大腿骨頚部骨折には人工骨頭置換術よりも人工股関節全置換術 傾向スコアマッチングによる検討

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨頚部骨折には人工骨頭置換術よりも人工股関節全置換術 傾向スコアマッチングによる検討

従来,大腿骨頚部骨折例に対する手術療法としては,非転位型の骨折にはピンニングによる骨接合術が,転位型の骨折には人工骨頭置換術を用いるのが一般的でした.

近年,転位型の大腿骨頚部骨折に対して,人工骨頭置換術ではなく人工股関節全置換術が用いられることが多くなってきました.

しかしながら若年者に対して行われることが多く,年齢やその他の交絡を調整したうえで,人工骨頭置換術と人工股関節全置換術のどちらが手術療法として有効なのかを明らかにした論文はこれまで皆無でありました.

今回は傾向スコアマッチングを用いて,大腿骨頚部骨折には人工骨頭置換術よりも人工股関節全置換術が有効であることを示した論文をご紹介させていただきます.

woman in blue jacket and blue denim jeans standing on gray concrete floor during daytime

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Trauma. 2021 Apr 17. doi: 10.1097/BOT.0000000000002143. Online ahead of print.

Clinical Outcomes for Hemiarthroplasty vs. Total Hip Arthroplasty in Patients with Femoral Neck Fracture Who Meet Published National Criteria for Total Hip Arthroplasty

Julie Craig 1, Jonathon McDonald, Roslyn Cassidy, Sinead McDonald, John Barr, Owen Diamond

Affiliations expand

PMID: 33878068 DOI: 10.1097/BOT.0000000000002143

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: To examine outcome for hip fracture patients treated by a hemiarthroplasty (HA) but who actually met the United Kingdom, National Institute for Health and Care Excellence (NICE) criteria for receiving a total hip arthroplasty (THA).

この研究では英国国立医療技術評価機構(NICE)の人工股関節全置換術(THA)の基準を満たしているにもかかわらず,人工骨頭置換術(BHA)を受けた大腿骨頚部骨折例の術後アウトカムを調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Match Cohort Study.

研究デザインはマッチコホート研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Level 1, Academic Trauma Centre (UK Major Trauma Centre)Patients/Participants: 398 patients underwent either a HA or THA for a non-pathological displaced intra-capsular fractured neck of femur (OTA/AO 31 B3 (garden 3-4), having met the NICE criteria for THA.

レベル1,学術的外傷センター(英国主要外傷センター)へ入院となった398例の大腿骨頸部骨折例が,NICEの非病的な転位性被膜内大腿骨頚部骨折(OTA/AO 31 B3(庭3-4))といったTHA基準を満たし,人工骨頭置換術または人工股関節全置換術を施行されております.

 

 

 

 

 

 

 

 

介入

Intervention: HA versus THA. Two analyses were performed, the first comparing the outcome in a cohort of patients who either received a THA or HA, but who all had met the NICE criteria to receive a THA (n=398). The second analysis assessed the outcome of THA versus HA, in a matched cohort of patients who all met the NICE criteria for a THA (n=44 matched pairs). All patients in the matched cohort were able to walk independently outdoors (WIO) prior to injury.

人工骨頭置換術対人工股関節全置換術

2つの解析が行われております.

1つ目は人考古館sつ全置換術(THA)または人工骨頭置換術(HA)を施行されたが,全例がTHAを受けるためのNICE基準を満たしていた患者(n=398)のコホートの結果を比較しております.

2つ目の解析では,NICEのTHAの基準を全員が満たしているマッチドコホート(マッチドペア44組)で,人工股関節全置換術(THA)と人工骨頭置換術(HA)の結果を評価しております.

マッチさせたコホートの対象例は全例が受傷前に屋外での自立歩行(WIO)が可能でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインアウトカム

Main outcome: Mobility and functional outcome, one year following surgery.

メインアウトカムは術後1年間の移動能力および身体機能となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Of the 398 patients who met the criteria for THA, only 78 (19.6%) patients actually received a THA. Within the matched cohort, significantly more THA patients (92.9%, 39/42) maintained the ability to walk independently outdoors at 1-year compared to HA patients (56.4%. 22/39; p=0.001). There was no difference in mortality, re-operation or complication rates for our matched population at 1 year.

人工股関節全置換術(THA)の基準を満たしていた398例のうち,実際にTHAを受けたのは78例(19.6%)でありました.

一致したコホート内では,人工股関節全置換術(THA)例(92.9%、39/42)は人工骨頭置換術(HA)例(56.4%、22/39、p=0.001)と比較して,1年後に屋外で自立して歩く能力を維持している対象者が有意に多い結果でありました.

1年後の死亡率,再手術率,合併症の発生率にはマッチさせた集団に相違は見られませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Patients who meet the NICE criteria for THA and are able to walk independently outdoors pre-injury are more likely to have a higher level of independent mobility and a better functional outcome at 1-year if they receive a THA, as opposed to receiving a HA.

NICEのTHA基準を満たし,受傷前に屋外での自立歩行が可能であった対象者は,人工股関節全置換術(THA)を受けた場合,人工骨頭置換術(HA)を受けた場合と比較して,1年後にはより高いレベルの自立歩行が可能となり,より良い機能的転帰が得られる可能性が高いことが示唆されます.

 

今回は傾向スコアマッチングを用いて,大腿骨頚部骨折には人工骨頭置換術よりも人工股関節全置換術が有効であることを示した論文をご紹介させていただきました.

人工股関節全置換術は若年者に対して行われることが多く,年齢やその他の交絡を調整したうえで,人工骨頭置換術と人工股関節全置換術のどちらが手術療法として有効なのかを明らかにした論文はこれまで皆無でありました.

この研究では交絡をマッチさせて比較を行っており,人工骨頭置換術よりも人工股関節全置換術の術後アウトカムが良好であることが改めて示されたわけですね.

タイトルとURLをコピーしました