大殿筋下部線維・深層外旋筋群の筋力低下が股関節前方の関節負荷を増強させる? 京都大学建内先生の最新論文

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大殿筋下部線維・深層外旋筋群の筋力低下が股関節前方の関節負荷を増強させる? 京都大学建内先生の最新論文

FAIという概念が一般的になってから,股関節前方の関節負荷に着目した研究論文は増えております.

FAIというのはスポーツ選手が発症することの多い病態の1つですが,とくにしゃがみこみ動作やスクワット動作での疼痛出現が特徴的です.

スクワットはトレーニングとしても頻繁に用いられる動作ですよね.

今回は大殿筋下部線維・深層外旋筋群の筋力低下が股関節前方の関節負荷を増強させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

men's black leggings

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Sports Sci. 2021 May 19;1-9. doi: 10.1080/02640414.2021.1929009. Online ahead of print.

Influence of simulated hip muscle weakness on hip joint forces during deep squatting

Hiroshige Tateuchi 1, Momoko Yamagata 1 2 3, Akihiro Asayama 1, Noriaki Ichihashi 1

Affiliations expand

PMID: 34006185 DOI: 10.1080/02640414.2021.1929009

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

This study aimed to determine the effects of simulated hip muscle weakness on changes in hip joint forces during deep squat motion.

この研究では模擬的な股関節周囲筋力の低下が,深いスクワット動作時の股関節力の変化に及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Ten healthy individuals performed squat motion at three different positions (0° foot angle [N-squat], 10° toe-in [IN-squat], and 30° toe-out [OUT-squat]). A scaled musculoskeletal model for each participant was used to calculate the muscle and hip joint forces. For each hip muscle, models of full strength, mild muscle weakness (15% decrease), and severe muscle weakness (30% decrease) were created. The muscles affecting the hip joint forces were identified, and the rate of change in the joint forces was compared among the three squat conditions.

対象は健常者10例となっております.

3つの異なる肢位(足の角度0°[N-squat],つま先10°[IN-squat],つま先30°[OUT-squat])でスクワット動作を行っております.

筋力と股関節力の計算には,各参加者のスケールアップした筋骨格系モデルを用いております.

各股関節筋について,完全な筋力,軽度の筋力低下(15%低下),重度の筋力低下(30%低下)のモデルを作成しております.

股関節力に影響を与える筋肉を特定し,3つのスクワット条件での関節力の変化率を比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The anterior hip joint force was increased in the muscle weakness models of the inferior gluteus maximus (iGlutMax) and iGlutMax+deep external rotator (ExtRot) muscles. With 30% muscle weakness of these muscles, statistically significant differences in the rate of increase in the anterior joint force were observed in the following order: IN-squat (iGlutMax, 29.5%; iGlutMax+ExtRot, 41.4%), N-squat (iGlutMax, 18.3%; iGlutMax+ExtRot, 27.8%), and OUT-squat (iGlutMax, 5.6%; iGlutMax+ExtRot, 9.3%).

大殿筋下部線維の筋力低下モデル(iGlutMax)とiGlutMax+深層外旋筋(ExtRot)の筋力低下モデルでは,股関節前面の力が増加しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

OUT-squat may be recommended to minimize the increase in hip joint forces if accompanied by hip muscle weakness.

股関節の筋力低下を伴う場合は,股関節力の増加を最小限に抑えるために,つま先30°[OUT-squat])squatを推奨する.

 

今回は大殿筋下部線維・深層外旋筋群の筋力低下が股関節前方の関節負荷を増強させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えるとFAIのような鼠径部痛を有する症例に対して理学療法士・作業療法士がスクワット指導を行う場合には,大殿筋下部線維・深層外旋筋群の筋力を評価したうえで,つま先を外方へ向けたスクワット動作を指導する必要がありそうですね.

 

タイトルとURLをコピーしました