理学療法士・作業療法士が介護保険領域へ進出するのは本当に逃げか?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が介護保険領域へ進出するのは本当に逃げか?

昔から理学療法士・作業療法士の就職先としての王道は病院です.

まずは病院へ就職して基本的な医学的な知識を身につけて地域へ出るといった流れがこれまで一般的でした.

ただ一方で理学療法士・作業療法士が介護保険領域へ進出するのは逃げではないかといった話もあります.

今回は理学療法士・作業療法士が介護保険領域へ進出するのは本当に逃げかどうかについて考えてみたいと思います.

empty hospital bed inside room

 

 

 

 

 

 

 

 

医療機関勤務が理学療法士・作業療法士の王道

これまでは医療機関勤務が理学療法士・作業療法士の王道であったわけですがなぜ若い理学療法士・作業療法士はまずは医療機関で経験を積んでといった考え方が主流だったのでしょうか?

まず医療機関で勤務すればさまざまな疾病を経験することができます.

介護保険領域に比較してもより多くのクライアントを経験することができるでしょう.

また医療機関には多くの医師が勤務しておりますので,医師から疾病に関する最新の知識を得ることができるといった点も医療機関で理学療法士・作業療法士が勤務する魅力だと考えられます.

まずは医療機関で疾病のことを十分に勉強しないと医療機関外では疾病のことを学ぶことはできないといった考え方が主流で,疾病に関する理解なくして地域では通用しないと考えられてきました.

私自身はこのような考え方は古い考え方だなと感じる一方で,いまだにこういった考え方が根強く残っているのも実際だと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

医療機関は給与が安い

一方で医療機関で勤務する理学療法士・作業療法士の給与というのは非常に安いことが多いです.

初任給15万円なんてところもざらにあります.

多くの理学療法士・作業療法士は介護保険領域で勤務すれば月収30万円を頂ける職場があるにもかかわらず,長い間,低賃金・激務の医療機関で勤め続けて愚痴をダラダラ言い続けてるといったパターンが多いでしょう.

疾病の知識は深まるかもしれませんが,初任給15万円,昇給2000円の職場にいつまでもしばられていては,なかなか貧乏生活から脱出するのは難しいでしょう.

急性期なんかとにかく忙しいばかりで,毎日病棟を走り回って低賃金のことが多いですからね…

 

 

 

 

 

 

 

 

在宅分野は逃げ?

理学療法士・作業療法士の中には介護保険領域,在宅分野へ転職するのは逃げだといった考え方をされる方も多くいらっしゃいます.

私自身は決して在宅分野というのは逃げでもなんでもないと思いますが,なんとなく医療機関で勤務する理学療法士・作業療法士は在宅分野で勤務する理学療法士・作業療法士を見下しているところがあります.

退院時のカンファレンスなんかでも医療機関の理学療法士・作業療法士が在宅で勤務する理学療法士・作業療法士に対してマウントを取ってるケースなんかが多くあります.

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的に在宅分野が高収入

ただ理学療法士・作業療法士の場合には,圧倒的に在宅分野の方が高収入なんですよね.

マウントとってる医療機関で勤務する理学療法士・作業療法士って偉そうにしてますが収入では在宅で勤務する理学療法士に負けてしまっていることがほとんどです.

収入では20代だと医療機関で350万円,在宅分野で500万円,150万円も年収に差があるということが多いでしょう.

プライドは医療機関で勤務する理学療法士・作業療法士が高くて,収入は在宅分野で勤務する理学療法士・作業療法士が高いといったところでしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

 

愚痴を言っていても変わらない

医療機関で勤務する理学療法士・作業療法士は,給与が安いとか,在宅分野で勤務する理学療法士・作業療法士は逃げているなんて非難をするわけですが,結局愚痴を言っていても何も変わりません.

結局愚痴を言い続けて転職しない方は自信がないし行動に移せないだけのことが多いでしょう.

もし何か変えたいと考えるのであれば,在宅分野に挑戦してみるのも良いでしょう.

もちろん在宅分野での理学療法士・作業療法士の勤務というのも決して簡単なものではありません.

医療機関とは異なる難しさがあるのも実際です.

ただ医療機関の低賃金をいつまでも愚痴っているくらいなら,在宅へ飛び出してみるのも1つです.

在学分野への転職を考える場合には,転職サイトの利用がお勧めです.

特に医療機関で勤務している理学療法士・作業療法士にとっては在宅分野での理学療法士・作業療法士の勤務先の選び方についてなかなかイメージが付きにくいことが多いでしょう.

転職サイトに登録すれば,担当のエージェントがあなたの転職に関する希望をヒアリングしたうえであなたに合った転職先を紹介して下さいます.

登録は無料ですし,無理に転職を勧めてくることもありません.

もし在宅分野への転職に興味があれば,まずは収入面も含めてエージェントの話だけでも聞いてみると非常にためになります.

今回は私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,在宅分野への転職に興味があり話だけでも聞いてみたいといった希望をエントリーシートに入力することが可能ですので,こういった情報を伝えておくことが重要となります.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

在宅分野への転職に興味があり話だけでも聞いてみたいといった希望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

PTOT人材バンク



ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

在宅分野への転職に興味があり話だけでも聞いてみたいといった希望をエントリーシートに書き込んでおけば,さまざまな条件を提示してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました