脚長差は関節負荷(関節接触力)を増強させる?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脚長差は関節負荷(関節接触力)を増強させる?

変形性股関節症例をはじめとして脚長差を合併した症例というのは少なくないと思います.

本邦では3cm以内の脚長差は補正の必要はないと考えられてきましたが,脚長差が存在すると関節負荷はどのように変化するのでしょうか?

今回は脚長差が関節負荷(関節接触力)を増強させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Patient X-Ray Images | Degenerative Osteoarthritis Bonita Springs, FL

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Acta Bioeng Biomech. 2019;21(1):55-62.

The effect of leg length inequality on joint contact forces of lower limbs during walking

Nurul Fazreena Othman 1, Khairul Salleh Basaruddin 1, Mohd Hanafi Mat Som 1, Mohd Shukry Abdul Majid 1, Abdul Razak Sulaiman 2

Affiliations expand

PMID: 31197285

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The aim of this study was to examine the joint contact forces (JCF) between each limb as the LLD magnitude increases during walking activity.

この研究では脚長差と歩行中の各肢の関節接触力(JCF)を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Eighteen male healthy subjects volunteered to participate in the experiment. Walking gait analysis was conducted with eight different levels of insole to simulate the LLD, starting from 0 cm until 4.0 cm with 0.5 cm increment. Qualisys Track Manager System and C-motion Visual 3D biomechanical tools were used to analyse the results. Four joints (ankle, knee, hip, and pelvis) of lower limb of two legs were investigated. The increment of insoles was placed on the right leg to represent the long leg.

対象は健常成人男性18例となっております.

脚長差を再現するために,0cmから0.5cm刻みで4.0cmまでの8段階のインソールを用いて,歩行歩行分析を行っております.

解析にはQualisys Track Manager SystemとC-motion Visual 3Dバイオメカニクスツールを使用しております.

両脚の下肢の4つの関節(足・膝・股関節,骨盤)を調査しております.

インソールの挿入については右脚に対して実施されております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The results suggest that the mean contact forces for all joints in the short leg were increased as the increment level increased. On the contrary, the mean contact forces in the long leg decreased when the LLD level increased. Among these four joints, JCF in hip shows a positive increment based on the ASI value. Means that hip shows the most affected joint as the LLD level increase.

短縮側のすべての関節の平均接触力は,脚長差が大きくなるにつれて大きくなっております.

一方で延長側では脚長差が大きくなるにつれて平均接触力が減少しております.

4関節のうち股関節の関節接触力はASI値に基づいて正の増加を示しました.

つまり股関節は脚長差が大きくなることによって,最も影響を受ける関節であることを示しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The result obtained in this study might help clinicians treat patients with a structural LLD for treatment plan including surgical intervention.

この研究結果から,臨床家が構造的脚長差を持つ対象に対して,外科的介入を含む治療計画を立てる際の参考になると思われます.

 

今回は脚長差が関節負荷(関節接触力)を増強させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

短縮側への関節負荷が大きくなるといった点がポイントでしょうね.

こういった結果を考慮すると理学療法士・作業療法士も脚長差に対して適切に対応をしていく必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました