理学療法士・作業療法士のお金が貯まる黄金の家計比率

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士のお金が貯まる黄金の家計比率

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円です.

子供ができるとこの406万円で生活するのって簡単ではありません.

お金を効率よく貯めるにはちょっとした工夫が必要です.

そこで重要なのがすぐに実践できてかつ貯蓄のためにも覚えておきたい50/30/20ルールです.

この50/30/20ルールはエリザベスウォーレン氏が提唱したルールですが細かすぎず大雑把でもないのでとても使いやすいルールです.

今回は理学療法士・作業療法士のお金が貯まる黄金の家計比率についてご紹介させていただきます.

Dollars, Currency, Money, Us Dollars, Franklin

 

 

 

 

 

 

50/30/20ルールとは

 

50%:生活必需品

30%:贅沢品

20%:貯蓄

 

これが50/30/20ルールです.

この管理法の良いところは細かすぎないところです.

特に貯蓄額が決められない理学療法士・作業療法士はまずこれを参考にするとよいですね.

 

 

 

 

 

 

 

50%に含まれるもの

50%に含まれるものには以下のようなものが挙げられます.

 

食費

住居費

公共料金

自動車ローン

 

手取りが20万円であれば10万円が目安となります.

生活に必須な費用なので削ることが難しい場合が多いので,これを目安に自動車ローンを組んだり支払える家賃や住宅ローンを逆算するとよいですね.

 

 

 

 

 

 

 

30%に含まれるもの

30%に含まれるものには以下のようなものが挙げられます.

 

外食

買物

趣味

 

もしかしたら30%も使っていいのかと思った方も多いかもしれません.

ここについてはまた後で説明を加えます.

 

 

 

 

 

 

 

20%に含まれるもの

20%に含まれるものとして以下のようなものが挙げられます.

 

貯蓄

投資

 

できれば手取りの20%は貯蓄や投資に回したいですよね.

 

 

 

 

 

 

 

 

もし生活費が50%を超えたら

ただ急な出費で生活費が50%を超える場合にはどうすればよいでしょうか?

基本的には30%の贅沢品で調整することとなります.

是が非でも貯蓄の20%は死守することが重要となります.

この50/30/20ルールでは手取りの20%が必然的に貯蓄に回る仕組みを作ることが重要なわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の手取りで目安を確認

手取り15万円

50%:生活必需品⇒7.5万円

30%:贅沢品⇒4.5万円

20%:貯蓄⇒3万円

 

手取り20万円

50%:生活必需品⇒10万円

30%:贅沢品⇒6万円

20%:貯蓄⇒4万円

 

手取り25万円

50%:生活必需品⇒12.5万円

30%:贅沢品⇒7.5万円

20%:貯蓄⇒5万円

 

手取り30万円

50%:生活必需品⇒15万円

30%:贅沢品⇒9万円

20%:貯蓄⇒6万円

 

こんな感じです.

 

今回は理学療法士・作業療法士のお金が貯まる黄金の家計比率についてご紹介させていただきます.

家賃や自動車ローンを決めるときの参考にしてみてはいかがでしょうか?

生活費が50%を超えるようであれば家賃や自動車ローンを見直した方が良いでしょうね.

お金が貯まらない人はこのルール作りができていない場合が多いです.

理学療法士・作業療法士の皆様も50/30/20ルールを有効に活用してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました