FAI症例に対する体幹トレーニングの有効性

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FAI症例に対する体幹トレーニングの有効性

近年,股関節痛を引き起こす疾病の中で注目されているのが大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)という概念です.

FAIの原因としては寛骨臼や大腿骨の形態異常が挙げられますが,骨盤の過度な前傾運動がインピンジメントの原因の1つと考えられております.

そのため骨盤の過剰な運動をコントロールすることが重要となりますので,体幹機能に着目したトレーニングが求められます.

今回はFAI症例に対する体幹トレーニングの有効性を検討した研究論文をご紹介させていただきます.

Plank, Fitness, Muscular, Exercising, Girl, Shape

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial Clin J Sport Med

. 2019 Jul;29(4):267-275. doi: 10.1097/JSM.0000000000000516.

A Prospective, Randomized, Controlled Trial Comparing Conservative Treatment With Trunk Stabilization Exercise to Standard Hip Muscle Exercise for Treating Femoroacetabular Impingement: A Pilot Study

Michihisa Aoyama 1, Yasuo Ohnishi 2, Hajime Utsunomiya 2, Shiho Kanezaki 2, Hiroki Takeuchi 1, Makoto Watanuki 1, Dean K Matsuda 3, Soshi Uchida 2

Affiliations expand

PMID: 31241527 PMCID: PMC6613832 DOI: 10.1097/JSM.0000000000000516

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To assess the efficacy of conservative management of women with femoroacetabular impingement (FAI) using trunk stabilization.

この研究では大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)を有する女性を対処として,体幹の安定化トレーニングの有効性を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Randomized controlled trial (level of evidence: I).

研究デザインは無作為化比較試験となっております.

 

 

 

 

 

 

研究対象

Subjects: Twenty FAI female patients who met the inclusion FAI criteria.

対象はFAIの基準を満たした女性20例となっております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A prospective, randomized, controlled study was performed on 20 female patients with symptomatic FAI comprising 2 groups (10 hips in trunk stabilization exercise group vs 10 hips in control group). We evaluated hip range of motion, isometric muscle strength using a handheld dynamometer (μ-TasMF-01; Anima, Co), and patient-reported outcome measures, including modified Harris hip score, Vail hip score, and international hip outcome tool 12 (iHOT12) before and at 4 weeks and 8 weeks after the intervention.

症状のあるFAI女性20例を対象として,2群(体幹安定化運動群10股関節,対照群10股関節)に分けて,前向き無作為化対照試験を実施しております.

股関節可動域,ハンドヘルドダイナモメーター(μ-TasMF-01; Anima, Co)を用いた等尺性筋力,および介入前,介入4週間後,8週間後にmodified Harris hip score,Vail hip score,international hip outcome tool 12(iHOT12)などの患者報告式アウトカムを評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: There was a significant improvement in the range of motion of hip flexion in the trunk training group detected as early as 4 weeks after the intervention compared with the control group (P < 0.05). Hip abductor strength significantly improved in the trunk training group at 4 weeks after the intervention, whereas it did not improve in the control group (P < 0.05). Vail hip score and iHOT12 were significantly increased at 8 weeks after the intervention in the trunk training group compared with the control group (iHOT12: 78.7 ± 22.4 vs 53.0 ± 22.3; P < 0.01, Vail hip score: 81.6 ± 18.5 vs 61.1 ± 11.6; P < 0.05). There was no significant difference in the modified Harris hip score between both the groups at 4 and 8 weeks after the intervention.

体幹トレーニング群では対照群と比較して介入後4週間という早い時期に股関節屈曲可動域の有意な改善が認められております(P < 0.05).

股関節外転筋力は対照群では改善しておりませんが,体幹トレーニング群では介入後4週間で有意に改善しております(P<0.05).

Vail hip scoreとiHOT12は,体幹トレーニング群が対照群に比べて介入後8週間で有意に増加しております(iHOT12:78.7±22.4 vs 53.0±22.3; P < 0.01,Vail hip score:81.6±18.5 vs 61.1±11.6; P < 0.05).

介入後4週間および8週間の時点で,両群間に修正ハリス・ヒップスコアの有意な差は見られませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The addition of trunk stabilization exercise to a typical hip rehabilitation protocol improves short-term clinical outcomes and may augment nonoperative and postoperative rehabilitation.

通常の股関節リハビリテーションプロトコルに体幹の安定化運動を追加することで,短期的なアウトカムが改善され,術前および術後のリハビリテーションを強化できる可能性があります.

 

 

今回はFAI症例に対する体幹トレーニングの有効性を検討した研究論文をご紹介させていただきます.

この結果から考えても,FAI症例においては骨盤をコントロールするための体幹トレーニングが重要でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました