腸腰筋は本当に股関節の安定性に寄与するのか?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腸腰筋は本当に股関節の安定性に寄与するのか?

腸腰筋の解剖学的には擬似臼蓋としての機能が注目されることが多いです.

股関節の不安定性に対して腸腰筋のトレーニングを行うことって多いですよね.

でも腸腰筋は本当に股関節の安定性に寄与するのでしょうか?

今回は腸腰筋は本当に股関節の安定性に寄与するのかどうかを検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

man in black tank top and white shorts jumping on mid air during daytime

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Arthrosc Sports Med Rehabil

. 2020 Nov 17;2(6):e847-e853. doi: 10.1016/j.asmr.2020.06.006. eCollection 2020 Dec.

Is the Iliopsoas a Femoral Head Stabilizer? A Systematic Review

Takashi Hirase 1, Jason Mallett 1, Lindsay E Barter 1, David Dong 1, Patrick C McCulloch 1, Joshua D Harris 1

Affiliations expand

PMID: 33364616 PMCID: PMC7754519 DOI: 10.1016/j.asmr.2020.06.006

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: To perform a systematic review of biomechanical and clinical studies to determine whether the iliopsoas is a femoral head stabilizer.

この研究では腸腰筋が大腿骨頭(股関節)の安定性に寄与するのかどうかを判断するために,生体力学的および臨床的研究のシステマティックレビューを行うことを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A systematic review was conducted using Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-analyses (PRISMA) guidelines. Inclusion criteria were any human clinical (Levels I-IV evidence) or laboratory studies that investigated the role of the iliopsoas as a stabilizer of the hip. Exclusion criteria included studies that investigated patients undergoing spine surgery or those with a total hip arthroplasty or hip hemiarthroplasty. Study methodologic quality for clinical-outcomes studies were analyzed using the Modified Coleman Methodology Score. Because of the heterogeneity in the participants and interventions, no quantitative assimilative meta-analysis was performed.

Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-analyses(PRISMA)ガイドラインを用いてシステマティックレビューを行っております.

対象としたのは股関節の安定性に対する腸腰筋の役割を調査したヒトを対象とした臨床(エビデンスレベルI~IV)または実験室での研究となっております.

脊椎手術を受けている症例,人工股関節全置換術または人工股関節半置換術を受けている症例を対象とした研究は除外しております.

臨床結果に関する研究の方法論的品質はModified Coleman Methodology Scoreを用いて分析しております.

参加者と介入方法には異質性があったため,定量的なメタ分析は行われておりません.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Eight articles were analyzed (3 biomechanical [35 cadavers and 18 healthy subjects]; 5 clinical outcomes studies [537 subjects, 207 arthroscopic iliopsoas tenotomies]). Two in vivo biomechanical studies identified the iliopsoas as an anterior hip stabilizer. One cadaveric study identified the iliopsoas as a femoral head stabilizer at 0o-15o of hip flexion. Two clinical studies demonstrated the role of the iliopsoas as a dynamic hip stabilizer, particularly in patients with increased femoral version (greater than 15˚-25˚). Two studies reported cases of atraumatic anterior hip dislocations after arthroscopic iliopsoas tenotomies.

8件の論文が分析対象となりました.

このうち2つの生体力学的研究により腸腰筋は股関節前方の安定性に寄与することが確認されました.

1つの死体研究では,腸腰筋が股関節の0°~15°屈曲時に大腿骨頭を安定させる働きをしていることが確認されました.

2つの臨床研究では特に股関節屈曲角度が大きい(15˚~25˚以上)症例において,腸腰筋が股関節の動的なスタビライザーとしての役割を果たしていることが示されました.

2つの研究では関節鏡下腸腰筋腱切除術後に非外傷性股関節前方脱臼を起こした症例が報告されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Evidence from biomechanical and clinical studies may suggest that the iliopsoas is a dynamic anterior femoral head stabilizer.

結論としては生体力学的および臨床研究から得られたエビデンスから,腸腰筋が動的な股関節の安定性に寄与していることが示唆されました.

 

今回は腸腰筋は本当に股関節の安定性に寄与するのかどうかを検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

メタアナリシスまでは実施されておりませんが,腸腰筋が股関節の安定性に寄与することを支持する論文がこれほど多くあるのですね.

やはり股関節の不安定性に対しては腸腰筋の果たす役割は大きそうですね.

タイトルとURLをコピーしました