ビッグデータが明らかにした人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症リスクの高い症例の特徴

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビッグデータが明らかにした人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症リスクの高い症例の特徴

人工膝関節全置換術後の合併症として深部静脈血栓症が挙げられます.

深部静脈血栓症は肺血栓塞栓症を引き起こすリスクが高く,致死的な合併症としても知られており,その予防が重要となります.

予防を行ううえでは人工膝関節全置換術例の中でもどういった症例が深部静脈血栓症を引き起こしやすいのかが重要となります.

今回はビッグデータが明らかにした人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症リスクの高い症例の特徴をご紹介させていただきます.

Light, Photoshoot, Bed

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

GeriatrOrthop Surg Rehabil. 2021 Sep 26;12:21514593211043998. doi: 10.1177/21514593211043998. eCollection 2021.

Effect of Comorbidity Burden on the Risk of Venous Thromboembolic Events After Total Knee Arthroplasty

AbiramBala 1, Kingsley Oladeji 1, Derek F Amanatullah 1

Affiliations expand

PMID: 34595047 PMCID: PMC8477692 DOI: 10.1177/21514593211043998

今回ご紹介する論文は2021年9月に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Venous thromboembolic events (VTEs) are common after total knee arthroplasty (TKA). The rate of VTEs has improved with early mobilization, mechanical prophylaxis, and appropriate chemoprophylaxis. The aim of this study was to analyze the contribution of medical comorbidities to the risk of VTE after TKA.

深部静脈血栓症(VTE)は人工膝関節全置換術(TKA)後によくみられる症状であります.

近年,早期離床,機械的予防,適切な化学的予防によって深部静脈血栓症の発生率は改善傾向にあります.

この研究ではTKA後の深部静脈血栓症のリスクに対する内科的併存疾患の影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: Medicare claims from 2005 to 2014 were queried. International Classification of Diseases, Ninth revision (ICD-9), and Current Procedural Terminology codes were used to identify the diagnoses, procedures, and complications. 157,200 primary TKAs were age, sex, and Elixhauser Comorbidity Index (ECI) matched with 157,200 osteoarthritis controls. First instances of deep venous thrombosis (DVT) and pulmonary embolism were tracked at 90 days and 2 years. Odds ratios (ORs), confidence intervals, and P-values (p) were calculated and used to investigate the contribution of comorbidities.

2005年から2014年までのメディケア請求を照会した国際疾病分類第9版(ICD-9),およびCurrent Procedural Terminologyコードを用いて,診断,手技,および合併症を特定した.

157,200例の一次TKAを157,200例の変形性関節症の対照群と年齢,性別,Elixhauser Comorbidity Index(ECI)をマッチさせております.

深部静脈血栓症(DVT)と肺塞栓症の初回発生を90日後と2年後に追跡しております.

オッズ比(OR),信頼区間,P値(p)を算出し,併存疾患の影響を検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: 90 days after TKA or OA diagnosis, comorbidities were associated with 45% of the DVT risk, 38% of the PE risk. 1 in 92 patients would be expected to be diagnosed with VTE after TKA and 1 in 136 patients after only the diagnosis of osteoarthritis. After 90 days, medical comorbidities were associated with 70% of the DVT risk, 68% of the PE risk.

TKAまたは変形性膝関節症の診断から90日後,併存疾患は深部静脈血栓症リスクの45%,肺血栓塞栓症リスクの38%と関連しておりました.

TKA後に深部静脈血栓症と診断されるのは92人に1人,変形性関節症と診断されただけで136人に1人と予測されました.

90日後,内科的併存疾患はDVTリスクの70%,PEリスクの68%と関連しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Nearly 50% of DVTs and 40% of PEs within 90 days of TKA may be related to the baseline health of OA patients. Venous thromboembolic events after TKA are a “never” event according to Center of Medicare and services that appropriate VTE prophylaxis likely cannot be neutralized.

TKA後90日以内のDVTの約50%,PEの約40%は,変形性膝関節症例のベースラインの健康状態と関連している可能性があります.

TKA後の静脈血栓塞栓症は,Center of Medicare and servicesによると,適切な深部静脈血栓症予防策では中和できない可能性が高い「全くない」イベントであります.

 

今回はビッグデータが明らかにした人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症リスクの高い症例の特徴をご紹介させていただきました.

これは157,200例を対象としたデータですので非常に大規模なデータですね.

今回の結果から考えると内科的併存症を合併しているかどうかを見ることが深部静脈血栓症のリスクを考えるうえでは重要ということでしょうね.

内科的併存症を合併している症例に対してはより積極的な予防策を講じることが求められますね.

タイトルとURLをコピーしました