片側TKA後に脚長ってどのくらい変化するの?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

片側TKA後に脚長ってどのくらい変化するの?

人工膝関節全置換術(TKA)後に内反変形や屈曲拘縮が矯正されることで下肢長が術前よりも長くなる方って多いと思います.

でも片側人工膝関節全置換術(TKA)後ってどのくらい脚長が変化するのでしょうか?

今回は片側TKA後に脚長がどのくらい変化するのかを調査した研究論文をご紹介させていただきます.

white ruler on green textile

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Eur J Orthop Surg Traumatol

. 2021 Aug;31(6):1199-1205. doi: 10.1007/s00590-020-02853-6. Epub 2021 Jan 9.

Prediction of leg length change (LLC) after correcting varus and flexion deformity in patients undergoing TKA

Ahmed A Khalifa 1 2, Arun B Mullaji 3, Abanoub Nagaty Gendy 4, Ahmed M Ahmed 5, Hatem M Bakr 4, Yaser E Khalifa 4, Ahmed M Abdelaal 4

Affiliations expand

PMID: 33423113 DOI: 10.1007/s00590-020-02853-6

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: Patients with varus and fixed flexion deformity (FFD) undergoing TKA may have a significant leg length change (LLC) after surgery. We aimed to determine the correlation between changes in HKA or FFD and leg length in patients undergoing TKA, the combined effect of coronal and sagittal plane deformity correction on LLC, and the possibility of estimating LLC mathematically.

人工膝関節全置換術(TKA)を施行した屈曲・内反変形(FFD)のクライアントは,術後に大きなな脚長変化(LLC)が生じる可能性があります.

この研究では人工膝関節全置換術(TKA)を受けたクライアントの股関節・膝関節・足関節軸または屈曲・内反変形の変化と脚長との相関関係,脚長変化に対する前額面と矢状面の変形矯正の複合効果,脚長変化を数学的に推定する可能性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: This was a prospective radiographic evaluation of 242 knees, which had undergone primary unilateral TKA for advanced OA with varus and FFD. Full-length standing calibrated anteroposterior radiographs were used to measure the hip-knee-ankle axis (HKA) and functional leg length after adjusting for magnification. Clinical evaluation of FFD was done using a handheld goniometer.

この研究では屈曲・内反変形を伴う変形性膝関節症に対して片側人工膝関節全置換術(TKA)を受けた242例の膝を対象とした後方視的にX線撮影を用いて評価が行われております.

立位正面X線写真を用いて,股関節-膝関節-足関節軸(HKA)と,倍率を調整した後の機能的脚長を測定しております.

屈曲・内反変形の臨床的評価は,ゴニオメーターを用いて行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: 224 knees (92.6%) showed increased limb length after TKA averaging 10.7 mm (SD 9.5 mm, P = .000). There was a significant correlation between the change in HKA and FFD from preoperatively to postoperatively with the amount of LLC (ρ 0.326 and 0.346, respectively, P = .000). FFD improvement from preoperatively to postoperatively was 8.1° to 1° (P = .000), respectively. A linear relationship was established between LLC and changes in HKA and FFD, where 10° improvement in HKA would result in an LLC of nearly 4 mm, and 10° improvement in FFD would result in a LLC of nearly 8 mm.

224膝(92.6%)で人工膝関節全置換術(TKA)後の下肢長が平均10.7mm(SD 9.5mm、P = 0.000)増加しております.

股関節-膝関節-足関節軸と屈曲・内反変形の術前から術後への変化と脚長変化の量との間には有意な相関関係を認めました(それぞれρ=0.326とρ=0.346,P = 0.000).

屈曲・内反変形の術前から術後への改善度はそれぞれ8.1°から1°(P = 0.000)でありました.

脚長変化と股関節-膝関節-足関節軸および屈曲・内反変形の変化との間には線形関係が成立しており,股関節-膝関節-足関節軸が10°改善すると脚長変化は約4mm,屈曲・内反変形が10°改善すると脚長変化は約8mmとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: LLC may be substantial after correcting varus and FFD with unilateral TKA, it correlates with the change in HKA and FFD and can be mathematically estimated. CLINICAL TRIALS .

脚長変化は片側人工膝関節全置換術(TKA)で屈曲・内反変形を矯正した後,かなりの大きさになる可能性があり,脚長変化は股関節-膝関節-足関節軸と屈曲・内反変形の変化と相関し,数学的に推定することができる可能性があります.

 

今回は片側TKA後に脚長がどのくらい変化するのかを調査した研究論文をご紹介させていただきました.

平均的には10mmの変化ということになります.

また股関節・膝関節・足関節軸の角度変化や屈曲・内反変形の変化の程度によって脚長の変化量が予測できるという点がポイントですね.

X線画像からどの程度の脚長変化が起こり得るかを推測することが重要となるでしょう.

タイトルとURLをコピーしました