脳卒中症例に対する後進歩行の効果

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中症例に対する後進歩行の効果

脳卒中症例に対してはさまざまなアプローチが行われます.

歩行に対するアプローチの中で後進歩行によるアプローチが挙げられます.

パーキンソン症例に対する後進歩行による介入は有名ですね.

今回は脳卒中症例に対する後進歩行の効果を検討した研究論文をご紹介させていただきます.

Arrows, Arrow, Road, Destination, Traffic, Direction

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Meta-Analysis Medicine (Baltimore). 2020 Jul 2;99(27):e20731. doi: 10.1097/MD.0000000000020731.

Effectiveness of backward walking for people affected by stroke: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials

Ze-Hua Chen 1, Xiang-Ling Ye 1, Wei-Jian Chen 1, Guo-Qian Chen 1, Jia-Tao Wu 1, Huai Wu 2, Xue-Meng Xu 1 2

Affiliations expand

PMID: 32629648 PMCID: PMC7337570 DOI: 10.1097/MD.0000000000020731

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Backward walking (BW) training is increasingly used in rehabilitation for stroke, but relevant evidence remains unclear.

脳卒中症例に対するリハビリテーションにおいて,後方歩行(BW)トレーニングを行うことが多くなっておりますが,関連するエビデンスはまだ明らかにされておりません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To determine the effect of BW training on patients with stroke.

この研究では脳卒中症例に対する後進歩行トレーニングの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A keyword search was conducted in PubMed, EMBASE, CINAHL, and China National Knowledge Infrastructure database for articles published until November, 2019. Two investigators screened the articles and extract data from each included study. Meta-analysis was performed to estimate the effect of BW on stroke. In addition, the quality of evidence was evaluated by GRADE (grading of recommendations, assessment, development, and evaluation; version:3.6) approach.

PubMed,EMBASE,CINAHL,China National Knowledge Infrastructureデータベースでキーワード検索を行い,2019年11月までに発表された論文を検索しております.

2名の調査員が記事をスクリーニングし,含まれる各研究からデータを抽出しております.

メタアナリシスを行い,後進歩行トレーニングによる脳卒中症例に対する効果を推定しております.

またGRADE(Grading of recommendations, assessment, development, and evaluation; version:3.6)アプローチによりエビデンスの質を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of ten studies were included according to the inclusion and exclusion criteria in the review. All included studies described some positive influences of BW on stroke relative to the control group (forward walking or conventional treatment). Compared to control group, there is a statistically significant improvement for BW group in gait velocity (mean difference [MD] = 6.87, 95%CI: [1.40, 12.33], P = .01, I = 3%), Berg balance score (MD =3.82, 95%CI: [2.12, 5.52], P < .0001, I = 0%), and walk test (MD =0.11, 95%CI: [0.02, 0.20], P = .02, I = 36%).

レビューの包含基準と除外基準によって合計10件の研究を対象としております.

収録されたすべての研究は対照群(前方歩行または従来の治療)と比較して,後進歩行トレーニングの脳卒中症例に対する何らかのポジティブな影響が報告されておりました.

対照群と比較して後進歩行トレーニングを行った群では歩行速度(平均差[MD]=6.87,95%CI: [1.40, 12.33] ,P = 0.01,I = 3%),Bergバランススコア(MD =3.82,95%CI: [2.12, 5.52] ,P < 0.0001,I = 0%),歩行テスト(MD =0.11,95%CI: [0.02, 0.20] ,P = 0.02,I = 36%)に統計的に有意な改善が見られました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: For patients with stroke, BW training, as an adjunct an adjunct to conventional treatment, can improve Berg balance score (moderate evidence), walk test performance (very low evidence), gait velocity (very low evidence). More large-scale and high-quality studies are warranted.

脳卒中症例に対して従来の治療の補助として後進歩行トレーニングを行うことで,Bergバランススコア(中程度のエビデンス),歩行テストのパフォーマンス(非常に低いエビデンス),歩行速度(非常に低いエビデンス)を改善することができることが示されました.

今後はより大規模で質の高い研究が望まれます.

 

今回は脳卒中症例に対する後進歩行の効果を検討した研究論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士としてはその効果機序が気になるところですが,歩行トレーニングの1つの引き出しとして後進歩行トレーニングを取り入れてみるとよいかもしれませんね.

 

タイトルとURLをコピーしました