筋力トレーニング前の静的・動的ストレッチングは筋力増強効果を減少させるのか?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋力トレーニング前の静的・動的ストレッチングは筋力増強効果を減少させるのか?

静的ストレッチングが筋出力発揮を低下させることはよく知られている話です.

そのため動的ストレッチングなんかが行われるわけですが,筋力トレーニング前に静的ストレッチングや動的ストレッチングを行うと筋力トレーニング効果が減少してしまうのでしょうか?

今回は筋力トレーニング前の静的・動的ストレッチングは筋力増強効果を減少させるのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman sitting on white bed while stretching

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Strength Cond Res. 2019 Sep 17. doi: 10.1519/JSC.0000000000003283. Online ahead of print.

Effects of Static and Dynamic Stretching Performed Before Resistance Training on Muscle Adaptations in Untrained Men

João B Ferreira-Júnior 1, Ricardo P C Benine 1, Suene F N Chaves 1, Diego A Borba 2, Hugo C Martins-Costa 3, Eduardo D S Freitas 4, Michael G Bemben 4, Carlos A Vieira 5, MartimBottaro 6

Affiliations expand

PMID: 31567839 DOI: 10.1519/JSC.0000000000003283

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

This study evaluated the effects of dynamic and static stretching (SS) performed before resistance training on biceps femoris hypertrophy and knee flexor strength gains in untrained young men.

この研究ではレジスタンストレーニングの前に実施した動的および静的ストレッチ(SS)が,トレーニングをしていない若い男性の大腿二頭筋の肥大と膝屈筋の筋力向上に及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Forty-five untrained young men (age, 21.2 ± 0.5 years; mass, 72.2 ± 5.6 kg; height, 178 ± 1 cm) were randomly assigned to 1 of the 3 groups: (a) 80 seconds of SS (n = 14); (b) 80 seconds of dynamic stretching (DS, n = 13); or (c) control group (CON, n = 18) in which subjects performed no stretching before exercise. Both SS and DS were performed before resistance exercise. Resistance training consisted of 4 sets of 8-12 repetition maximum of seated leg curl exercise 2 days per week for 8 weeks, with a period of at least 48 hours between sessions. Unilateral biceps femoris muscle thickness (MT) and maximal isometric strength (MIS) of the knee flexors were measured 1 week before training and 1 week after the last training session.

日常的にトレーニングを行っていない若年男性45名(年齢,21.2±0.5歳,質量,72.2±5.6kg,身長,178±1cm)を,3つのグループに無作為に割り付けております.

(a)80秒のSS(n=14)

(b)80秒のダイナミックストレッチ(DS)(n=13)

(c)運動前にストレッチを行わない対照群(CON,n=18)

の3群に無作為に割り付けております.

静的ストレッチングと動的ストレッチングは,いずれもレジスタンストレーニングの前に実施しております.

レジスタンストレーニングは,シーテッドレッグカール運動を最大8~12回×4セットを週2日,8週間行い,セッション間には少なくとも48時間の期間を設けております.

片側の大腿二頭筋の筋肉の厚さ(MT)と膝関節屈筋の最大等尺性筋力(MIS)をトレーニングの1週間前と最後のトレーニングセッションの1週間後に測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

There were significant increases in MIS (SS = 13.9 ± 10.3 kgf; DS = 10.2 ± 13.1 kgf; CON = 12.7 ± 7.6 kgf; p < 0.05) and MT (SS = 6.0 ± 3.5 mm; DS = 6.7 ± 4.1 mm; CON = 5.7 ± 3.0 mm; p < 0.05) with no significant differences across groups (p > 0.05). Additionally, all groups demonstrated moderate effect sizes for MIS (1.27-1.4), and DS was the only group that had a large effect size for MT increases (DS = 2.18; SS = 1.35; CON = 0.92).

最大等尺性筋力(SS = 13.9 ± 10.3 kgf; DS = 10.2 ± 13.1 kgf; CON = 12.7 ± 7.6 kgf; p < 0.05)と筋厚(SS = 6.0 ± 3.5 mm; DS = 6.7 ± 4.1 mm; CON = 5.7 ± 3.0 mm; p < 0.05)には有意な増加が見られておりますが,グループ間での有意差はありませんでした.

さらに最大等尺性筋力についてはすべてのグループが中程度の効果量を示し(1.27~1.4),筋厚の増加については動的ストレッチングが唯一大きな効果量を示しました(DS=2.18、SS=1.35、CON=0.92).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

In conclusion, 80 seconds of SS and DS did not induce any additional muscular adaptations to resistance training in untrained young men.

トレーニングを行っていない若年男性において,80秒間の静的ストレッチングおよび動的ストレッチングはレジスタンストレーニングに対する筋力トレーニングの効果を減少させないことが明らかとなりました.

 

今回は筋力トレーニング前の静的・動的ストレッチングは筋力増強効果を減少させるのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

ストレッチングを行うことで一時的に筋力発揮が低下したとしても,それそのものがトレーニング効果に影響を及ぼすわけではないという結果ですね.

この結果は理学療法士・作業療法士にとっても非常に意味のある結果ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました