パート理学療法士・作業療法士必見の扶養の知識

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パート理学療法士・作業療法士必見の扶養の知識

理学療法士・作業療法士の働き方も多様化しておりパート勤務で働く理学療法士・作業療法士も増えていると思います

パートで勤務する理学療法士・作業療法士の場合には扶養に入っている方も少なくないと思います.

でもそもそも扶養についてきちんと理解されていますか?

今回はパート理学療法士・作業療法士必見の扶養の知識についてご紹介させていただきます.

1 U.S.A dollar banknotes

 

 

 

 

 

 

 

そもそも扶養とは?

扶養というのは生活を維持するのに経済的な助けを必要とする人を援助する行為を指します.

扶養されると本人の収入によって税金と社会保険が優遇されます.

扶養と言えば考えておかなければならないのが〇万円の壁です.

ここからは理学療法士・作業療法士も知っておきたい〇万円の壁についてご紹介させていただきます.

 

年収100万円の壁

年収100万円未満だと税金も社会保険料もかかりません.

ただ年収100万円を超えると住民税が発生します.

自治体によっては年収100万円未満でも住民税が発生することがありますので事前に確認が必要です.

 

年収103万円の壁

年収103万円を超えると住民税に加えて所得税が発生します.

その際の税率は5%です.

 

年収106万円の壁

年収106万円を超え,かつ下記の条件を満たす場合には世帯主の扶養を抜けて本人が社会保険に加入する必要があります.

 

週20時間以上の勤務

月額賃金8.8万円以上

勤務期間1年以上見込み

学生ではない

従業員501人以上の医療機関で勤務

 

年収130万円の壁

世帯主の社会保険の扶養から外れます.

そのため大幅に手取り収入が減ります.

給与から差し引かれる額が大幅に増えます.

理学療法士・作業療法士の場合にも見込み年収が130万円前後になるなら超えないように調整するのが理想ですね.

 

年収150万円の壁

世帯主の配偶者特別控除が満額の38万円から段階的に減っていきます.

配偶者特別控除というのは配偶者の年収によって世帯主の所得の課税対象を免除してくれえる制度です.

年収が150万円を超えると世帯主の税負担が増えるということです.

 

 

 

 

 

 

 

 

扶養の壁のまとめ

年収100万円以上:住民税

年収103万円以上:住民税+所得税

年収106万円以上:住民税+所得税+社会保険(条件付き)

年収130万円以上:住民税+所得税+社会保険

年収150万円以上:住民税+所得税+社会保険+配偶者特別控除減

 

今回はパート理学療法士・作業療法士必見の扶養の知識についてご紹介させていただきました.

ちょっと難しい話だったかもしれませんが働きたい時間や稼ぎたい金額に応じて年収を何万円以下にするのかを考えておくことが重要ですね.

 

タイトルとURLをコピーしました