理学療法士・作業療法士が手取り40万円を目指すには?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が手取り40万円を目指すには?

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円です.

賞与も合わせて考えると月々の平均的な手取りは20~25万円といったところが多いでしょう.

独身時代は手取り20~25万円でなんとかなっても,家庭を持つと月々の手取りが20~25万円では生活も厳しいですよね.

今回は理学療法士・作業療法士が手取り40万円を目指すにはどうすればよいのか考えてみたいと思います.

Dollars, Currency, Money, Us Dollars, Franklin

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の手取り40万円以上の働き方

理学療法士・作業療法士が手取り40万円以上の収入を得るにはどのような方法があるでしょうか?

ここでは理学療法士・作業療法士が手取り40万円以上の収入を得るための方法をいくつかご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問看護・訪問リハビリの勤務

理学療法士・作業療法士で年収600万円以上,手取り40万円以上を得ている人の多くは訪問看護からのリハビリ業務に従事していることが多いでしょう.

医療機関での疾患別リハビリテーション料に比較すると,訪問看護・訪問リハビリテーションはまだまだ高単価です.

また基本給に加えて出来高制を取っている事業所が多いので,基本給+インセンティブ(出来高)によって年収600万円〜700万円が達成可能となります.

しかしながら常にある程度の件数をこなす必要がありワーキングプアな状態に陥りやすいので,その点には注意が必要です.

しかしながらどうして訪問リハビリテーションに勤務する理学療法士・作業療法士の収入は高いのでしょうか?

まず訪問リハビリテーションの場合には,理学療法士・作業療法士が直接訪問しサービスを提供するビジネスモデルですので,設備投資が少額ですみます.

そのため訪問看護ステーションの維持費というのは病院や施設に比較するとかなり安くてすみます.

 

 

 

 

 

 

 

 

大学教授・准教授・講師の勤務

理学療法士でも学位を取り,大学教授・准教授・講師として働くことができます.

しかしそのポストは常に充足しており,極少数に限られます.

大学教授の給料は大学ごとに大きく異なりますが,国立大学と私立大学で比べると私立大学のほうが給与水準が高いことが特徴です.

ただし同じ私立大学でも,地方と都市部では後者のほうが給与は高く設定されていることが多いです.

地方の小さな私立大学では年収500万円ほどにとどまるところもありますので,同じ大学教授のポジションでも所属によって相当な差があるのが実情です.

ただ私立のマンモス校の教授ともなると年収が1000万円を超える理学療法士・作業療法士も少なくありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

地方・国家公務員理学療法士・作業療法士としての勤務

公務員理学療法士・作業療法士の場合は,給与=基本給+手当てとなります.

公務員の基本給は予め決まっており,級と号俸の組み合わせによって金額は変化します.

基本的に年齢に応じて号俸が上がっていきます.

号俸が上がることを昇給と呼びますが,給料表や俸給表を確認すればおおよその給与(年収)を計算することができます.

昇給は1年間で4号俸ずつ上昇していきますが,勤務成績が優秀又は極めて優秀であれば6号俸又は8号俸,不良であれば0号俸又は2号俸となってしまいます.

1号俸の当たりの給料額の上昇値は,1,000~2,000円程度ですが,級号俸の数が大きくなれば上昇値は小さくなってしまいます.

このため若手職員や昇格して間もない職員は,毎年5,000~10,000円程度給料額が上昇しますが,退職間際の職員等は400円~1,200円程度の上昇となります.

賞与は地方・国家公務員ともに2020年は4.4ヶ月分,2021年は4.1ヶ月分の実績であり,平均で約140万円~160万円が支給されることになります.

公務員というのは完全な年功序列制であり,理学療法士・作業療法士の場合でも勤続年数が長くなるにつれて自動的に年収が上がるため,40代には手取り40万円は確実となります.

 

 

 

 

 

 

 

今回は理学療法士・作業療法士が手取り40万円を目指すにはどうすればよいのか考えてみました.

今の職場でどんなに研鑽しても,環境を変えなければ月々の手取り40万円は難しい場合がほとんどでしょう.

理学療法士・作業療法士の月々の手取り収入というのは能力というよりは環境に左右されます.

ある程度の年齢になると転職そのものが難しくなりますので,手取り40万円を目指すのであれば早めに将来に向けて動くことも必要でしょう.

ただ理学療法士・作業療法士が一人で転職活動するのってなかなかハードルが高いですし,腰が重いという理学療法士・作業療法士も多いでしょう.

そんな場合には転職サイトの利用をお勧めします.

転職サイトへ登録すれば転職サイトのエージェントが今のあなたの理学療法士・作業療法士としての市場価値で手取り40万円を果たすことが可能かどうか相談に乗ってくださいます.

素人ではわからない現在の転職市場の動向もふまえてあなたに最適な求人を紹介してくださいます.

登録は無料ですし転職を強要されることもありませんのでその点はご安心ください.

今回は私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,今の自分自身の状況で手取り40万円の職場に就職することが可能かを知りたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので,こういった情報を伝えておくことが重要となります.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

今の自分自身の状況で手取り40万円の職場に就職することが可能かを知りたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

PTOT人材バンク



ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

今の自分自身の状況で手取り40万円の職場に就職することが可能かを知りたいといった要望をエントリーシートに書き込んでおけば,さまざまな条件を提示してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました