結局のところ高齢者の転倒予測に有効なパフォーマンステストって何なの?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

結局のところ高齢者の転倒予測に有効なパフォーマンステストって何なの?

理学療法士・作業療法士が高齢者の易転倒性を評価するためにさまざまな評価をされると思います.

ただこういったパフォーマンステストってTimed up & Go testとか片脚起立時間とかさまざまなテストが用いられており,どのテストを用いるのが良いのかわからないって方が多いのではないでしょうか?

今回は高齢者の転倒予測に有効なパフォーマンステストを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Man, Fall, Action, Falling, Falling Down, Adult

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Phys Ther. 2021 Oct 1;101(10):pzab173. doi: 10.1093/ptj/pzab173.

Functional Reach Test, Single-Leg Stance Test, and Tinetti Performance-Oriented Mobility Assessment for the Prediction of Falls in Older Adults: A Systematic Review

Humberto Omaña 1, Kari Bezaire 2, Kyla Brady 2, Jayme Davies 2, Nancy Louwagie 2, Sean Power 2, Sydney Santin 2, Susan W Hunter 1 2

Affiliations expand

PMID: 34244801 DOI: 10.1093/ptj/pzab173

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The authors sought to systematically review the existing literature on the falls-related diagnostic test properties of the Functional Reach Test (FRT), single-leg stance test (SLST), and Tinetti Performance-Oriented Mobility Assessment (POMA) in older adults across settings and patient populations.

この研究では高齢者におけるFunctional Reach Test(FRT),Single-leg Stance Test(SLST;片脚起立テスト),Tinetti Performance-Oriented Mobility Assessment(POMA)の転倒関連診断テスト特性に関する既存文献を,環境や患者集団を超えて体系的にレビューすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The PubMed, EMBASE, and CINAHL databases were searched (inception-July 2020). Inclusion criteria were participants aged 60 years or more, prospectively recorded falls, and the reporting of falls-related predictive validity. Manuscripts not published in English were excluded. Methodological quality of reporting was assessed using the Tooth Scale.

PubMed,EMBASE,CINAHLのデータベースを検索しております(開始~2020年7月).

取込基準は,対象が60歳以上の者を対象としている研究で,前方視的に記録された転倒,および転倒に関連した予測有効性の報告となっております.

英語で発表されていない論文は対象から除外しております.

報告の方法論的品質はTooth Scaleを用いて評価が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Of 1071 studies reviewed, 21 met the inclusion criteria (12 POMA, 8 FRT, 6 SLST). Seven studies (58.3%) used a modified version of the POMA, and 3 (37.5%) used a modified FRT. For the outcome of any fall, the respective ranges of sensitivity and specificity were 0.076 to 0.615 and 0.695 to 0.97 for the POMA, 0.27 to 0.70 and 0.52 to 0.83 for the modified POMA, 0.73 and 0.88 for the FRT, 0.47 to 0.682 and 0.59 to 0.788 for the modified FRT, and 0.51 and 0.61 for the SLST in community-dwelling older adults. For the SLST, the sensitivity and specificity for recurrent falls in the community-dwelling setting were 0.33 and 0.712, respectively.

1071件のレビューのうち,21件が取込基準を満たしておりました(POMA 12件,FRT 8件,片脚起立テスト6件).

7件(58.3%)の研究がPOMAの修正版を使用し,3件(37.5%)の研究がFRTの修正版を使用しておりました.

地域在住高齢者を対象とした場合には,いずれかの転倒というアウトカムに対する感度と特異度のそれぞれの範囲は,POMAでは0.076~0.615および0.695~0.97,修正POMAでは0.27~0.70および0.52~0.83,FRTでは0.73および0.88,修正FRTでは0.47~0.682および0.59~0.788,片脚起立テストでは0.51および0.61でありました.

片脚起立テストでは地域在住高齢者の転倒再発の感度と特異度はそれぞれ0.33と0.712でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: All the clinical tests of balance demonstrated an overall low diagnostic accuracy and a consistent inability to correctly identify fallers. None of these tests individually are able to predict future falls in older adults. Future research should develop a better understanding of the role that clinical tests of balance play in the comprehensive assessment of falls risk in older adults.

臨床的なバランス検査はいずれも診断精度が低く,転倒者を正しく特定することができないことが明らかとなりました.

これらの検査単独ではいずれも高齢者の将来の転倒を予測することはできないと考えられます.

今後の研究では高齢者の転倒リスクを総合的に評価する際に,臨床的なバランス検査が果たす役割についてより深く理解する必要があります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の影響

Impact: Neither the FRT, SLST, nor POMA alone shows consistent evidence of being able to correctly identify fallers across fall types, settings, or older adult subpopulations. These clinical tests of balance cannot substitute a comprehensive falls risk assessment and thus should be incorporated in practice solely to identify and track balance impairment in older adults.

FRT,片脚起立テスト,POMAのいずれも単独では,転倒の種類,環境,高齢者のレベルにかかわらず,転倒者を正しく識別できるという一貫した証拠を示していないことが明らかとなりました.

これらの臨床的なバランステストは,包括的な転倒リスク評価に代わるものではなく,高齢者のバランス障害を特定し追跡するためにのみ実践に取り入れるべきであります.

 

今回は高齢者の転倒予測に有効なパフォーマンステストを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士がやりがちですが,パフォーマンステストのみで転倒予測をするというのはやはり難しいようです.

こういったパフォーマンステストはあくまで易転倒性を考えるうえでの一つの判断材料であるといった認識が必要でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました