理学療法士・作業療法士が今すぐやらなきゃ損するもの

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が今すぐやらなきゃ損するもの

理学療法士・作業療法士をはじめとする医療従事者はマネーリテラシーが低い職業として知られております.

そのため知らずに損をしていることって多いと思います.

専門的な知識はもちろん専門職として重要ですが,生きるために最低限のお金に関する知識を持っておきたいですよね.

今回は理学療法士・作業療法士が今すぐやらなきゃ損するものについて考えてみたいと思います.

man holding banknote

 

 

 

 

 

 

 

ふるさと納税

ふるさと納税ってよく耳にはするものの一歩踏み出せないという理学療法士・作業療法士が多いのではないでしょうか?

カニ・和牛を食べながら納税できるなんて仕組みです.

サラリーマンの理学療法士・作業療法士ならやらなきゃ損です.

上限額さえきちんと把握しておけば100%お得です.

 

 

 

 

 

 

 

 

積み立てNISA

これも老後資金をためるためには必須ですね.

少額,少リスクで始められるというのはありがたいですよね.

もちろん積み立てNISAの場合には100%損をしないとは言えませんが後回しにするほどもったいないです.

早く始めた者勝ちです.

最近は手続きも簡単になりましたしね.

 

 

 

 

 

 

 

 

先取貯金

これは最もリスクが少ないです.

給与の10%~20%を先に貯金するというものです.

収入から支出を引いた金額を貯蓄するのではなくて,収入から貯蓄を引いた額を支出に充てるといった考え方が重要です.

若いうちにこういった考え方やお金の使い方を身に着けられればお金は貯まる一方です.

 

 

 

 

 

 

 

家計簿をつける

お金が貯まらない理学療法士・作業療法士に多いのがそもそも支出を全く把握していないケースです.

整理してみると自分がどれだけお金を使っていて,無駄な支出がどれだけあるかがはっきりします.

一番初めに手を付けるべきなのも家計簿でしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

固定費の見直し

副業でお金を稼ぐよりもっと簡単にできるのが固定費の見直しです.

スマホ,保険料なんかは見直すだけで年間10万円はういたなんてケースも少なくありません.

こういった固定費の見直しでできた資金を積み立てNISAに回せばよいわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己投資

株式,給与,貯金,これらはすべて減る可能性があります.

しかしながら自分自身が身に着けた知識やスキル,経験というのは目減りすることはありません.

そのうえ非課税です.

特に20代は自己投資を惜しまないことが重要です.

理学療法士・作業療法士としての自分こそ,最大リターンの投資対象であることを忘れずにしたいですね.

 

今回は理学療法士・作業療法士が今すぐやらなきゃ損するものについて考えてみました.

今の時代,知らないうちに損していることってたくさんありますよね.

平均年収が低い理学療法士・作業療法士だからこそ,早く動いて損しないようにしましょうね.

タイトルとURLをコピーしました