筋力トレーニングだけでも脂肪は燃焼する?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋力トレーニングだけでも脂肪は燃焼する?

減量を目的として理学療法士・作業療法士が運動指導を行うことは多いと思います.

減量を目的とした運動の場合には有酸素運動が効果的であることが知られておりますが,合わせて基礎代謝量を増やすために筋力トレーニングを指導することも多いと思います.

筋力トレーニングによって基礎代謝量が増えて消費エネルギー量が増加するのは理解できますが,筋力トレーニングそのものには脂肪燃焼効果はないのでしょうか?

今回は筋力トレーニングだけでも脂肪は燃焼するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

man in yellow shirt and brown pants using smartphone

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Sports Med. 2021 Sep 18. doi: 10.1007/s40279-021-01562-2. Online ahead of print.

The Effect of Resistance Training in Healthy Adults on Body Fat Percentage, Fat Mass and Visceral Fat: A Systematic Review and Meta-Analysis

Michael A Wewege 1 2, Imtiaz Desai 1, Cameron Honey 1, Brandon Coorie 1, Matthew D Jones 1 2, Briana K Clifford 1, Hayley B Leake 2 3, Amanda D Hagstrom 4

Affiliations expand

PMID: 34536199 DOI: 10.1007/s40279-021-01562-2

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Resistance training is the gold standard exercise mode for accrual of lean muscle mass, but the isolated effect of resistance training on body fat is unknown.

レジスタンストレーニングは除脂肪体重を増加させるために一般的に行われる運動ですが,レジスタンストレーニングの体脂肪燃焼に対する単独の効果は不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: This systematic review and meta-analysis evaluated resistance training for body composition outcomes in healthy adults. Our primary outcome was body fat percentage; secondary outcomes were body fat mass and visceral fat.

このシステマティックレビューおよびメタアナリシスでは,健常成人の体組成に対するレジスタンストレーニングの効果を明らかにすることを目的としております.

なお主要アウトカムは体脂肪率、副次アウトカムは体脂肪量と内臓脂肪となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Systematic review with meta-analysis.

研究デザインはシステマティックレビューとメタアナリシスとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data sources: We searched five electronic databases up to January 2021.

2021年1月までに5つの電子データベースを検索しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

適格性の基準

Eligibility criteria: We included randomised trials that compared full-body resistance training for at least 4 weeks to no-exercise control in healthy adults.

健常成人を対象として,少なくとも4週間のレジスタンストレーニングと運動なしのコントロールを比較した無作為化試験を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

分析方法

Analysis: We assessed study quality with the TESTEX tool and conducted a random-effects meta-analysis, with a subgroup analysis based on measurement type (scan or non-scan) and sex (male or female), and a meta-regression for volume of resistance training and training components.

TESTEXツールで研究の質を評価し,ランダム効果メタ解析を行い,測定タイプと性別(男性か女性か)に基づいたサブグループ解析と,レジスタンストレーニングの量とトレーニングの構成要素に関するメタ回帰を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: From 11,981 records, we included 58 studies in the review, with 54 providing data for a meta-analysis. Mean study quality was 9/15 (range 6-15). Compared to the control, resistance training reduced body fat percentage by – 1.46% (95% confidence interval – 1.78 to – 1.14, p < 0.0001), body fat mass by – 0.55 kg (95% confidence interval – 0.75 to – 0.34, p < 0.0001) and visceral fat by a standardised mean difference of – 0.49 (95% confidence interval – 0.87 to – 0.11, p = 0.0114). Measurement type was a significant moderator in body fat percentage and body fat mass, but sex was not. Training volume and training components were not associated with effect size. Resistance training reduces body fat percentage, body fat mass and visceral fat in healthy adults.

11,981件の論文から,58件の研究をレビューに含め,54件が取込基準に該当しました.

平均的な研究の質は9/15(範囲6~15)でありました.

レジスタンストレーニングは,対照群と比較して体脂肪率を-1.46%(95%信頼区間-1.78~-1.14、p<0.0001),体脂肪量を-0.55kg(95%信頼区間-0.75~-0.34、p<0.0001),内臓脂肪を-0.49(95%信頼区間-0.87~-0.11、p=0.0114)の標準化平均差で減少させました.

測定タイプは体脂肪率と体脂肪量の有意な調整因子でありましたが,性別は関連が見られませんでした.

またトレーニング量とトレーニングの種類は効果の大きさと関連がありませんでした.

レジスタンストレーニングは,健常成人の体脂肪率,体脂肪量,内臓脂肪を減少させることが明らかとなりました.

 

今回は筋力トレーニングだけでも脂肪は燃焼するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると筋力トレーニング単独でも体脂肪を減少させる効果があるということになりますね.

これは理学療法士・作業療法士が原力を目的とした運動指導を行ううえでも生かせる結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました