そういえば老後2000万円問題ってどうなったの?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そういえば老後2000万円問題ってどうなったの?

数年前に老後2000万円問題が話題となりました.

この2000万円問題をきっかけに老後に向けて投資をはじめた理学療法士・作業療法士も多かったと思います.

しかしながら最近この2000万円問題って耳にしなくなりましたよね?

今回は老後2000万円問題ってどうなったのかについて考えてみたいと思います.

Dollars, Currency, Money, Us Dollars, Franklin

 

 

 

 

 

 

老後2000万円問題とは?

老後2000万円問題というのは2019年に金融庁が老後の2000万円が不足すると報告したのがきっかけとなりました.

多くのマスメディアでも取り上げられましたし,SNSでも話題になりましたね.

多くの理学療法士・作業療法士が焦ったと思います…

 

 

 

 

 

 

 

 

老後2000万円問題の根拠

実は老後2000万円問題の根拠は2017年の総務省家計調査にあります.

高齢夫婦の1世帯当たりの1か月間の平均収入と支出に55,000円の差(マイナス)があることが分かったのです.

この55,000円のマイナスが30年続けば,約2000万円が不足するといったことが分かったのです.

これが老後2000万円問題の元々の根拠になります.

こういった根拠を知らずに2000万円という数字だけが独り歩きしたところがありますけどね…

 

 

 

 

 

 

 

 

最新のデータによると

上述したように2000万円の根拠は2017年の家計調査の結果に基づくものでした.

今は2020年の結果が既に報告されておりますが,2020年の調査結果では,高齢夫婦の1世帯当たりの1か月間の平均収入と支出の1500円の差(マイナス)だったのです.

2017年と2020年のでは全く違う結果になったわけです.

2020年の結果から試算すると不足するのは55万となります.

2000万円問題が55万円問題になるわけです.

調査年度が違うだけでここまで違うわけですが,やはり単年のデータでモノを言うのは危険だなということを感じるわけです.

 

 

 

 

 

 

 

老後2000万問題は解決した?

では老後2000万問題は解決したといえるのでしょうか?

そんな簡単ではありませんよね?

退職金や年金が減ることが予測されますし,インフレ対策を考えるとやはり老後資金対策は必須です.

ただ2000万円という数字はある年度の無職の高齢世帯の平均から導き出されたものに過ぎないので参考程度にした方がよいでしょう.

 

今回は老後2000万円問題ってどうなったのかについて考えてみました.

2000万円という数字にどこまで意味があるかは分かりませんが,理学療法士・作業療法士も老後に向けて準備をしておく必要があるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました