収ですが,

 

平均値:600万円

中央値:400万円

 

と平均値と中央値には200万円もの違いがあります.

こういった場合にはどちらを参考にするとよいのでしょうか?

結論から言えば中央値です。

平均値を使用する場合には年収のデータが正規分布していることが前提となります.

今回のデータは1500万円という大きく偏ったデータが含まれておりますので,データが非正規分布となっており,平均値を参照するのは危険です.

 

 

 

 

 

 

 

平均値と中央値の使い分け

ですのでこういった場合には年収を中央値で考える必要があります.

では理学療法士・作業療法士の年収の平均値と中央値はどのぐらいなのでしょうか?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば,理学療法士・作業療法士の平均月収は28万7,5000円で年収としては409万6,400円となっています.

年収400万円の場合,手取りとしては年間310万円程度になります.

では気になる中央値ですが,平均年収.JPによれば、理学療法士・作業療法士の年収中央値は351万円となっております.

年収350万円の場合,手取りとしては年間280万円程度になります.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の年収を中央値で考えるべき理由3つ

理学療法士・作業療法士の年収は平均値ではなく中央値で考えるべきです.

理学療法士・作業療法士の場合には年齢分布が若い世代に偏っています.

理学療法士・作業療法士の場合には20~40歳までが圧倒的に多数を占めます.

若手理学療法士・作業療法士の,給与が安い,昇給しない,人数が多い,管理職が少ないといった特徴を考える必要があります.

一方で45歳以上の理学療法士・作業療法士の場合には,同年代の理学療法士・作業療法士が少なく,昇給額も高い世代でした.

若手が若手と経験者の年収差が大きい状態で算出する場合は平均値だけでなく中央値も見ることが重要となります.

今の若い世代では公務員や公的機関に所属する療法士以外の昇給は良くて2,000円から3,000円程度でしょう.

また理学療法士・作業療法士の場合には,勤務先によって年収にも大きな開きがあります.

高所得な大学教員・公務員とクリニック・療養型病院を比較する場合には年収の偏りが大きくなります.

そのため平均値だけでなく中央値で比較検討する必要があります.

職場によって年収差が大きいのも実際です.

年収が300万円台の理学療法士・作業療法士こそ,転職すればこの業界では簡単に年収が50万円くらいアップできちゃいますからね.

年収300万円の理学療法士・作業療法士こそ動けばすぐに年収が上がる
理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円といわれております. 平均年収が406万円ですから,年収が600万円を超える理学療法士・作業療法士もいれば,年収が300万円前後の理学療法士・作業療法士もいるわけです. ただせっかく3~4年間養成校に通って,国家試験にも合格して年収300万円ってきつすぎますよね?

 

今回は,理学療法士・作業療法士の年収を考える時は平均だけでなく中央値でも考える必要性を解説しました.

理学療法士・作業療法士の皆様が年収を考える上で1つの参考になればうれしいです.

タイトルとURLをコピーしました