FAI症例では骨盤後傾可動域の拡大が有効?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FAI症例では骨盤後傾可動域の拡大が有効?

以前に比較してFAI(femoroacetabular impingement)という概念もわりと一般的になってきましたね.

理学療法士・作業療法士がFAIのクライアントを対象に理学療法や作業療法を行う機会も少なくないと思います.

ただこのFAIの場合に難しいのは,FAIの骨形態異常と臨床症状が併存する例もいれば,骨形態異常があっても症状が無い例も少なくないといった点です.

実はこういった臨床症状の有無に骨盤後傾可動域の関連があるといった話が出てきております.

今回はFAI症例では骨盤後傾可動域の拡大が有効であることを示唆する論文をご紹介させていただきます.

FAI症例を担当した場合に介入のヒントにもなる論文ですので必見です.

Fitness, Healthy, Gym, Exercise, Health, Fit, Workout

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Orthop J Sports Med. 2018 Jul 17;6(7):2325967118782484. doi: 10.1177/2325967118782484. eCollection 2018 Jul.

Asymptomatic Participants With a Femoroacetabular Deformity Demonstrate Stronger Hip Extensors and Greater Pelvis Mobility During the Deep Squat Task

Danilo S Catelli 1 2, Erik Kowalski 1, Paul E Beaulé 3, Kevin Smit 3, Mario Lamontagne 1 4

Affiliations expand

PMID: 30038915 PMCID: PMC6050869 DOI: 10.1177/2325967118782484

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Cam-type femoroacetabular impingement (FAI) is a femoral head-neck deformity that causes abnormal contact between the femoral head and acetabular rim, leading to pain. However, some individuals with the deformity do not experience pain and are referred to as having a femoroacetabular deformity (FAD). To date, only a few studies have examined muscle activity in patients with FAI, which were limited to gait, isometric and isokinetic hip flexion, and extension tasks.

Cam型FAIは,大腿骨頭と寛骨臼縁が接触して疼痛を生じる大腿骨頭や頚部の奇形です.

しかしこの奇形の中には疼痛を感じないクライアントももおり,大腿骨寛骨臼奇形(FAD)と呼ばれております.

これまでのところ,FAI症例の筋活動を調べた研究は,歩行,等尺性・等動性股関節屈曲・伸展課題に限定した数少ない研究のみであります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: To compare (1) hip muscle strength during isometric contraction and (2) lower limb kinematics and muscle activity of patients with FAI and FAD participants with body mass index-matched healthy controls during a deep squat task.

この研究では,等尺性収縮時の股関節筋力,FAI(疼痛症状あり)およびFAD(疼痛症状なし)症例のスクワット動作時の下肢運動学および筋活動を,体格指数をマッチさせた健常対照者と比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Three groups of participants were recruited: 16 patients with FAI (14 male, 2 female; mean age, 38.5 ± 8.0 years), 18 participants with FAD (15 male, 3 female; mean age, 32.5 ± 7.1 years), and 18 control participants (16 male, 2 female; mean age, 32.8 ± 7.0 years). Participants were outfitted with electromyography electrodes on 6 muscles and reflective markers for motion capture. The participants completed maximal strength tests and performed 5 deep squat trials. Muscle activity and biomechanical variables were extrapolated and compared between the 3 groups using 1-way analysis of variance.

以下の3つのグループから対象を募っております.

 

FAI症例16名(男性14名,女性2名,平均年齢38.5±8.0歳)

FAD患者18名(男性15名,女性3名,平均年齢32.5±7.1歳)

対照者18名(男性16名,女性2名,平均年齢32.8±7.0歳)

 

対象者6つの筋肉に筋電図電極を装着し動作時の筋活動を評価しております.

また動作時の関節運動を評価するために反射マーカーを装着しております.

対象者は最大筋力テストを行い,5回のスクワットを行っております.

筋活動と関節運動について一元配置分散分析を用いて3群間で比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The FAD group was significantly stronger than the FAI and control groups during hip extension, and the FAD group had greater sagittal pelvic range of motion and could squat to a greater depth than the FAI group. The FAI group activated their hip extensors to a greater extent and for a longer period of time compared with the FAD group to achieve the squat task.

FAD群は股関節伸展筋力がFAI群と対照群に比べて有意に高く,FAD群はFAI群よりも矢状面上の骨盤可動域が大きく,より深くスクワットを行うことができておりました.

またFAI群はFAD群と比較して,スクワットを行うために股関節伸展筋をより多くより長く活動させておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The stronger hip extensors of the FAD group are associated with greater pelvic range of motion, allowing for greater posterior pelvic tilt, possibly reducing the risk of impingement while performing the squat, and resulting in a greater squat depth compared with those with symptomatic FAI.

FAD症例における股関節伸展筋力の増大は骨盤可動域の拡大と関連しており,股関節伸展筋力の強化によって骨盤の後傾が可能となり,スクワット中のインピンジメントのリスクが軽減されており,FAIの症状を持つクライアントと比較してスクワットの深さが大きくなる可能性があります.

 

 

 

 

 

 

 

臨床的な関連性

Clinical relevance: The increased strength of the hip extensors in the FAD group allowed these participants to achieve greater pelvic mobility and a greater squat depth by preventing the painful impingement position. Improving hip extensor strength and pelvic mobility may affect symptoms for patients with FAI.

FAD群の股関節伸筋筋力が向上したことで,骨盤の矢状面上での可動性が向上し,疼痛を伴うインピンジメントポジションを防ぐことで,スクワットの深さが大きくなりました.

股関節伸展筋群の筋力と矢状面上の骨盤可動性の改善は,FAI患者の症状に影響を与える可能性があります.

 

今回はFAI症例では骨盤後傾可動域の拡大が有効であることを示唆する論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると骨盤後傾可動域の拡大(腰椎屈曲可動域の拡大)と股関節伸展筋力の向上が,FAI症例に対する理学療法の1つのキーポイントになりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました