人工股関節全置換術(THA)例の術中の股関節外旋可動域が靴下着脱動作・爪切り動作と関連

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工股関節全置換術(THA)例の術中の股関節外旋可動域が靴下着脱動作・爪切り動作と関連

人工股関節全置換術後の日常生活動作の中で獲得が困難な動作として靴下着脱動作や爪切り動作が挙げられます.

特に股関節の可動域制限が高度な症例においては靴下着脱動作の獲得が難しい場合が多いです.

今回は人工股関節全置換術(THA)例の術中の股関節外旋可動域が靴下着脱動作・爪切り動作との関連を示した研究論文をご紹介させていただきます.

Socks, Wool, Knitting Clothing, Wool Socks, Winter

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Sci. 2021 Jul 7;S0949-2658(21)00199-8. doi: 10.1016/j.jos.2021.06.005. Online ahead of print.

The intraoperative hip range of motion in total hip arthroplasty predicts postoperative patient’s satisfaction for cutting toenails and putting on sock

Hidetatsu Tanaka 1, Norikazu Yamada 2, Hiroaki Kurishima 3, Yu Mori 3, Takashi Sakamoto 2, Masamizu Oyama 2

Affiliations expand

PMID: 34246529 DOI: 10.1016/j.jos.2021.06.005

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Restricted hip range of motion (ROM) has been proposed as a useful diagnostic tool for osteoarthritis. The relations between the intraoperative hip ROM under anesthesia in total hip arthroplasty (THA) and recovery of clinical mobility outcomes were unclear. This study evaluated the association between the intraoperative hip ROM under anesthesia in THA and the postoperative recovery of clinical mobility, including cutting toenails and putting on socks after THA.

股関節の可動域制限は,変形性関節症の診断に有用であると提唱されております.

人工股関節全置換術(THA)における麻酔下での術中股関節ROMと臨床な動作回復との関連は不明であります.

この研究では,THAにおける麻酔下での股関節ROMと,THA後の爪切り動作および靴下着脱動作の回復との関連を評価するkとを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The study was performed as a prospective cohort study and included 93 hips in 85 patients who underwent primary anterior-based muscle-sparing THA in the supine position. The hip ROM was evaluated under anesthesia before skin incision and intraoperative stability test. The Japanese Orthopaedic Association Hip-Disease Evaluation Questionnaire (JHEQ) was evaluated. A questionnaire on whether and how patients could cut toenails and putting on socks was assessed. The relationship between hip ROM at intraoperative stability tests and JHEQ moving score, cutting toenails, and putting on socks scores were evaluated statistically.

この研究は前向きコホート研究として実施されております.

仰臥位での初回前方アプローチによる温存型THAを行った85例93股関節を対象としております.

皮膚切開前の麻酔下で股関節ROMを評価し,術中の安定性テストを評価しております.

日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)を評価した.

また足趾の爪切り動作,靴下着脱動作などの質問項目を評価しております.

術中の安定性テストにおける股関節ROMとJHEQ移動スコア,足趾の爪切り動作,靴下着脱動作との関連性について統計学的に評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: We observed a week positive correlation between intraoperative hip ROM and the total of JHEQ mobility score. A moderate positive correlation was observed between external rotation angle with flexion 90°and cutting toenails and putting on socks score oh JHEQ. 94.6% and 96.8% of the patients could cut their toenails and putting on socks by themselves after surgery. The optimum cutoff range for high patient satisfaction for putting on socks and cutting toenails was 110° for flexion and 35°-40° for the external rotation angle in the intraoperative stability test.

術中の股関節ROMとJHEQ移動スコアの合計値との間には,正の相関が認められました.

また屈曲90°における股関節外旋角度とJHEQの爪切り・靴下着脱のスコアには中等度の正の相関が認められました.

術後に足趾の爪切りをしたり靴下着脱動作が可能な症例はそれぞれ94.6%と96.8%でありました.

靴下の履き方と足の爪の切り方について,患者の満足度が高いと思われる最適なカットオフ範囲は,術中安定性テストにおける屈曲角度が110°,外旋角度が35°~40°でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Hip ROM during intraoperative stability testing, especially the external rotation angle can predict postoperative outcomes and patient satisfaction for cutting toenails and putting on socks. We suggested that the capsule or capsular ligament release around the hip was increased to provide sufficient ROM without compromising stability.

術中安定性テストにおける股関節ROM,特に外旋角度から,足趾の爪切り動作や靴下着脱動作獲得といった術後成績や患者満足度を予測することができることが示されました.

安定性を損なわずに十分なROMを得るためには,股関節関節包または腱・靭帯のリリースを増やすことを提案したい.

 

今回は人工股関節全置換術(THA)例の術中の股関節外旋可動域が靴下着脱動作・爪切り動作との関連を示した研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えると術中の外旋可動域を把握することが非常に重要です.

またステムが過度に前捻している症例では外旋可動域の獲得が難しくなることが予測されますので,靴下着脱動作や爪切り動作の獲得が阻害される可能性が考えられます.

タイトルとURLをコピーしました