変形性股関節症例の手術のタイミングを考えるうえでヒントになる論文

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症例の手術のタイミングを考えるうえでヒントになる論文

変形性膝関節症例や変形性股関節症例における手術のタイミングというのは非常に難しいですよね.

特に年齢が若い場合には,再置換のリスクも考慮したうえで手術のタイミングを決定する必要がありますし,変形が高度になってからの手術療法というのは術後のアウトカムが不良となる場合も少なくありません.

今回は変形性股関節症例の手術のタイミングを考えるうえでヒントになる論文をご紹介させていただきます.

Hip, Anatomy, Body, Joint, Anatomical, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Bone Joint Surg Am. 2021 Jun 16;103(12):1093-1103. doi: 10.2106/JBJS.20.00949.

Contralateral Lower-Limb Functional Status Before Total Hip Arthroplasty: An Important Indicator for Postoperative Gait Speed

Takaaki Ohmori 1, Tamon Kabata, Yoshitomo Kajino, Daisuke Inoue, Satoshi Kato, Hiroyuki Tsuchiya

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Postoperative gait speed, especially comfortable gait speed, is an important factor for predicting function after total hip arthroplasty (THA). In this study, we examined factors related to gait speed, including preoperative lower and upper-limb functional parameters and postoperative lower-limb alignment. In addition, we examined factors related to postoperative good comfortable gait speed (≥1.34 m/s: one indicator of a good clinical outcome). The purpose of this study was to determine if better preoperative functional parameters had a positive effect on postoperative gait speed.

術後の歩行速度,特に快適歩行速度は,人工股関節全置換術(THA)後の機能を予測する上で重要な因子であります.

この研究では,術前の下肢・上肢の機能パラメータや術後の下肢アライメントなど,歩行速度に関連する要因を検討しております.

さらに術後の快適な歩行速度(1.34m/s以上:良好な臨床結果の1つの指標)に関連する要因についても検討がなされております.

この研究では術前の機能パラメータの改善が術後の歩行速度にプラスの影響を与えるかどうかを明らかにすることとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This prospective case-control study included 91 patients with hip osteoarthritis who underwent unilateral THA. Patients who had undergone a prior hip surgical procedure or had Crowe type-3 and 4 hips, complications after THA, knee osteoarthritis-related pain, and severe lumbar conditions were excluded. The 1-leg standing time (OLST) and knee extensor strength of the operatively treated side and the contralateral side and the functional reach test were examined preoperatively and at 1 year postoperatively. The leg-length discrepancy and global offset compared with the contralateral side and leg lengthening were examined using 3-dimensional models captured through computed tomographic scans.

この前向きケースコントロール研究では,片側THAを受けた変形性股関節症の患者91名を対象としております.

過去に股関節外科手術を受けたことがある症例,Crowe type-3および4の股関節を有する症例,THA後の合併症,変形性股関節症に伴う疼痛,重度の腰部疾患を有する症例は対象から除外しております.

術前および術後1年目に,手術をした側と対側の片脚起立時間(OLST)と膝伸展筋力,ファンクショナルリーチテストを調査しております.

脚長差とglobal offsetについては,コンピュータ断層撮影による3次元モデルを用いて検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The preoperative contralateral side OLST was a significant factor (p < 0.001) for postoperative comfortable gait speed, and the preoperative contralateral-side knee extensor strength was a significant factor (p = 0.018) for postoperative maximum gait speed. Leg-length discrepancy and differences in global offset after THA were not significant factors for postoperative gait speed. The preoperative comfortable gait speed with a cutoff value of 1.115 m/s (area under the receiver operating characteristic curve, 0.690 [95% confidence interval, 0.569 to 0.810]; p = 0.003; sensitivity of 65.5% and specificity of 74.2%) was an independent factor associated with a good postoperative comfortable gait speed. Preoperative contralateral-side OLST was a significant factor (p = 0.027) for preoperative comfortable gait speed.

術前の対側片脚起立時間は,術後の快適歩行速度の有意な因子(p < 0.001)であり,術前の対側膝伸展筋力は,術後の最大歩行速度の有意な関連因子(p = 0.018)でありました.

脚長差とTHA後のグローバルオフセットの相違は,術後の歩行速度の有意な要因ではありませんでした.

術前の快適歩行速度(カットオフ値1.115m/s)(受信機動作特性曲線下面積0.690[95%信頼区間0.569~0.810];p=0.003;感度65.5%、特異性74.2%)は,術後の快適歩行速度に関連する独立した因子でありました.

術前の対側片脚起立時間は,術前の快適な歩行速度の有意な関連要因(p = 0.027)でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The preoperative contralateral-side, lower-limb functional status is a significant factor for postoperative gait speed. Early surgical intervention before the contralateral-side function declines or a preoperative rehabilitation intervention on the contralateral side may improve THA outcome.

この研究結果から術前の対側下肢機能は術後の歩行速度の有意な関連要因であることが示されました.

対側の機能が低下する前に早期に外科的介入を行うか,術前に対側のリハビリテーション介入を行うことで,THA後のアウトカムを改善できる可能性があります.

 

今回は変形性股関節症例の手術のタイミングを考えるうえでヒントになる論文をご紹介させていただきました.

これは非常に参考になる論文ですね.

THAのタイミングを考慮する際には対側下肢の機能を考慮した判断が必要だということが示唆されますね.

対側の機能低下が進行してしまうような症例では早期に手術療法に踏み切った方がよさそうですね.

タイトルとURLをコピーしました