WHOから出された世界人口の3分の1がリハビリテーションを必要としているという驚くべきデータ

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WHOから出された世界人口の3分の1がリハビリテーションを必要としているという驚くべきデータ

Lancetから面白い論文が出されております.

世界人口のどのくらいの人口がリハビリテーションを必要としているのかといった論文です.

今回はWHOから出された世界人口の3分の1がリハビリテーションを必要としているという驚くべきデータをご紹介させていただきます.

red and black abstract art

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Lancet. 2021 Dec 19;396(10267):2006-2017. doi: 10.1016/S0140-6736(20)32340-0. Epub 2020 Dec 1.

Global estimates of the need for rehabilitation based on the Global Burden of Disease study 2019: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2019

Alarcos Cieza 1, Kate Causey 2, Kaloyan Kamenov 3, Sarah Wulf Hanson 2, Somnath Chatterji 4, Theo Vos 2

Affiliations expand

PMID: 33275908 PMCID: PMC7811204 DOI: 10.1016/S0140-6736(20)32340-0

Lancet. 2021 Jan 16;397(10270):198. doi: 10.1016/S0140-6736(20)32592-7. Epub 2020 Dec 4.

PMID: 33285142 Free PMC article. No abstract available.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Background: Rehabilitation has often been seen as a disability-specific service needed by only few of the population. Despite its individual and societal benefits, rehabilitation has not been prioritised in countries and is under-resourced. We present global, regional, and country data for the number of people who would benefit from rehabilitation at least once during the course of their disabling illness or injury.

リハビリテーションは一部の人にしか必要とされない障害に特化したサービスと思われがちであります.

リハビリテーションは個人的にも社会的にも有益であるにもかかわらず,各国で優先的に行われておらず,リソースも不足している状況です.

この研究では障害のある疾病や外傷を負った期間に,少なくとも一度はリハビリテーションの恩恵を受けるであろう人々の数について,世界・地域・国別のデータを提示することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: To estimate the need for rehabilitation, data from the Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factors Study 2019 were used to calculate the prevalence and years of life lived with disability (YLDs) of 25 diseases, impairments, or bespoke aggregations of sequelae that were selected as amenable to rehabilitation. All analyses were done at the country level and then aggregated to seven regions: World Bank high-income countries and the six WHO regions (ie, Africa, the Americas, Southeast Asia, Europe, Eastern Mediterranean, and Western Pacific).

リハビリテーションの必要性を推定するために,「Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factors Study 2019」のデータを用いて,リハビリテーションに適した疾患として選択された25の疾患,障害,または特注の後遺症の集合体の有病率と障害とともに生きる年数(YLD)を算出しております.

すべての分析は国レベルで行われ,その後7つの地域に集約されております.

世界銀行の高所得国とWHOの6つの地域(アフリカ,南北アメリカ,東南アジア,ヨーロッパ,東地中海,西太平洋)の7つの地域で集計が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Findings: Globally, in 2019, 2·41 billion (95% uncertainty interval 2·34-2·50) individuals had conditions that would benefit from rehabilitation, contributing to 310 million [235-392] YLDs. This number had increased by 63% from 1990 to 2019. Regionally, the Western Pacific had the highest need of rehabilitation services (610 million people [588-636] and 83 million YLDs [62-106]). The disease area that contributed most to prevalence was musculoskeletal disorders (1·71 billion people [1·68-1·80]), with low back pain being the most prevalent condition in 134 of the 204 countries analysed.

2019年の世界全体では,2-410億人(95%不確実性区間2-34-2-50)の人がリハビリテーションの恩恵を受ける状態にあり,3億1,000万人[235-392]のYLDに貢献しておりました.

この数は1990年から2019年にかけて63%増加しております.

地域別では西太平洋地域のリハビリテーションサービスのニーズが最も高い結果でありました(6億1,000万人[588-636],8,300万YLD[62-106]).

有病率に最も貢献している疾患領域は筋骨格系疾患(10-71億人[1-68-1-80])で,分析対象となった204カ国のうち134カ国で腰痛が最も有病率の高い疾患となっておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Interpretation: To our knowledge, this is the first study to produce a global estimate of the need for rehabilitation services and to show that at least one in every three people in the world needs rehabilitation at some point in the course of their illness or injury. This number counters the common view of rehabilitation as a service required by only few people. We argue that rehabilitation needs to be brought close to communities as an integral part of primary health care to reach more people in need.

われわれの知る限り,この研究はリハビリテーションサービスの必要性を世界的に推定した初めての研究であり,世界の少なくとも3人に1人が,病気や怪我の過程でリハビリテーションを必要としていることを示しております.

この数字はリハビリテーションがごく少数の人にしか必要とされないサービスであるという一般的な見方を覆すものです.

われわれはリハビリテーションを必要としているより多くの人々にリハビリテーションを提供するためには,プライマリーヘルスケアの不可欠な一部として,リハビリテーションを地域社会に近づける必要があると主張します.

 

今回はWHOから出された世界人口の3分の1がリハビリテーションを必要としているという驚くべきデータをご紹介させていただきました.

リハビリテーションの定義はおいておいて,世界人口の3分の1もの人口がリハビリテーションを必要としているというのは興味深いですね.

われわれ理学療法士・作業療法士は多くの方にかかわることができるわけですね.

タイトルとURLをコピーしました