理学療法士・作業療法士の夏休みあるある

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の夏休みあるある

理学療法士・作業療法士の働く職場によっても夏休みは様々です

クリニックなんかは長期的に夏休みを取得できる職場もあるかもしれませんが,病院や施設では基本的にカレンダー通りといった職場が多いと思います.

そのため基本的に理学療法士・作業療法士の場合には夏休みというのは,好きなタイミングで数日取得するといったケースが多いと思います.

今回は理学療法士・作業療法士の夏休みあるあるについて考えてみたいと思います.

Summer, Travel, Vacation, Holiday, Trip, Journey

 

 

 

 

 

 

 

夏以外の時期の夏休み

理学療法士・作業療法士の夏休みといえば,夏の繁忙期を避けられるので格安で旅行に行けたり,平日の人の少ない時に旅行に行けるといった特徴があります.

これは理学療法士・作業療法士の夏休みの良いところですよね.

一般企業のようにお盆道中に一斉に夏休みとなると,宿泊費や航空券も高騰していることがおおいですからね.

理学療法士・作業療法士は好きなタイミングで夏休みを取得できるといった点は1つのメリットでしょうね.

ただ友達と休日を合わせるのが難しいなんて悩みもありますけどね.

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みを2回に分ける

病院によっては1週間程度夏季休暇を取得できるところもあります.

ただ長期で休むとクライアントにも迷惑がかかるし,そんなに休暇をもらってもすることもないしなんて理学療法士・作業療法士も多いと思います.

仕事を再開するときがきつい

あえて2回に分けて取得する理学療法士・作業療法士も少なくありません.

短期間でもしっかりとリフレッシュできる機会が複数回あるとありがたいですよね.

コロナ禍においては特に長期の夏休みなんて要らないですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

休み希望争奪戦

理学療法士・作業療法士の場合,部門の中で休暇を取得できる最大人数というのがある程度決まってくると思います.

休暇が重なるとクライアントにも迷惑がかかりますからね.

同僚の理学療法士・作業療法士と夏休みの希望が重なるなんてのもあるあるですね.

希望が通るのか,話し合いになるのか,先輩が経験年数という権力でねじふせるのかさまざまだと思います.

旅行の予約をすでにしていたら冷や汗ものですね.

 

 

 

 

 

 

 

お土産選びが大変

理学療法士・作業療法士は旅行へ行ったらリハビリテーション部門へお土産を購入するといった機会も少なくないと思います.

お土産選びにも大きなポイントがあります.

お土産は質も大切ですが,全員へ配れるように量も考慮する必要がありますね.

毎回お土産選びは大変ですね.

 

今回は理学療法士・作業療法士の夏休みあるあるについて考えてみました.

理学療法士・作業療法士の皆様も仕事の疲れやストレスを夏休みでリフレッシュできるとよいですね.

 

タイトルとURLをコピーしました