腹部マッサージは消化管機能の向上に有効なのか?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腹部マッサージは消化管機能の向上に有効なのか?

理学療法士・作業療法士が筋肉の緊張緩和や筋の柔軟性向上を目的としてマッサージを行う機会は多いと思います.

最近は筋肉のみならずさまざまな組織を対象としたマッサージが出てきておりますが,昔から行われることが多いのが消化管機能の向上を目的とした腹部のマッサージです.

今回は腹部のマッサージが消化管機能の向上に有効なのかどうかを検討した研究論文をご紹介させていただきます.

person massaging the back of a woman

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Complement Ther Med

. 2020 Nov;54:102553. doi: 10.1016/j.ctim.2020.102553. Epub 2020 Sep 12.

The Effect of Abdominal Massage on Gastrointestinal Functions: a Systematic Review

MahlaghaDehghan 1, Alireza Malakoutikhah 2, Fatemeh GhaediHeidari 3, Mohammad Ali Zakeri 4

Affiliations expand

PMID: 33183670 DOI: 10.1016/j.ctim.2020.102553

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: abdominal massage with regular and rhythmic movements has been used to treat some symptoms of diseases.

規則的でリズミカルな腹部のマッサージは,疾病の症状を軽減させるために使用されてきました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: to review data collected from randomized controlled trials regarding the effect of abdominal massage (AM) on gastrointestinal functions (GFs).

この研究では消化管機能に対する腹部マッサージの効果について無作為化比較試験から収集したデータをレビューすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: we conducted a systematic review of articles accessible through PubMed, Scopus, Science Direct, Google Scholar, and Web of Science. All eligible English RCT- published articles related to the effect of AM on GFs were included in the study from the time of their acceptance until June 2019.

PubMed,Scopus,Science Direct,Google Scholar,Web of Scienceでアクセス可能な論文のシステマティックレビューを行っております.

腹部マッサージの消化管機能への効果に関連する英語の無作為化比較試験の論文をシステマティックレビューの対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究結果

Results: ten studies with 464 patients met the inclusion criteria. Three studies reported that AM alleviated constipation symptoms in patients with multiple sclerosis, cancer, and elderly adults. In three studies, AM increased bowel movements in people with constipation and patients undergoing skeletal traction. The results of three studies conducted on intensive care patients showed that AM improved GFs, and decreased abdominal circumference and distension. Two studies showed the effectiveness of AM in reducing the gastric residual volume. However, one study indicated no significant difference between the intervention and control groups. The results of two studies showed that AM did not affect laxative intake, nausea or vomiting, frequency of defecation, and food intake. Furthermore, AM did not decrease ventilator-associated pneumonia in patients undergoing mechanical ventilation. The studies reported no adverse effects of AM.

464例を対象とした10件の研究が取込基準に該当しました.

3件の研究では腹部マッサージが多発性硬化症例,がん症例,高齢者の便秘症状を緩和することが報告されておりました.

また3件の研究では腹部マッサージが便秘症例や牽引を受けている症例の便通を促進させることが報告されておりました.

さらに集中治療室入室中の症例を対象とした3つの研究の結果,腹部マッサージは消化管機能を改善し,腹囲と膨満感を減少させることが明らかとなりました.

2つの研究では食物の胃における残量の減少に腹部マッサージの有効性が示された.

しかし1件の研究では介入群と対照群の間に有意な差は認められませんでした.

加えて2つの研究の結果,腹部マッサージは下剤の摂取量,吐き気や嘔吐,排便の頻度,食事の摂取量に影響を与えないと報告されております.

最後に腹部マッサージは人工呼吸器関連肺炎の減少につながらないといったデータもあります.

いずれの研究でも腹部マッサージによる副作用は報告されておりません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: there was promising evidence for the effect of AM on GFs. However, further studies are needed to measure the unknown dimensions of AM in patients.

腹部マッサージの消化管機能に対する効果については有望なエビデンスが散見されました.

しかしながら腹部マッサージの効果はまだまだ未知の部分があり,さらなる研究が必要であります.

 

今回は腹部のマッサージが消化管機能の向上に有効なのかどうかを検討した研究論文をご紹介させていただきました.

今回の論文はメタアナリシスまで実施されておりませんので,その効果に関して結論付けることは難しいですが,今後さらに研究がすすめられることを期待したいですね.

タイトルとURLをコピーしました