胸腰椎圧迫骨折後には便秘を合併しやすい?

脊椎圧迫骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

胸腰椎圧迫骨折後には便秘を合併しやすい?

運動器疾患を合併した症例の中には受傷後に便秘を合併される方って少なくないと思います.

クライアントから便秘に関して理学療法士・作業療法士が相談を受けることも多いです.

今回は胸腰椎圧迫骨折後には便秘を合併しやすいといったことを示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Juices for Constipation Relief: 5 Juices that Can Help Relieve ...

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Int J Gen Med. 2021 Jul 30;14:4117-4123. doi: 10.2147/IJGM.S320953. eCollection 2021.

Prevalence and Risk Factor Analysis of Constipation After Thoracolumbar Vertebral Compression Fractures

Heng Yin # 1, Gaoxiang Wang # 2, Jianwei Wang 1, Yong Ma 2, Mao Wu 1, Songming Qiu 2, Qiuju Su 3

Affiliations expand

PMID: 34354371 PMCID: PMC8331197 DOI: 10.2147/IJGM.S320953

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To analyze the prevalence and risk factors of constipation after thoracolumbar vertebral compression fractures (TVCFs).

この研究では胸腰椎圧迫骨折後の便秘の有症率と危険因子を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This retrospective study reviews the records of patients hospitalized between January 1, 2017 and December 31, 2018 with TVCFs. A total of 117 patient’s records are included (n = 117). Univariate and multivariate analysis using the logistic regression method are carried out to identify the prevalence and potential risk factors for constipation after TVCF, including gender, age, number of fractured vertebrae, major segment of vertebral fracture, degree of compression, use of painkillers, diabetes, and the intervention of Zengyechengqi decoction.

この後方視的研究では2017年1月1日から2018年12月31日に胸腰椎圧迫骨折で入院した症例の診療記録を調査しております.

合計117例の症例の記録を調査対象としております(n=117).

ロジスティック回帰分析を用いた多変量解析を行い,胸腰椎圧迫骨折後の便秘の有症率および潜在的な危険因子(性別,年齢,骨折した椎体の数,椎体骨折の主要セグメント,圧迫の程度,鎮痛剤の使用,糖尿病,薬物療法による介入状況など)を明らかにしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Among the 117 patients with TVCFs that were included in this study, 83 (70.9%) patients developed constipation. Univariate analysis showed that the factors of degree of vertebral compression and the preintervention of Zengyechengqi decoction had statistically significant effects on the incidence of constipation after TVCF (P < 0.05), indicating that they might contribute to the incidence of constipation after TVCF. Multivariate logistic regression analysis showed that degree of vertebral compression was a risk factor (P < 0.05), while preintervention of Zengyechengqi decoction was a protective factor (P < 0.05), for constipation after TVCF.

この研究の対象となった胸腰椎圧迫骨折例117例のうち83例(70.9%)の症例が便秘を発症しておりました.

単変量解析では,椎体圧迫の程度と薬物療法の事前介入の要因が,胸腰椎圧迫骨折後の便秘の発生に統計的に有意な影響を及ぼしており(P<0.05),胸腰椎圧迫骨折後の便秘の発生に関連している可能性が示唆されました.

多変量ロジスティック回帰分析では,胸腰椎圧迫骨折後の便秘に対して、椎体圧迫の程度が危険因子(P < 0.05)であるのに対し,薬物療法による事前介入が保護因子(P < 0.05)であることが示されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Patients with vertebral fractures featuring a higher degree of compression may have a higher risk of constipation. Preintervention of Zengyechengqi decoction can reduce the incidence of constipation after TVCF.

椎体圧迫の程度が高度の胸腰椎圧迫骨折例は,便秘のリスクが高い可能性があります.

また事前に薬物療法を行うことで,胸腰椎圧迫骨折後の便秘の発生率を低下させることができることが示唆されます.

 

今回は胸腰椎圧迫骨折後には便秘を合併しやすいといったことを示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士は胸腰椎圧迫骨折例では便秘を合併しやすいということを考慮したうえで,腹圧を高めるようなトレーニングを行っていくこともわれわれの役割になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました