THAが外来で行われる時代が来る?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

THAが外来で行われる時代が来る?

最近の人工関節手術の入院期間の短縮はすごいですね.

医療機関によっては3日のクリニカルパスなんてのもあります.

全国的に低侵襲手術の登場によって在院期間は短縮傾向にあります.

今回はTHAが外来で行われる時代が来る可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Surgery, Hospital, Medical Professionals, Doctor

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Surg Technol Int. 2021 Oct 13;39:sti39/1490. Online ahead of print.

Outpatient Primary Total Hip Arthroplasty Is a Safe Alternative to Inpatient Primary Total Hip Arthroplasty: A Matched-Cohort Analysis Study

Mitchell K Ng 1, Ivan J Golub 1, Nicolas S Piuzzi 2, Afshin Razi 1, Che Hang Jason Wong 1, Michael A Mont 3 4

Affiliations expand

PMID: 34647312

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Introduction: Outpatient primary total hip arthroplasty (THA) accounts for approximately 8% of all total hip arthroplasties (THA) performed annually in the United States. As of 2020, Medicare removed THA from its inpatient-only list, allowing reimbursement as an outpatient procedure. This study aimed to determine whether outpatient primary THA is a potential alternative to inpatient procedures by assessing: 1) 90-day postoperative complications; 2) readmission rates; and 3) total costs of care.

外来における初回人工股関節置換術(THA)は,米国で年間に行われる人工股関節全置換術(THA)の約8%を占めています.

2020年以降,メディケアはTHAを入院患者専用のリストから外し,外来患者の手技としての償還を認めております.

この研究では外来における初回THAが入院治療に代わる可能性があるかどうかを評価することを目的としております.

90日後の合併症,再入院率,総医療費をアウトカムとしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: Using a national database, a matched case-control study was conducted of primary THAs performed between January 1, 2008 and March 31, 2018. Outpatient primary THAs were identified (n=10,463) and matched in a 1:5 ratio to inpatient primary THAs (n=52,306) for age, sex, and comorbidities. Outcomes assessed were 90-day medical complications, readmissions, and associated total costs of care. Baseline demographics were compared using Pearson’s chi-squared analyses, with multivariate logistic regressions to calculate odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs).

米国のデータベースを用いて,2008年1月1日から2018年3月31日の間に行われた初回THAを対象にマッチドケースコントロール研究を行っております.

外来患者の初回THAを特定し(n=10,463),入院患者の一次THA(n=52,306)と1:5の比率で年齢・性別・併存疾患をマッチさせております.

アウトカムは90日間の合併症,再入院,関連する総医療費としております.

ベースラインの基礎的情報をPearsonのカイ二乗解析で比較し,多変量ロジスティック回帰でオッズ比(OR)と95%信頼区間(CI)を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Patients undergoing outpatient THA had fewer 90-day complications (9.3 vs. 11.9%; OR: 0.80, 95% CI: 0.74 to 0.87, p<0.0001) relative to the inpatient cohort. Ninety-day readmission rates between outpatient and inpatient THAs were similar (4.1 vs. 4.8%; OR: 0.92, 95% CI: 0.83 to 1.03, p=0.166). Ninety-day costs were significantly lower for the outpatient cohort ($2,650.00 vs. $19,299.00, p<0.0001).

外来でTHAを受けた症例は入院で手術を行った症例に比べて90日目の合併症が少ない結果でありました.

外来と入院のTHAによる90日間の再入院率は同程度でありました.

90日間の費用は外来の症例で有意に低い結果でした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our study includes a large sample size of outpatient primary THAs and is the first to provide data quantifying cost differences relative to inpatient THAs. Our results suggest, in certain populations, that outpatient primary THAs are a safe alternative to inpatient procedures with the potential to decrease healthcare costs.

外来における初回THAのサンプルサイズが大きく,入院におけるTHAと比較したコストの違いを定量化したデータを提供したのはこの研究が初めてです.

この結果は特定の集団においては,外来における初回THAは,入院患者による手術に代わる安全な手段であり,医療費を削減できる可能性があることを示唆しております.

 

今回はTHAが外来で行われる時代が来る可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

合併症が外来の症例の方が低いというのは驚きですね.

日本とは医療制度が異なるとはいえ将来的には日本でも外来手術となる日が来るのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました