理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットは?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットは?

理学療法士・作業療法士が医療機関で働く場合には,勤務先にも急性期・回復期・慢性期(生活期)・クリニックなどさまざまな勤務先があります.

若い理学療法士・作業療法士の中で昔から人気があるのが急性期・回復期です.

求人数も多いですし,最近は募集に対する倍率が10倍を超える施設も少なくありません.

一方で慢性期(生活期)の医療機関はというと昔から人気が無いのも事実です.

今回は理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットについて考えてみたいと思います.

Concern, Hopital, Room, Bed, New, Enschede

 

 

 

 

 

 

 

そもそも慢性期とは?

慢性期というのは急性期治療を完了した,あるいは在宅療養中に状態が悪化したクライアントに対して,継続的な治療とリハビリテーションを実施することで在宅復帰を目指すものと定義されております.

病床区分でいうと療養型病床なんかがイメージ的には慢性期(生活期)になると思いますが,慢性期(生活期)であっても在宅復帰を目指すといった定義になっている点がポイントです.

日本の場合,終の棲家になってしまっている場合も少なくありませんので,療養型病床から積極的に在宅復帰を目指している医療機関は残念ながら少ないのが現状です…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットは?

クライアントとじっくり関われる

理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットとしては,クライアントの入院期間が長期で入れ替わりが少ないので一人のクライアントと関係構築ができ,じっくりとかかわることができるといった点が挙げられます.

急性期なんかだと2週間ごとにクライアントが入れ替わりますので,クライアントとようやく信頼関係が構築できたといったタイミングでクライアントが転院なんてことも多いと思います.

慢性期(生活期)の医療機関というのは基本的に在院期間が長期に及ぶので長い期間じっくりと関わることができるというのは大きなメリットでしょうね.

数年間入院しているといったクライアントも珍しくありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

間接業務が少ない

またクライアントの入院期間が長期で入れ替わりが少ないので,間接業務も比較的少ないです.

例えば急性期医療機関なんかだと毎日のようにリハビリテーション実施計画書を作成したり,リハビリテーション情報提供書を作成したりといった書類作成業務が非常に多いわけですが,慢性期(生活期)の医療機関の場合には,クライアントの入れ替わりが少ないので,作成する書類も少なくて済むわけです.

作成書類が少なければその分,クライアントと密に関わる時間を確保することができます.

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークライフバランスを保ちやすい

慢性期(生活期)の医療機関に入院しているクライアントというのは基本的に病状が安定していることが多いです.

そのため急変が少なく,新規入院というのも多くありません.

したがって新患対応に追われることも少なく,仕事が予定通りに進むことがほとんどです.

ワークライフバランスを保ちたい主婦層にもありがたい職場だといえるとおもいます.

職場の人員配置にもよりますが,計画的に仕事が進む場合が多く,定時帰宅しやすい職場だと言えると思います.

 

 

 

 

 

 

 

勉強会を強制されない場合が多い

急性期や回復期に比較すると先輩理学療法士・作業療法士も落ち着いていることが多いですね.

特に急性期の理学療法士・作業療法士って一生懸命自己研鑽している方が多いのでなんとなくガツガツしている理学療法士・作業療法士が多いです.

そのため若手理学療法士・作業療法士に勉強会を強制したりなんていうことも少ないので,自分のペースでゆっくり働けます

教育体制はあまり整っていないところが多いかもしれませんが,勉強を強制されないというのは人によってはありがたい環境かもしれませんね.

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ数もあまり多くない

最近は大手の回復期リハビリテーション病院ではリハビリテーション部門のスタッフ数が100名を超える施設も少なくありません.

多くのスタッフとかかわるのが苦手という理学療法士・作業療法士にとっては少人数というのは働きやすい職場かもしれませんね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイト利用の勧め

今回は理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットについて考えてみました.

上述したように慢性期(生活期)の医療機関における理学療法士・作業療法士の数というのはあまり多くはありません.

そのため求人数も少なく希少な部分もあります.

理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関の求人を見つけるには,転職サイトへの登録がお勧めです.

転職サイトに登録しておけば,あなたの希望に合った求人が出たらあなたに情報を連絡してくださいます.

転職活動に関わるスケジュール調整や面接対策等もサポートしてくださいますので,転職活動が初めてという方も安心です.

しかも登録は無料です.

ここでは私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

 

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビコメディカルでは,医療介護系職員の「定着率」が重要視されております.

そのため職員の定着率が著しく低い医療機関や施設は,原則として紹介されません.

ブラック施設を紹介されずに済むというのは安心ですよね.

マイナビに限ったことではありませんが,ゆっくりと仕事ができる慢性期(生活期)の医療機関への転職を考えているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

ゆっくりと仕事ができる慢性期(生活期)の医療機関への転職を考えているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

LINEで情報を得られるのもありがたいですね.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

ゆっくりと仕事ができる慢性期(生活期)の医療機関への転職を考えているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました